元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

アウトドア インプレッション ショッピング

【インプレ】アブガルシアのシステムバックパックを使ってみた【ここがいい!】

更新日:

今回はアブガルシアのシステムバックパックを購入してみたのでちょっとレビューしてみようと思います。

スポンサーリンク

アブガルシアの釣り用バックパック

軽く写真を使ってどんな感じか説明していきます。

バックパック画像
カラーはネイビー、大きさは大きすぎず小さすぎない感じ(縦52センチ横28センチ)。

バックパック裏側
裏はこんな感じ。

バックパック、中の画像
中は取り外し可能な小物入れがついている。

バックパックの小物入れ
小物入れはもう一つついていてこちらは細かいのをわけて入れることが出来るようになっており針やオモリなどパッケージのまま小分けして持ち運ぶのに超便利。

上下に別れるシステムのバックパック
このバックパックの最大の特徴が上と下に分かれた収納であり、下の部分はこのようになっている。
ここには頻繁に出し入れしないものを入れておくと便利。私はカメラとか着替えとか入れておこうかと思っている。

バックパックの仕切り
下の収納と上の収納はジッパーで開け閉めすることが出来、広く使うことも可能。

このバックパックを触ってみた感想

メイドインチャイナであり、材質も高級感を感じるレベルではなく極普通。ゴワゴワしていてチャックもそれほど開けやすいわけでもなく使用感は普通か若干使いにくいレベル。

ただ、アウトドアというハードな使用環境に耐えるレベルの構造にはなっており、そう簡単には破れたりしそうにない材質であると感じる。

底の部分がターポリン素材になっていて水が染み込んだりせず、汚れも拭くだけで落としやすいのもグッド。

電車移動での釣旅にちょうどいい

私がこのバックパックを即買いしてしまった理由は2層になったカバンが欲しかったということ。

普通のバックパックの場合大型になればなるほど底にしまったものを取り出すのに苦労する。

私は頻繁に東京競馬場へ馬の写真を撮るために遠征するのだがその時大体漫画喫茶に泊まる。あんな狭いところで荷物を出し入れするのはとても苦労していて着替えを出したりカメラを出したりがとても大変だったのだ。

東京競馬場へ遠征するならついでだから管理釣り場とか東京の釣り場で釣りをして帰りたいってのもあって、荷物の積め方とか非常に厄介だったのでこういった2つの用途をひとつに出来るバッグをほしいと前から思っていた。

上の部分に釣具を入れて、下の部分に一眼レフカメラとちょっとした着替えを入れる事ができればスムーズに出し入れ可能。メーカーの公式サイトを見るとサイドにパックロッドがきれいに収まる様になっているなど本当にちょっとした遠征にベストな作りになっていると感じる。

本来はカメラバッグでこういったタイプがあるのでそういったものを買おうと思っていたのだが今回アブガルシアから発売されて即買いとなった。

私のような釣りと一眼レフで何か撮影するみたいな2つの趣味を持っている人にはこういったバッグがあると便利だと思う。

自転車での釣行なんかにも向いていると思うので今後また色々使ってみてレポートしてみたい。

追記:東京4泊5日競馬取材旅行に使ってみた感想

釣りに使うバッグなのだけど旅行にも使えるので今回一眼レフにレンズ2本と着替え、本2冊などを入れて5日間持ち運んでみた感想をちょっと書いておく。

一言で言うとすごくいいという感想。

良いと思ったポイント

底がフラットなので倒れづらい

旅行なのでかなりいろいろな場所で置く機会があるわけだけどしっかりと立ってくれるため、イライラしない。普通のバックパックは普通支えがないと倒れやすくいちいち足の間に入れたりしておかないとだめなのだがこのバックパックは状況によっては倒れることもあるが基本支えなしで直立してくれる。

コンパクトなのでロッカーに入りやすい

ロッカー利用時もすっと入る。夜行バスの網棚的な収納にも上手くおさまる。この形状はこんなに上手くどこにでも収まる形なのかと気付く。

荷物を入れやすく出しやすい

四角と言うのは意外と理想的な形だったようで普通のリュックではなんか出し入れしづらかったのが上手く出し入れしやすくなった。本とか特に上手くおさまる気がする。カメラもインナーバッグを使ったが本体とレンズ2本がばっちり完璧におさまる内部構造だった。

そして出し入れしやすいと言えば上と下に別れてるから上の部分にカメラを入れて下の部分に着替えを入れれば風呂屋に行った時などにもいちいち全部出したりせずに着替えだけ出せて便利すぎた。この点は思った通り最高だった。

背負いやすい

背中にフィットするサイズ・形状なので長距離歩く時に動きづらく一体感が出て楽。四角いだけでこれほど変わるのかと感じるぐらいの実感だった。一眼レフカメラなど結構な重さになったはずだがいろいろな場所を歩き回っても疲れづらかったと感じる。

欠点・イマイチだった点

チャックなど素材はいまいち

元からいまいちだろうなと思っていたところだがチャックや生地なのだがまぁギリギリ不快ではないぐらいのレベルなので問題はないが最高ではない。値段がもう少し上がってもワンランク上の材質にならなかったかなとは思うがこの値段ならしょうがないだろう。

小物類の収納の出し入れがしづらい

ティッシュや小物などを入れるスペースはあるがいちいちバッグを下ろして立ち止まって持ち替えたりしないと出し入れが出来ないのでちょっと不便。上の部分に小物入れ用の出し入れ口があったりすればありがたいのだが元々バックパックってそういうところは諦めるしかない物ではある・・・。

蒸れる

これもバックパックの宿命なので最初からわかっていたわけなのだが最近のバックパックは割りと通気性が上がっていたりするがこの商品はまぁ必要最低限のメッシュなのであまり通気性が良いとは言えないレベル。全く通気性が無いわけではないので涼しい時などは問題にはならないだろうが暑い日にはかなり蒸れる可能性がある

雨に弱すぎる

これが多分致命的な欠点。アウトドアで使う商品なのに雨が染み込みやす過ぎる。雨の中歩いて帰って中を見たらほぼ全部ビショビショで本などはかなりぶよぶよになってしまっていた・・・。雨での使用の際はザックカバー必須の商品となっている。

使ってみた総合的評価

おすすめ度は100点満点中70点。思っているより使いやすくて本当に他のバッグよりも持ち運んで疲れづらい感じがする。

自立することでストレスフリーだし、ロッカーやら網棚などに上手くおさまることも非常に良いと感じたポイント。リュック型のカバンを探している人には候補に入れる価値ありと言える。

アブガルシア(Abu Garcia) システムバックパック(ナチュラムへ)
icon

by カエレバ

参考釣り用のバッグはどれがおすすめ?使ってみたまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-アウトドア, インプレッション, ショッピング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.