元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショアジギ タチウオ 釣行記

満喫!夏タチウオIN淡路島

更新日:

どうも!昨日TOHOシネマズの日だったのでインデペンデンス・デイ観てきた釣活くんです。内容はガンツみたいな話でした!

今回は夏タチウオが淡路島で爆釣してるらしいのでちょっと様子を見に行ってきたレポートです。

昼間はタコから

夏の淡路島と言えばタコなのでとりあえずタコを釣っておくことに。
釣り場は洲本港。

前回ナイスサイズを仕留めたタコエギを使って底を探るとすぐにゲット。
タコ
小さすぎ。イイダコかな?

この後は何の反応も無いのでバス釣りすることに。

ダムを周る

行きつけのバスが湧いている野池はどうやら護岸工事で水抜いたみたいなので水抜かれないダムに行ってみる。
行ったことないダムがまだあるのでちょっと地図を見ながら適当に行ってみる。

結構エントリーしやすいダムに到着し、バックウォーターまで行って水中を確認。ブルーギルはたくさんいるのでバスもいそう。

ただ、ちょっと色付きのコイが多すぎる・・・。誰かが飼ってるのかってぐらいデカイ色鯉とデカイフナが群れている・・・。

バスの姿は見当たらないけど多分バックウォーターのオーバーハング下にいるだろうとラバージグをぶち込んだら逃げてった・・・。

45センチぐらいのバスが3匹ぐらいルアーを嫌って出て行くというなんともやりづらい場所・・・。
一匹だけちょっと見に来たのでフロッグとかノーシンカーワームとかで提灯(故意に木に引っ掛けてぶら下げて誘う手法)して狙ったけど水がクリアすぎてこちらが見えすぎているようで無理なようだった。

ダムはまだまだ他にもある!ってことで移動。

前回そこそこサイズを2本釣ったダムでストレートワームのワッキーリグを試すと豆バス入れ食い。
豆バス
ただ、豆バスが元気すぎてワームとネイルシンカーがものすごい勢いで消費されてしまってかなり消耗・・・。

最大で33センチとサイズは伸びなかったが短時間で8匹ゲット3バラシぐらいだったので満足。
最大サイズ

夏タチウオを狙いに

最近洲本港周辺でタチウオが一人で20匹ぐらい釣れているという情報を元にショアジギでタチウオを狙う。

18時過ぎぐらいから開始してタチウオの群れを待つが中々来ない。

タチウオどころかベイトの気配も特にないしメタルジグシャクリ続けてもサバのアタリすら感じない。

これは釣れない日に来てしまったか?タチウオって神出鬼没でそう毎日釣れるもんでもないからダメな日は本当にダメなこともある。

段々と辺りが暗くなってき始めた時に隣の人がタチウオゲット。指2本ぐらいのベルトサイズ。

これはついに群れが来たか?と思っていると今度は反対側でシーバス用の何かルアーを投げている人にタチウオが。

なるほど、これは群れが濃いパターンのやつや。手っ取り早くバイブレーション投げるとめっちゃ釣れるやつ。

ってことでメタルバイブIP-26に変更し若干早めに巻くと予想的中で即ゲット。
夏タチウオイメージ
夏タチウオはサイズが小さいのが多いようで一投で一匹モードで釣れまくるも中々良型が混じらない。

ただ、爆り方は半端無くて一投投げるとアタリまくりで中々乗らないけど5回目ぐらいでガツン!とひったくっていく感じでまぁ楽しい釣り。たまにはこういう爆釣もいいなぁって感じでバカスカ釣りまくり10匹超えたアタリで時合が終わりかけ投げても反応がなくなってきた。

そういう時に来るのがでかいサイズ。明らかにベルトサイズではない中々の引きが来てゆっくり寄せてきて何度もドラグを出されるものの足元まで来た。いいサイズが確認できて焦って取り込もうとしたが重すぎて抜き上げ出来ない・・・。

足元がテトラになってる場所なので気をつけながら糸をたぐろうとしたら最後の抵抗にあってフックが外れる・・・。ショッキング・・・。あれはドラゴンとは言わんけどお刺身サイズやったよ・・・。

というかなり悔しい思いをしたおかげで時合終了後もかなり粘ってメタルジグでベルトサイズをもう一匹追加したが大物は来なかった・・・。

今回の獲物

タチウオと言えば秋から冬にかけてのターゲットと言うイメージだが場所によっては夏タチウオも楽しい。

今回のヒットルアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-ショアジギ, タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.