元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

アジング ショアジギ

ポートアイランドにて大物青物ゲット達成!

投稿日:

どうも!久しぶりに大物をゲットした釣活くんです!

今回は3年に一度ぐらいの大物をポートアイランドでゲットした模様をレポートします。

スポンサーリンク

何故か寝付けない

朝マズメに釣りに行こうという日の前の晩は早めに寝るのだが今回は中々寝付けず・・・のび太の次に寝付きのいい俺が寝付けないなんてなんだろうって感じで浅い眠りのまま朝4時起床。

最近マイワシの群れが溜まり大型フィッシュイーターが集結している神戸港へ向かう。

午前5時過ぎにポートアイランド北公園へ到着。月曜日の朝とは思えない人の多さ・・・。タチウオもイワシを追ってよく釣れているのでタチウオの人が多い。

堤防の先端付近まで行って竿を出す。まだ真っ暗なので時合まで根魚かアジが釣れないかとアジングしてみる。

前回虫ヘッドで狙うとよく釣れたのでヘチを狙うのだがワームでは特に反応無し。しばらくやっていたがいまいちアタリすらないのでタチウオを狙ったりする。夜なのでミノーで表層付近を攻めたりするも特にアタリは出ない。

周りの状況はウキ釣りの人が何かヒットするも足元でバラしたりタチウオが上がったりと言った状況。
風もなく釣りのしやすい日だった。

段々と空が明るくなり始めた頃ジグヘッドでアジングをしていたらアタリがあった。潮が速いので2グラムのジグヘッドを使っていたがアタリを取るために1グラムに変更。
底まで沈めてテンションフォールをすると微妙なアタリ。合わせるとうまくヒットして小気味の良い引きを味わいながら上げたのは20センチ弱の小アジ。
アジ
ちょうど美味しそうなサイズなので早速キープして次を狙う。

アジの時合かと思ったがその後はアタリが無く沈黙。どんどんと明るくなってきて時々足元で魚が追われる気配がしだす。

タチウオの活性が上がっているのか?とワインドをしたりバイブレーションを投げたりするが反応はない。

そうこうしていると明らかにタチウオではない大型の魚が足元でボイル。シーバスか?ハマチか?といった感じだったのでトップウォーターを試す。TDペンシルで表層を引いてくるがいくら投げても特に反応はない。ボイルはするがトップではないと言った状況か?

しょうがないのでこの時期に実績の高い鉄板バイブレーションを使う。
リフトアンドフォールを繰り返すがアタリは特にない。ペンシルとかワインドとかしてちょっと腕がだるくなり始めたためリフトアンドフォールをやめて底からひたすら高速リトリーブで攻める。鉄板バイブレーションはバイブレーション波動を高めるために私は高速引きで使う。

しばらく高速引きをしているとフワッと何かクラゲに接触したような感触。バイトかもしれないので集中しているとガツン!ぎゅいいいいいん!!一気に引き込まれる強烈なバイト。

引きが完全に青物。ハンパない突っ込みとトルクフルな引き込みに竿がバットから曲がりキツ目の設定のドラグが滑り続ける。
引きの質的にシーバスではないと確信しているがもしかしたら元気なエイかも知れないとちょっと思うぐらいトルクフル・・・。

まぁ全然寄ってこない。タックルがライトショアジギングも出来る感じのちょっと頑丈なシーバスタックルなのでハマチぐらいなら割と余裕なのだがそんなレベルの引きではない。本当に何がかかったのかわからんという状態で5分ぐらい引っ張り合いを続ける。ただ多分メジロ(関西でブリの一個前の呼び名)という希望を持ち巻いてくる。

かなり腕がだるくなってきたころやっと魚影が確認できた。メジロでしたw足元でも中々弱らず何回も何回もぐるぐる回してやっとおとなしくなりタモ入れ。

ちょっとタモの長さが微妙で竿を持つ右腕が予想以上に弱っていたため中々タモに誘導できず最終的に隣の人に手伝ってもらってやっとゲット!!!!ご協力ありがとうございました!!!!
ポートアイランドで釣ったメジロ
美味しそうなメジロを傷まないように速くシメるために慌てててサイズとか全く図ってなかったけどタモの枠が60センチあることを考えると多分70センチぐらい。
メジロイメージ
立派なメジロである。80センチ超えたらブリなのであともう少しってところだった。ちなみにルアーのフックは一本折れて一本曲がっていたので結構危ない状況・・・。

アジング用のちっちゃめのクーラーボックスしか持ってきてなかったので頭と尻尾の部分をナイフで切り落とし収納。たった一匹でクーラーボックスがいっぱいになったのでミッションコンプリートとして帰宅することにした。

10分近く青物とガチバトルしてしまった右腕はもはやまともに釣りを続けられそうに無いほど疲労・・・多分興奮しすぎて無駄な力入りまくりだったのが原因だろう。

朝マズメの状況としては想定していたマイワシがベイトではなくカタクチイワシの大群が足元に押し寄せている状況だった。周りの人はイワシを釣っているぐらいでそれほど釣っていない印象。

今回はぶっちゃけあわよくば大物で本命は20センチ超えのマイワシをジグサビキで釣るつもりだったのでミラクルと言ってもいいぐらいのラッキー。釣り場に行けばミラクルも起きる。釣れる確率が低くても釣りに行き続けないとあかんね。

今回のタックル

アジング

ロッド:ポイズンアドレナ264UL
リール:カルディア2004
ライン:アジングマスター0.3号 リーダー0.8号フロロ30センチ
ワーム:サーティーフォー・フィッシュライク
ジグヘッド:ティクト・アジスタS1グラム

メジロタックル

ロッド:アブ・シードライバーNSDS-96M-PW
リール:シマノ・ツインパワー4000
ライン:パワープロ1.5号 リーダーフロロカーボン4号
ルアー:コアマン・IP26
icon

【激安セール】夏のナチュラム祭開催中!! icon

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-アジング, ショアジギ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.