謎のでかい魚痛恨の2バラシ!

   

そろそろ近所の海でもバチ抜けが始まってるようなのでちょっとだけ様子を見に行ってみた。

スポンサーリンク

場所は芦屋の辺り。

とりあえず明るいところで初めてみることにした。水面を除くとイワシとマイクロベイト(ハク)がわんさか溜まっているのでバチじゃないかもとミノーを投げる。

大量のベイトが溜まっているので予想通りシーバスもいるようで単発のボイルが起こる。どう見てもマイクロベイトを食べているボイル。派手な出方なのでよくわかる。

何度かルアーチェンジをして狙うも反応が全く無い上に桜の花びらが大量に集まってきてやってられなくなったので移動。

完全な海側でやってみる。ちらほら電気ウキが浮かんでいる。見ていると何か小さめの魚を上げているが根魚だろうか?

足元でボイルのようなのが連発している。ボラが水面の餌を食ってるだけか?と思いライトで照らしてみるがボラがいる気配は無い。何の魚なのか釣って確かめるしか無い。

とりあえず表層から狙うということでリップレス系のフローティングタイプをスローに引いてみる。全く反応はない。

シンキングペンシルもミノーもバイブレーションも何の反応もないのでワームを使うことにしてみた。バチを食ってるのであればショートバイトぐらいは得られるはず。

浮き上がりのこととか考えてスプーンにワームを取り付けた割りと普通は使われていなさそうなリグなのだが私はバチのシーズンはよく使う。

これをボイルしている場所へ通すとガツン!
えげつないぐらいの引き!全く寄せられないでどんどんラインが出されるのを必死でこらえるだけの状態。そして不意にフックアウト。
多分チヌ。あんな強烈な引きのバチ食ってるシーバスがいたらサイズは70センチを軽く超えるサイズだろう。チヌだとしても40センチ以下とは考え難い引きだったのでもし釣っていたら自己記録フィッシュだったかもしれない。
為す術なしの悲しいばらし方だった・・・。

ワームなら釣れるのか?と思い、投げ続けるがそう甘くないようでどんだけ投げてもアタリもない。ボイルは続いているのでどうやらボイルしている魚とかけた魚は違う魚かもしれない。

少し場所を移動して駆け上がりを攻めることに。
足元を照らしてベイトフィッシュを確認すると多分くるくるバチ。あの厄介な速いタイプの小さなバチである。コイツがベイトの時に効いた小型トップウォーターなどを投げてみるも色が合わないのかアタリが無い。

色がなんか赤っぽいバチなので同じ色のニョロニョロを投げてみる。これでかかれば完全バチパターンだろ。

一投目でガツン!特に何の予兆もなくガツン!だ。しかもめっちゃ引く。さっきのサイズよりは若干小さめな感じはするもののドラグはガンガン出されてただ耐えるのみ。ボイルしてる魚はそんなに大きくないように見えたのにヒットする魚は何故かでかい・・・。

そしてロッドで耐えているとバレた。
なんでやねん!普通にフックアウトなのでかかりが悪かったとしか言いようがない。ドラグゆるゆるなら口切れとか防止できるけど走られすぎると根ズレで切られるし難易度が高い・・・。

その後も同じように攻めたもののアタリなのかなんなのかわからないような小さなアタリみたいなのしかなくボイルも減ってきたので終了とした。

ルアー食ってくる魚がいることがわかったのでそれなりに収穫は有ったと思いたいがはっきり言ってめちゃくちゃ悔しい。多分1年ぐらい引きずりそうなくらい悔しい。

でもこの悔しさがバネになると信じて明日もレッツフィッシング!

 -シーバス

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

台風一過の多摩川へリベンジ

多摩川下流地域 晴れ 25度 シーバス・1ゲット 22時半~24時半 小潮 タックル:ロッド・シーホ

多摩川シーバスはこうやって釣る!丸子堰攻略法

約5年ぶりくらいに多摩川の丸子堰でシーバスを狙ってみた。 丸子橋攻略法を今回は実釣をレポートしつつ書

タマゾンにて修行

川崎市多摩川 快晴 25度 シーバス65センチ・20センチゲット 15時~23時半 大潮 タックル:

ボイル連発の新木場に振られ、鯉で癒された週末

新木場エリア 晴れ 30度 シーバス・0ゲット 16時~21時 中潮・上げ~満潮 タックル:トライバ

多摩川調査釣行

最近シーバスを全く釣っていないのでどんなんでもいいから釣りたくて多摩川デーゲームをやってきた。 多摩

多摩川シーバスフィッシングの季節

多摩川下流域 晴れ時々曇り 26度 セイゴちゃん1ゲット(バラシ3、バイト5くらい) 16時20分~

運河でシーバスゲット!新タックル入魂完了!

朝から降り続いた雨は夕方上がったので久しぶりにシーバスを狙いに近所の運河へ行ってきた。 この運河は都

冬期シーズンのソルトルアーフィッシング

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排

プレッシャー攻略がコツの多摩川シーバス

前々日の雨で多摩川の状況が好転しているかも?と希望を込めて多摩川へ。 釣りロマンとザフィッシングのシ

シーバス自己記録更新フィッシュ捕獲セリ

溜まってた不幸が爆発したのでその一部始終ブログ。

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】徳島で奇跡のカンパチゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです! 今回は四国の徳島でのカンパチゲット編をご紹介していきます。

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具