元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス 釣行記

バイトが浅すぎて難易度高し!バチシーバス

投稿日:

どうも!天皇賞春はキタサンブラック一着固定で全通り買おうと思っている釣活くんです。

当たったらリールとロッドを爆買いする予定(๑´ڡ`๑)

今回も前回同様西宮の某所にてシーバスを狙ってきたレポートです。

スポンサーリンク

風強し!ボイル起こらず・・・

風が強くてまともに真正面から吹き付けることで波がすごくてとにかくボイルがあるのか無いのか全くわからない状況・・・。

ゴミもすごくて釣りにならないような感じだったのだが潮の動きが速かったのでゴミが段々流れていくのをしばらく待っていたら釣りができるようになったのでボイルはわからないがボイルが起こっているものと考えてルアーを投げる。

大きめのエリテンなんかだと風でもちゃんと飛んで操作性がいいのだがアタリらしきものはまったくない・・・。

しょうがないのでいるのかどうなのかを知りたくてにょろにょろ8.5を投入。

アタリあり。いるにはいるみたいだがシングルフックのにょろではどうにもフッキングしないのでトレブルフック仕様に変更したプロップベイトを投入。風が吹いたらプロップベイトという格言があるぐらい風が吹いた状況に強いのがスウィッシャー。

にょろでバイトが有ったところを通すとゴン!と明確なバイトでヒット。

引きはそこそこ良くてだいぶいい引きを味わえたのが40センチ程度のシーバス。
西宮のシーバス
バイトは明確だったが外掛かりでギリギリフッキングできていた感じで少し危なかった。

この後も場所をちょいちょい変えていそうなところを攻めていく。

スウィッシャーはアピール力が強すぎてすぐすれるのでまずはにょろを投げてアタリが出たらそれを拾うためにスウィッシャーを使う形でやっていく。

障害物で流れがよれるところでバイトがあったのでスウィッシャーでフォローすると巨大な水柱!焦ったがヒット!しかし思い切り突っ込まれてバラシ!

おそらくこれも掛かりが浅く突っ込まれた時に身切れした感じがする・・・。食い方は派手だったけど掛かりがどうにもこうにも浅い・・・。

ベイトを確認するとバチが見えるが何この小ささってぐらい今まで見たことのないぐらいの小さなマイクロバチとでも言ったほうがいいようなバチが抜けている。

トリッキーバチも抜けているが瞬速で泳ぐトリッキーバチと比べても小さなイトミミズみたいなバチがたくさん抜けている。

これを食っているとしたら相当吸い込む力は小さいだろう・・・。

かなり厳しい状況だが一応バイトはまだあるので無くなるまでは頑張ろうと少しずつ移動を続ける。

いつもだいたい定位置(ボイルが続くから動けない)でやりつづけるのだが今回はボイルが見えないので動き続けあまりやらないところでやってみる。

着水と同時にヒット!だが即バラシ・・・。この場所にもいるのかって気づいたので同じ場所をまた狙ってみる。

少し巻いてくるとゴン!と明確なバイトが来て上手くフッキングを入れる。ただなんとなく掛かりが浅そうなので慎重に巻いてきて足元まで寄せたがやたら元気で抵抗を続ける。

35センチぐらいのサイズだったので抜き上げれるかな?と思ったが身切れしそうな気もしてやっぱりタモ使おうと思った時に暴れて外れた・・・。

小さくても全部タモを使ったほうが確実だな。迷わずタモを使っておけば良かった・・・。

この後も何度かアタリはあったものの乗せきれず、どんどんアタリが小さくなり最終的にどこでもアタリが出なくなったので21時過ぎに終了とした。

プレミアムフライデーということでアングラーは結構いたものの釣れている気配は特になし。今日はちょっと難しい日だったような気がするのでまた明日リベンジしに行こうと思う。

ヒットルアー

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-シーバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.