元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス

パターンどはまり秋シーバス3連発!

投稿日:

どうも!最近クレジットカードの出番が多い釣活くんです。コンビニやセルフのスタンドでは暗証番号もサインもいらず電子マネー感覚で使えるんですよ。便利になりましたねぇ。

今日は近くの運河で秋シーバスを狙ってきたレポートです。

スポンサーリンク

前回の教訓を踏まえ潮が動く時間帯を狙う

前回同じ場所を攻めた時は上げから下げへ変わるタイミングだったがショートバイトが数回(チヌかも)という状況だったことから潮が完全に動いていないと食ってこないと判断しベストな潮時を狙うことに。

潮が動き始めたタイミングで竿を出す。18時30分頃満潮で19時から下げが効くと判断。19時スタートで運河を攻める。

昼間武庫川をチェックしてみたがサッパの群れが少し入ってきている状況でシーバスの群れは入ってきていないような感じだったので今回は市内の運河を狙うことにした。デカイシーバスを狙うなら武庫川で回遊待ちをしたほうが確率は高いのだが。

最初は橋脚絡みのポイントでフラッシュミノーTr(廃盤)を使って表層を狙っていくがいまいち反応はうすい。
明暗でトウィッチを入れると何かが突っついた感じがしたがセイゴかチヌか?あまりヒットするような感じが無かったので無視して移動。

街灯の明暗が濃い場所へ移動。この場所はボラが多いようで水面に波紋が出来ている。運河のシーバスで重要なのはボラの魚影で運河のシーバスは基本的にボラと同じ場所にいるように感じる。

ボラの群れの近くを意識して引いてくる。表層に反応はなし。実績の高いラパラのラトリンラップを引いてくるも何の反応もない。

割りと実績の高い魚影の濃いエリアなのに反応全然ないとか今年はどうなってるんだ?と少し不安になるがルアーをX-80Jrに変更して狙う。このルアーは運河最強ルアーでこれで反応がないならもはや諦めるしかないレベル。

色々な明暗部をいろいろな角度で狙う。明るいところでヒットすることもあるし暗いところでヒットすることもあるのでそれぞれストレートに引いたりトウィッチを入れたりとバリエーションを試す。

しばらく実績のある場所を打っていくも反応がないなと思いつつ明暗の重なる場所へルアーを通した時、ちょうど明暗の境目に来た瞬間ググッと重くなるバイト!即座に合わせると一気に突っ込む!

秋シーバス特有のものすごい走るファイトでたまらなく楽しい引き。たまに死ぬほどファイトするボラもいるのでもしかしてボラ?と思ったが水面まで上げてくると豪快にエラ洗いしたのでシーバスだなと少し安心。

前回暴れさせすぎてバラしているのでしっかり水中で弱らせて抵抗が無くなったのを見計らいネットイン。
秋シーバス
60センチ弱のナイスワンだった。久しぶりのシーバスGETで結構嬉しい。最近バラしや何やでまともにいい魚を釣ってなかったのでこの1匹は格別。よく見るとX-80Jrのフックが一本折られていた・・・なんちゅうパワー。しょうがないのでX-80の方へチェンジ。

リリースして次の魚を狙う。

おそらく同じ場所にまだいるはずだが今釣ったばかりなのでちょっと場所を休ませる。他の場所へ行ってルアーを通すがやはり反応はない。

15分ほど休ませて先ほどと同じ明暗を先ほどと同じ若干アップクロス気味で通すと想像通りの場所でガツン!と明確なバイト!!

最高に気持ちの良いアタリ方でうまく合わせてファイト。この魚は先程に比べて最初からものすごい元気なファイト。ジャンプに足元への突っ込みと縦横無尽に暴れまくるファイト。これが秋のシーバスのファイトだ!といった感じで楽しんでいたが突っ込んだあと一気に浮いてきたのでエラ洗いさせないように絶妙のロッドワークで抑えこむ。

しかしエラ洗いは防いだのになぜかバラし・・・。何で?と思ってルアーを見るとフックがボディーに食い込み固定されていた。暴れまくっているうちにフックが固定されてしまったようだ。可動域が狭まり簡単に外れる状態になってしまったのが原因だろう。まぁこれは不運としか言いようが無い。

気を取り直してもう一度ポイントを休ませる。橋ゲタ下のポイントとかも攻めに行ってみたが特に何もなし・・・。

まぁ今回はあの明暗に溜まっているんだろうと判断しもう一度同じ場所で同じコースを通す。

流石に3回目は無いかなと思いつつ引いてくるとここで食うだろうと予想していた場所でガツン!wwww
これは楽しいとしか言いようが無い。いきなりテイルウォークで豪快なファイト開始だが落ち着いて慎重にやり取りをして無茶苦茶引く楽しいファイトを楽しんだあと上手いことネットイン!
2本目の秋シーバス
ここまできれいにパターンがハマると本当に超気持ちいい。サイズは先ほどとほぼ同じ60センチ弱だったがサイズ以上の気持ちよさを味わえた。

この魚で十分満足できたのでまだいたかもしれないが次回に残しておくことにしてここでストップフィッシング。

秋のシーバスは一年で一番楽しいファイトを味わえるのでおすすめです!

今回のヒットパターン解説図

ヒットパターン図

今回のヒットルアー

【釣り用の車を買おう!】●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.