くるくるバチパターンなんとか攻略…

   

大阪湾の湾奥地域ではこの大潮で完全にバチパターンが始まったようで3日前から毎日通っているのだが魚はゲットできていなかった。
3日前は大型の魚を2バラシ。昨日はそのばらした魚にこだわりすぎてパターンが見えなくなりノーバイト。そして今日は釣ることにこだわって4ゲット出来たのでその模様をレポートする。

スポンサーリンク

バチシーズンは日没後すぐに時合が始まるため今日も18時過ぎくらいに現地到着。エリアは芦屋エリア、マックスのサイトでもシーバスの情報が上がっていて普通に釣れているようである。

3日間通ってみて気付いたのは普通にバチパターン用のルアーで釣れる魚とくるくるバチに固執していてマッチしないルアーには何の反応も示さない魚がいるということ。
くるくるバチの魚は表層でボイルしまくっているが普通のニョロニョロに食う魚はひとつ下のレンジで食ってくる。

恐らくニョロニョロを投げ続けたほうが大きい魚を釣ることが出来るのであろうがさすがに3日連続ボウズはキツイのでくるくるバチを食っている表層の魚を狙うことに。

くるくるバチはどうやって釣るのか?前日と前々日もくるくるバチを食ってる魚を狙っては見たがレンジやルアーのカラー、通すコースなどの要素では無く明らかにルアーのサイズがマッチしていないようだったので今回はタックルをシーバス用からライトゲーム用のタックルに変更しメバル用のルアーを中心に投げることにした。
くるくるバチは4センチ程度の大きさなので必然的にメバル用のルアーがマッチする。

現場に到着するとルアーマンが明るいところを攻めていた。
かもめも集まりいい感じなのかもしれない。ただし、このポイントのベイトはマイクロベイト。数も数百万単位で集まっているのでルアーを通しても非常に発見されづらく釣りづらい。バチ抜けを探し別のポイントへ。

既にバチボイルが起こる場所はわかっているのでそこで釣りを開始する。

序盤は今ひとつボイルが起こらない状態でボイル待ちでルアーを投げる。ルアーは5センチのワンダー。メバル用のいかなごカラー。このルアーはマイクロベイトでも釣れるルアーなのでマイクロ用なのだがバチパターンでも使えるはず。サイズ的にはベストマッチしているのでカラーがバチっぽければ完璧だったのだが。

軽すぎて飛びはいまいちだが風がフォローしてくれているのでさほど気にならない。ボイルもほとんどが足元なので小さいルアーでも十分。

しばらくやっているとちょこちょこボイルが始まった。そんな時にヒット。

小さい魚でもしかしたらシーバスじゃないかもと思ったがシーバスだった。ライトゲーム用のタックルなので多少は楽しめたが軽く抜き上げ。
ミニシーバス
ルアーを外すと針が折れた。このワンダーのフックはメバル専用か?それにしてもありえないくらい簡単に折れるわけがわからないくらい簡単に折れてフロントのトレブルフックが1本に。一本あればかかるかな?と思って投げたがその後はショートバイト連発で乗らないのでフロントとリアを付け替えることに。

寒さが増してきて手が動かない上に極小のスプリットリングがペンチで開けないのでめちゃめちゃ手間が掛かったがやっとフロントをリアのフックに変更できた。一本しか無い針はリアにつけてもしょうがないと判断してリアはフック無し。

投げると一投目でヒット!やっぱりフロントのフック大事やわ。
ワンダーで釣ったミニシーバス
サイズは変わらずミニサイズ。20センチ強ほどのシーバスのフックを外すとまたフックが一本折れた…。
そしてその後また乗らなくなったのでルアーチェンジ。

当初の予定通りメバル用のワームを使ってみることに。

メバル用のワームはやはり予想通りめちゃくちゃいい反応で一投するごとに3回ぐらいあたりがあることがあるような状態。

ただし、フッキング全くしない…確かにワンダーのフロントフックが折れただけでノリが悪くなるのに針が一本しかないメバルワームのフックがうまくかかるわけがない。
あとロッドがライトゲーム用ではあるがチューブラートップの掛けるタイプのロッドというのも失敗だった。アジングみたいにフォールでかける釣りならこのロッドなのだがバチを吸い込むようなバイトはソリッドで乗せる方が圧倒的にヒット率は上がる。

とタックルのせいにしてみたがワームとジグヘッドを交換してできるだけ吸い込みやすいように軽いジグヘッドとフッキングしやすいように細軸フックを装着した。

このチェンジが良かったのかすぐにヒット!
ミニシーバスをワームでゲット
サイズは同じような25くらいのミニサイズ。針を外すときに細軸フックはぐにゃぐにゃなったが折れはしないで曲げ直せた。メバル用のフックは曲がりやすいのが難点。。。

ワームはアジング用の34のフィッシュライクでカラーは透明に赤ラメというアミっぽいカラー。その前はエコギアのグラスミノーSSのパールカラーなのでカラーはあまり関係なくサイズだけが重要っぽい。

パールカラーはなんかすぐすれた感じがしたので透明にしてみたのだがやはり潮が澄んでいたためか透明のほうが割りとアタリが続く。

ボイルを狙って微妙に移動しながらやっているとやっとヒット。
またチビシーバスかな?と思ったら今度はなかなか寄ってこない。ドラグも結構出る。頑張って針が伸ばされないように慎重に寄せてくると45センチぐらいのシーバスだったのでネットを使う。ネット持ってきてよかった。
バチ抜けシーバス
このサイズをライトタックルで釣ると結構楽しい。

連発しないかなと思いながらワームを投げていくがショートバイト連発。こんだけ乗らないもんなのか?と思うほど全然乗らずソリッドティップのロッドがめちゃくちゃ欲しくなってくる。

そして北寄りの風が強さを増し2グラム程度のジグヘッドではまともに泳がせられなくなってきたのでここで終了とした。実質1時間ちょっとで小さいけど4本ゲットと言った感じ。小さくてもメバルタックルなら結構面白い。

ボイルの量とバイトの量は相当なもんでストック量はものすごいことになってるとは思うがそう簡単には爆釣は味わえないようだ。ただ、この悔しさは明日も釣り場に足を運ばせる原動力にはちょうどいい。
でも本当はマニックとかアルデンテとかの新しいバチルアーも買い込んであるのでこういうので釣りたい。。

今回のヒットルアー

 -シーバス

カンタン!ガリバー廃車見積サービス

  関連記事

流用可能?バス用タックルの流用について

シーバスをはじめ海のルアーフィッシングは多種多様なターゲットがいる。 また、トラウトやブラックバスか

時合は超短いけどバチ抜けシーバス最高潮

どうも!女子バレーオリンピックおめでとうございます!釣活くんです! 土曜日に幼なじみとチヌアンドシー

パターンどはまり秋シーバス3連発!

どうも!最近クレジットカードの出番が多い釣活くんです。コンビニやセルフのスタンドでは暗証番号もサイン

真夏の隅田川シーバス

最近あまりにシーバスを釣っていないのでこの時期一番確実に釣れる実績抜群な隅田川へ行ってきた。 そんな

隅田川春シーバス難しす・・・

皆様ご機嫌いかがでしょうか。私は最近全ての歯車が狂っております・・・。

多摩川シーバスはこうやって釣る!丸子堰攻略法

約5年ぶりくらいに多摩川の丸子堰でシーバスを狙ってみた。 丸子橋攻略法を今回は実釣をレポートしつつ書

冬期シーズンのソルトルアーフィッシング

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排

パターンで釣る隅田川シーバス

品川ではなんとか釣る事が出来たけどこんな魚じゃ満足できないので最近好調な隅田川へ行って来た。 明るい

多摩川シーバスフィッシングの季節

多摩川下流域 晴れ時々曇り 26度 セイゴちゃん1ゲット(バラシ3、バイト5くらい) 16時20分~

大漁!雨上がりの王禅寺

満月の週末。 本来なら絶好のシーバス日和。 ただ、今回はとんでもないことが起こった。 そう、TSUN

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
【思い出は大切】釣果写真の保存法

魚を釣ったら写真を撮って残しておく人は多いと思いますが最近はカメラ付き携帯電話が増えていてスマホの中

レイバンのサングラスをタレックスのレンズと交換してみた

どうも!パソコンの不調に悩まされていた釣活くんです。 不要なソフトを消したら直りました!マックミニ買

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

琵琶湖の近くの管理釣り場アクアヘブンへ行ってきた

どうも!最近パソコンが壊れ気味の釣活くんです。 使い始めて4年目を迎えているMacBook Airで

このままでは釣りはオワコン化する

どうも、釣活くんです。 今回はちょっと釣りがオワコン(終わってるコンテンツ)という未来が見えてしまっ

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう