元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス 釣行記

エクスセンスDCでバチシーバスリベンジ成功

更新日:

どうも!釣活くんです!

朝は涼しいですが流石に昼間は暑くなってきてますね。季節は確実に夏へ向かっているのを感じます。

今回は前回馬鹿みたいにバラしまくって結局一匹もキャッチできなかったチニングで狙うシーバスフィッシングのリベンジをしてきたのでそのレポートです。

スポンサーリンク

大潮の武庫川


超満水状態で非常に釣れそうな状況。濁りもそこそこあって恐らくベストな状況なのではないだろうかと思うほどの状況でメジャーポイントには人が何人もいる状態。

しばらく明るいうちはトップとかやってみたが今ひとつ何の反応もないので移動。流れが淀みバチが溜まりやすい湾岸線の付近まで行く。潮位が下がると底が見えるほど浅い場所であるが大潮の満潮の状況だと最高のポイントになる。

19時過ぎでも明るく足元を見ると中バチがスイスイ泳いでいる。緑や赤のバチ。

これは確実にバチパターンシーバスが釣れると感じ、前回同様直リグ2.5グラムと軽めの重りにガルプサンドワーム2インチをオフセットフックに取り付けて投げる。

しばらく広範囲に攻めているとアタリが来たので合わせたらそれほど大きくないキビレがヒット!

エクスセンスDC初ヒットであるが引きも今ひとつで、強烈なツッコミがなくドラグが出ないので無理やりユルユルにドラグを緩めてドラグの感じを試す。糸が出ると音がするのだがこれがまたいい音で釣れている感が楽しめる。

何故か全然ひかない魚だったのであっさりゲットしてしまったが初エクスセンスDCフィッシュであった。

本当はもっと大きな魚を釣りたかったがまぁ大体の場合こんなもんである。

暗くなり始めて前回魚が溜まっていたエリアに移動し、前回同様トウィッチで誘い、フォールで食わせるやり方を試すと数投目で明確なゴン!ってアタリがきたが食い込み浅く乗り切らず。

前回のようにボラの稚魚が溜まっておらず周辺をうろうろ泳ぎ回っている。昨晩のうちにだいぶ食われたのかもしれない。

そのせいかシーバスのアタリは少ない。今日はだめか?と思いながら手前を攻めた時にグググと来てヒット!

バラさないように慎重に慎重を重ねハンドランディングしたのが40センチぐらいのシーバス。
チニングでシーバス
大きくはないが前回連続バラシで悔しい思いをしたのでこれは嬉しい一匹(*´ω`*)

この後はこの釣り方での反応がなくなり周りがボイルだらけになってきてもしかしたらシーバスも表層しか見てないのかもとニョロニョロを使うことにした。

恐らくボイルの9割がボラなのでボラがヒットしないように後ろのフックを外す。ボラは殆どが後ろの針にかかるので後ろの針を外せばボラをかわすことが可能なのではないだろうかという仮説。逆にシーバスは殆どが前についている腹のフックにかかるのでこれで釣り分けできるはず。

アタリが連発するが乗らないところを見るとボラがにょろにょろを襲っていると考えられる。しばらくやっていたがどうもボラしかいないような気がしてきてここぞというところを通した時にやっとヒット。

ヒットした瞬間にわかったんだけどボラがかかったらしい。後ろからルアーを吸い込んで前のフックまで飲み込むレベルのの大物でかなり大変だったがバレないかな?と思っていたらバレてくれた。

この一匹でちょっとボラはもう勘弁という気持ちになりまたボトムを直リグで狙うことにした。

何度かアタリはあるが乗らない。ガルプの消耗が激しいので他のワームに変更。前回はアタリだけだったスタッガーワイド2インチで底をズルズルしてみたらヒット!

チビレでした。

小さいのにいいとこかかってる!^^

この後はバチ抜けが一段落したのか静かになってアタリも消えたので終了とした。

今回のヒットルアー

by カエレバ

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-シーバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.