元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ シーバス 釣行記

チニングでシーバス連発も痛恨の全バラシ!!

投稿日:

エクスセンスDC画像
どうも!釣活くんです。

宝塚記念が確実に当たるので欲しかったリールを先にカードで買っておきました\(^o^)/
競馬を研究し尽くして導き出された答えがキタサンブラック圧勝なのでもう安心してお金を使えますね!

ということで新リールエクスセンスDCを使ってみたくて釣りに行ってみたレポートです。

スポンサーリンク

南芦屋浜でツバスを狙う

本来朝まずめを狙うべきだとは思うのだが夕まずめでも釣れるらしいし、もしダメだった場合チヌ釣ればいいという保険もあるので夕マズメの芦屋浜へ。

エクスセンスDCは2016モデルのアンタレスDCのソルト版として発売されたリールである。
詳しくは以前書いたエクスセンスDCが欲しいというブログでご確認を。

私はカルカッタコンクエストDCを持っていて使っていたがぶっちゃけナイロンライン専用というのがネックで出番がものすごく少ない・・・。

このエクスセンスDCのいいところはモードがナイロン、フロロカーボン、PE、追い風と4種類もあるところでPEメインのシーバスフィッシングにちょうどいいシステムになっているところが気に入って買った。

早速芦屋浜でメタルジグを投げてみたのだがちょっとミスってブレーキゼロで投げたらバックラッシュ・・・。流石にDCでもブレーキゼロでフルキャストしたら途中でバックラッシュが起こる・・・。

すぐにブレーキを強めにしてキャストしてみる。

完璧である。流石DCと言った最高の投げ心地。DC特有のヴィーーーンという音がたまらん。

そして巻き心地がたまらん。マイクロモジュールギアの巻き心地はコンクエストと同様ではあるがこちらの方が私は気持ちが良いと感じた。

向かい風の影響で飛距離的にはそこまで無茶苦茶飛ぶというわけでもないが十分な飛距離だと感じた。ちなみにロッドはバス用のポイズンアドレナなのでショアジギングをするにはあまり向いているとは言い難いものではあった。それでも他のアングラーとさほど変わらない飛距離なのでどれだけ飛ぶのかが理解できるだろう。

この日は芦屋浜の水の色が悪く、周りにいる人が誰一人釣っていない(ボラのスレがかりはいた)ので駐車料金が発生する30分ギリギリまでやって終了。

ドブ川でチヌを釣りに行く

チニングはベイトフィネスタックルに持ち替えいつものドブ川でチヌを狙う。

最初は潮が止まっていてチヌはウロウロしているものの何も食い気が無い状況でトップを試しても何の反応もなかった。

暗くなって潮が下げに入ったところでバチが抜け始めボイルが起こる。チヌなのかシーバスなのかボラなのか?それはよくわからないがこの時期でも普通サイズのバチが泳ぎ回る・・・今年はバチ抜けが長いのか?

トップをボイル地点へ流すが風が出てきて全然目立たず釣れる感じがしないしボイルもそれほど多くはないので効率が悪いと感じチヌ狙いに集中する。

そこをズル引いても反応がない。ワームはなんとなくカニっぽいということでハイドアップのスタッガーワイドツインテール2インチを使ってみる。フナムシっぽくもあり釣れそうだと思う。

全然ズル引きに反応がないが根掛かりを外してフォールさせた時にコン!と明確なアタリが来て即合わせすると一瞬引きが伝わったがバラし・・・。掛かりが浅かったようだ。ただ、これをヒントにボトムバンプに切り替え二段シャクリ後フォールさせてアタリを取るやり方に切り替えアタリ連発。

ただ、めちゃくちゃ難しいアタリばかりで恐らく反射的に食ってるが即吐き出す感じのバイトでタイミングが合わないとフッキングしないような感じがしてきた。

これはワームが悪いと考え必殺のガルプサンドワームに切り替えバイト時間を増加させる作戦に。

これが完全にハマり、アタリなのか何なのかよくわからん感じで持っていくバイトみたいな感じでフッキングが簡単に出来るようになった。恐らくコンってのは吐き出した時に明確に伝わっていて食った時はモゾって感じのわかりづらいバイトのようだ。

そのただ重くなるバイトを拾いまくりヒット連発!
チョンチョンと仕掛けを跳ね上げてフォール中に持っていくパターンばかり。

魚の居場所は流れが淀む場所に集中しているようで恐らく流れてきたバチや小魚を待ち構えていると思う。その周辺にはボラの子供のハクが溜まっていた。

しかし、バラしまくる。なぜだ?と思って慎重にやり取りすると完全に細長い魚。チヌじゃねえ!

シーバスでした。

慎重にやり取りしても足元でばらしちゃうパターンが続きワームもそのたびに何処かへ飛んでいってしまってガルプの在庫が終了・・・。

恐らく直リグでシーバスをかけてもエラ洗いされると簡単に外れてしまうようだ。

シーバスのサイズも30〜40センチぐらいのちょうどバラしやすいサイズってのもあったと思うが掛かりどころが悪すぎるような気もする・・・。何にせよ本当に今日のバラシはひどかったので反省して次回はちゃんとキャッチできるように万全を尽くそうと思う・・・。

今回のヒットワーム

by カエレバ

これはもはやエサ。いやエサより釣れるかもしれない!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-クロダイ, シーバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.