雨が釣れる?天気と釣りの関係

浜
魚釣りと天気との関係性について長年の経験と本などで得られた知識を少し紹介してみたい。

スポンサーリンク

雨は釣れる

雨が降るということは低気圧が近づいているということになり、低気圧により魚の活性が上がるためよく釣れる。

なぜ低気圧が釣れるのか?と言われると低気圧は豪雨や強風などをもたらす事が考えられ命の危険を感じ食いだめしたくなるのではないかと思っている。

荒食いするタイミングは低気圧の接近中であり、雨の降り始めや風の吹きはじめのタイミングで釣れることが多い。

雨が降っている最中は雨音と日光を遮ることによるローライトにより大きくプレッシャーが下がるため雨が降っていないときよりは釣れる。

雨の後、濁りの入り始めは非常に釣りやすい状況になることがある。これも濁りによるプレッシャーの低下とエサが流れてくるという期待感から魚の活性が上がるものと考えられる。

濁りが全体的に回ると一旦釣りづらくなる。濁りにより魚が積極的に動きにくくなるからでこういう時は大体植物の影や岸近くに身を潜めている事が多い。ピンポイントを狙い撃ちするとよく釣れたりする。

大雨の後は水潮に注意

海の場合、大雨で川から大量の真水が流入した場合、塩分濃度が下がり水潮と言う状態になる。こういう状況では汽水域で活動しているシーバスやチヌの活性は上がるが浸透圧の影響で塩分濃度の変化に弱いタコやイカなど軟体生物の活性は下がる。

特にアオリイカなど普段岸沿いでよく釣れるイカが水潮を嫌い一気にいなくなるので大雨で濁りが海に入ったような時には河川の影響が少ないエリアに行くか、船釣りにした方が良いだろう。

曇りも釣りやすい

曇っている時もローライトの状況になるため晴れよりは釣りやすい。朝マヅメの時間帯が晴れた場合より長く続くように感じ、普通日の出から1時間程度で朝マズメが終わるところが3時間ぐらい続いているような時もある。

曇りの場合、ストラクチャーピッタリを狙わなくてもかなり魚が浮いている場合があるため手っ取り早く表層や中層で釣ることも出来て難易度は低め。

レインコートもいらず曇りの日に釣りに行きたい。

晴れはストラクチャー狙いが吉

晴れた時は障害物の陰に隠れていたり底の方でじっとしていることが多く非常に釣りづらい場合が多い。風が吹いていたり、濁りが入っていてプレッシャーが低い時はバンバン釣れることもあるがクリアで無風だったりすると難易度マックスレベル。

ただ、晴れて状況が悪い時はストラクチャーに身を潜めることは間違いないので狙う場所は決まりやすい。濁っていたり曇っているときよりも魚の居場所を見つけやすく活性の低い魚を釣るのが得意なら晴れでも十分釣ることは可能である。

雪の日は釣れる。雨の日と同じ理論で釣れるのだが雪の日の特徴として管理釣り場では圧倒的に白のスプーンへの反応が良い。理由はよくわからないが経験上そう言える。おそらく管理釣り場だけでなく自然界のフィールドでも同じように白系が効くのではないかと思われる。

ちなみに落ち葉の多いシーズンは落ち葉っぽい赤とか茶色のスプーンがよく釣れるので魚は空から落ちてくるものに対して興味を持ちやすいのかもしれない。

魚と天気の関係まとめ

エギングいめーじ
天気によって気分が変わったり古傷がいたんだりする人もいると思うが魚も人間と同じように天気でその日の状況は大きく変わる。天気が良ければ水温が上がるし、天気が悪ければ水温の変化は少ない。そういう部分も色々と複雑に関連して魚は動いているので色々と天気の変化を観察し、魚の気持ちになって考えるともっと釣れるようになるだろう。

最終的に釣り場の状況を第六感で感じ取りあと少ししたら風が吹き始めるから今が釣れるタイミングというのがわかるようになれば免許皆伝だろう。私は過去に一度だけゾーンに入って魚が食うタイミングまで明確に読めたことがある。偶然かも知れないが・・・。

 -必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

【透湿】釣り用のレインウェア購入はここがポイント

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレイン

アジングに!KGライツインプレッション

長崎でアジングする際に一年ほど前に買ったKGライツがすごく良かったのでレビューを書く。

釣った魚を捌いて食べる

最近はスポーツフィッシングとしてキャッチアンドリリースも増えているが釣りの楽しみは食べることも含まれ

流用可能?バス用タックルの流用について

シーバスをはじめ海のルアーフィッシングは多種多様なターゲットがいる。 また、トラウトやブラックバスか

釣り用にマツダのデミオを買って乗ってみた感想

東京での生活をやめて大阪に戻ってきて早2年以上が経過してこの釣りブログもおかげさまで順調にアクセス数

私がよく参考にしているスペシャリスト達のブログを紹介

池上彰氏は毎日全紙の新聞に目を通し、新聞を読みながらBGMにはCNNのニュースをエンドレスで流し続け

PEラインは選び辛い!色々使ってみて思った特徴をまとめてみる

ナイロンラインとかフロロカーボンラインって色々あるけど大体それほど違わない。 いいラインだと巻き癖が

堤防などの岸から狙う「カワハギ」の釣り方

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡

一発大物も狙える!沖堤フィッシング入門

今回は初心者のための沖堤フィッシングをご紹介。 沖堤の魅力はなんといっても船の領域と言ってもいい場所

釣り堀は初心者にオススメ!釣り堀の種類と特徴

釣り堀とはお金を払って放流された魚を釣る場所です。 管理釣り場とも呼ばれる釣り堀をおしゃれに言うとエ

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD