釣りと潮の関係

激流
(鳴門の潮流)

釣りには天気や気圧などのたくさんの要因が関係しているのだがその中でも大きな影響を与えるのが「潮」。

大潮がよく釣れるのか?若潮だとダメなのか?上げ潮?下げ潮?といろいろな潮の流れの話を今回は説明していく。

スポンサーリンク

上げ潮か?下げ潮か?

上げ潮の時は潮が上がってくるのでそれと同時に魚もシャローへ上がってくることが多い。回遊性の高い魚を岸から狙うなら上げ潮の満潮前ぐらいが一番釣りやすいと思われる。下げ潮では魚が沖へ行ってしまうため深い場所まで遠投が必要であるストラクチャーに付いている魚は下げ潮でも動かないのでそういう魚を狙っていけば良い。

場所によっては上げでも下げでも潮さえ動いていれば同じように釣れる場所も多い。ただし向きが変わると魚の溜まる場所は変わるので注意。

河川と潮の関係

川の河口付近では海の潮の影響を受けて満ち干きを繰り返す。

河川の場合、川の流れがあり上げ潮の場合はぶつかり合って打ち消し合う。下げ潮の場合は川の流れと合わさって流れは強さを増す。

このことを考えると流れの強さが増す下げ潮のほうが釣れるような気がするだろう。確かに下げ潮の方が釣れる場所は多い。

しかし場所によっては上げ潮のほうが魚が入ってきやすく必ず上げでしか釣れないという場所もある。

また、時期的に冬から春先など川の水が冷たい時は海の水のほうが暖かく上げ潮で一気に活性が上がり下げに入ると急に釣れなくなることもある。

大潮?小潮?長潮?

潮は月と太陽の位置関係によって動きは変わり満月と新月には太陽と月の引力が重なりあうため潮が大きく動く大潮になる。半月は長潮や若潮といったあまり動かない潮になるので月を見れば今の潮が大体わかる。

大潮がよく釣れるというのは一般的に知られた定説ではあるが実際に釣れるかと言われると大潮は逆に釣りづらいことがある。何故か?というと時合が短いというのが大きい。一般的に満潮と干潮の前後の潮の動き始めが釣れると言われていて大潮の時にその時合は非常に短い。大潮よりも中潮や小潮の方がたくさん釣れる場合もあるくらい。

また潮がよく動くエリアでは大潮の時の流れは激流に近くなりルアーがまともに泳がなくなることがある。そんな時はいくら大潮だからと言って釣れるわけではない。ゆっくり巻きたくても一瞬で良いポイントを通り過ぎることになるからである。

そういう理由で大潮だからといって釣れるわけではなく、長潮や若潮でも潮が動いていればチャンスはあり、魚さえ居れば大潮よりも釣れる可能性はあるということ。私も須磨方面の潮が速い場所へ行くときは大潮を避ける。東京でも隅田川は大潮の下げは釣りにならないほど流れが急。

ただ、時期的にバチ抜け時期(4〜5月)は大潮と大潮後の中潮にバチ抜けが発生するためこの時期だけは大潮が重要性を増す。

潮の流れを読む

潮の流れがどのように流れているかを読むことができれば釣れる場所を予測することが出来る。
nagare
例えば、流れが右から左へ流れている時に一箇所テトラや堤防が飛び出ている場合、飛び出た部分の左側に反転流が生まれてそこにベイトフィッシュが溜まりやすい。泳ぎの苦手な小魚を狙ってそこで待ち伏せしているフィッシュイーターがいる可能性は高い。流れの渦がある場所に注目である。

逆に、流れに乗って回遊してくる魚もおり、回遊型を狙うならできるだけ流れの上流で釣りをする方が良い。

潮目を狙う

潮目というのは水温や流れの向き等によって潮が混ざり合わずぶつかり合った場所のこと。この潮目では流れが緩むためプランクトンが溜まりやすく魚も集まりやすい。潮目は混ざり合わないためその部分が水の壁のようになっておりフィッシュイーターは潮目に魚を追い込んで捕食している。

そのような理由で潮目を見つけることができたらチャンス。ルアーの届く範囲であるなら頑張って潮目を狙うのが鉄則。
shiome
潮目は水温や海水の比重などの要因で水中では斜めになっている場合が多いので目に見える潮目と実際の水中の潮目は多少誤差があると思いながら攻める必要がある。特にオフショアでの釣りでは水深があるため潮目だと思って沈めていてもその部分は潮目ではない場合もあるので注意が必要。

潮の話あれこれまとめ

色々な潮の話を書いてみたが場所によって潮の動きはぜんぜん違うのは当たり前で日本海などはあまり潮が動かないし有明海や広島などでは数メートル動いたりする。

それでも潮の動きが読めるようになれば大体何処へ行っても使える技になるのでどういう潮の時にどういうところで釣れるのか?ということは常に考えながら釣りをしていきたい。

 -必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

フッキングについて

(フッキングイメージ) フッキングというのは魚が針に食いついた時にロッドを煽って針を口に引っ掛けるこ

釣れない人がやりがちな間違い

釣りに行っても行っても全然釣れないという人がやりがちな色々な間違いというのが存在している。うまい人は

レンタカーのお得な使い方のコツ

東京で長年暮らしていると車なんかまったく不要。友人なんて免許すら取っていないぐらい車が活躍しない場所

陸っぱりの釣りの魅力と攻略法まとめ

陸っぱり(オカッパリ)とは陸(岸・ショア)からの釣りのことで船を用いない釣りのこと。 今回はこの陸っ

裂けたワームを再生させてみた

釣活やってみたシリーズ! 今回は釣りをしていて裂けちゃったワームを再生してみたのでそのレポート。 裂

ルアーは買うもんやない、拾うもんや!

有名な競馬の名言で「新聞は買うもんやない、拾うもんや」っていうのがあるので今回はルアー拾いについてち

え?こんなこともやってたの?釣具屋の意外なサービス紹介

初心者の方やあまり釣具店に行かない人は知らないかもしれないので釣具店でやっているサービスをご紹介する

シンカー(重り)の素材について

(2015・9・26一部修正済) シンカー(重り)は釣りをするなら必須に近いアイテムであり、誰もが使

キスを投げ釣りで狙う基本的な釣り方

釣り人は誰でも夏の投げ釣りといえばキス釣りを思い浮かべるほど人気のターゲットがキス。 堤防や砂浜から

釣りブログのメリット・デメリット

私はかれこれ8年ほど釣りブログを書くことを続けてきた。 自分自身書くことが好きだということもあるがこ

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】徳島で奇跡のカンパチゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです! 今回は四国の徳島でのカンパチゲット編をご紹介していきます。

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具