16 ストラディックCI4+[STRADIC CI4+]を使ってみた


2016年のシマノの新作スピニングリールと言えばヴァンキッシュだと思うがそれと同じぐらい注目度の高いリールがストラディックCI4だと思う。
2015年にバイオマスターの後継機と言われるストラディックが発売され、今回レアニウムCI4の後継機として登場したのがストラディックCI4+である。

このリールの最大の注目ポイントは軽さ

上位モデルのヴァンキッシュと引けをとらないものすごい軽さが一番の売りで、次にHAGANEギア搭載リッジドサポートドラグと続く。

はっきり言って2万円台前半のリールのスペックとは思えないリールである。

その他の詳細なスペックについてはシマノの公式サイトにてご確認を。

それではストラディックCI4+のC3000を購入してみたので使用レポートをしていこう。

ストラディックCI4の外観

いろいろな角度から写真を撮ってみたので紹介してみる。

IMG_4680

前から見た様子。ドラグノブが大きくファイト中に調整しやすい。

IMG_4681

右から見た様子。フォルムは最新ステラなどと同じ重心がロッドよりになった形状。

IMG_4683

下から見ると穴が開いているので水が入った時はここから抜ける。

IMG_4682

後ろから。リールフットに貼られているシールにはメイドインマレーシアの文字が。

IMG_4688

スプールを外してみた。ローターの形状は左右非対称のマグナムライトローター。

左右非対称にすることでバランスが良くなり、回転時のブレが少なくなってより軽く回すことができるようになっている。

IMG_4687

写真はここまで。
やはりこのストラディックCI4は2015年に出たストラディックに近いというよりは16ヴァンキッシュに近いと感じる。

赤を随所に入れたデザインは好みが別れる部分ではあるがスプールとドラグノブを変更すればほぼ赤い部分が無くなる。スプールはシマノの夢屋で購入できる。(私もC3000は深溝なのでシャロースプールを買おうと思っている)

ストラディックCI4を実際に使ってみた感想

ストラディックCI4
ラインを巻いて近所の川で実際に使ってみた感想を書いていく。

まず、やっぱりワンサイズ小さなリールを使っている感覚に陥る軽さが一番感動できるポイント。C3000という大きさは2500番クラスのボディーなのだが見た目と重さとのギャップが凄い。見ないで扱っているとC3000と言うよりは2000クラスのリールを扱っている感覚になる。

巻き心地はさすがHAGANEギアといった気持ちのいい巻き心地で私が嫌いだったCI4のリールのおもちゃっぽさが微塵も感じられなくなっている。この剛性ならどんな大物がかかっても安心してやり取りが出来ると感じる。

あとはマグナムライトローターの軽さであるがこれも素晴らしいレスポンスの高さ

シマノのリールはヌルヌルだけど巻き始めが重く感じるリールというイメージなのだがこのリールは「クイックレスポンスシリーズ」と呼ばれる軽さを追求したコンセプトのモデルということでヌルヌルっぽさが全く感じられない。
ちなみにツインパワーなどのヌルヌル追求型は「コアソリッドシリーズ」と呼ばれる。

ドラグもちょっと試しにルアーを故意に引っ掛けて鳴らしてみたのだがさすがの出来。

元々シマノのドラグは高性能のイメージが強いのだがそのイメージ通りの気持ちのいいドラグ。滑らかな滑り出し、音など素晴らしい。これ以上のドラグはいらないと感じるレベル。

ストラディックCI4を総合的に判断して

ストラディックCI4に関してはフィッシングショーで見て以来、絶対買おうと決めていたリールであり実際に使ってみた感想としてもほぼ満点を付けたいレベル。

見た目に関しては私の美的価値観と相違があるためスプールは変えたいと感じる(斜めの肉抜き部分が特に)。あとは経費削減なのかリール袋がついてこない。リールポーチは別売で買うか元から持ってるやつを使うことになる。

それでもリールの出来としてはパーフェクトレベルだと感じ、このリールが出たことによってシマノの他の同ランク、上位ランクのリールが全て無力化されたんじゃないのか?と感じてしまう。

今後リールを買い換えたいという人が果たしてヴァンキッシュを買うのだろうか?こんなに優れたリールが2万円で買えるのに4万円出す気になるのか?シマノさん大丈夫なんですか?と聞いてみたいレベルである。
マイクロモジュールギアとHAGANEボディーに大きなメリットを感じる人ならヴァンキッシュなのかな。

追記

キビレイメージ
チニングに使ってみたが軽くてアタリも取りやすくてドラグの滑りも本当に素晴らしい。

エギング、ライトショアジギングでも少し使ってみたがとにかく巻き心地が素晴らしい。そこそこ重めのジグを使っても全くストレスなく使える巻き上げ力の強さは大物の引きにも動じないだろう。

実際に使ってみて、自信を持っておすすめできるリールである。

購入サイトシマノ(SHIMANO)16 ストラディックCI4+ C3000(ナチュラムへ移動)

関連ページバイオマスター後継機「ストラディック」を使ってみた

 -インプレッション, 必要知識, 釣具

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

ためになる!釣りマンガまとめ

釣りを好きになるきっかけって色々あるが最近はマンガがきっかけで釣りを好きになる人も多い。釣具店員の中

私がよく参考にしているスペシャリスト達のブログを紹介

池上彰氏は毎日全紙の新聞に目を通し、新聞を読みながらBGMにはCNNのニュースをエンドレスで流し続け

ソルトルアーフィッシングでベイトフィネス

ベイトフィネスというのはこれまで重いルアーしか使用できないと考えられていたベイトキャスティングリール

釣りにおける匂いの力について

魚も人間同様に様々な感覚器官でエサを探している。人間の五感のように視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の他に

初めてレバーブレーキリールを使ってみた感想

数年前からプロシーバスアングラーが使用しているレバーブレーキ付きのスピニングリール。 使い心地が気に

ルアー釣りを始めたい人におすすめする釣竿とリール

春になって釣りを始める人が増えてくると思うのでここで釣り初心者が一番最初に買うのにオススメな釣りのタ

リーダー(ショックリーダー)入門

リーダーというのは上の図のようなメインラインとルアーの間に入れるラインのことである。 リーダーはなぜ

もっと釣りたい人のための釣りの上達方法

今回は釣り初心者から上級者へ上達する方法をいくつか紹介する。

ロッドのグリップが汚れた時便利なグッズ

今回は釣りに便利なグッズを紹介する釣活ショッピングのコーナー。今回もナイスな商品を紹介していくぜ!

釣り初心者のために書いた「初めての船釣り」手順紹介

釣り初心者の方だと、船釣りってどこから船に乗ればいいの?道具はどんなものを使えばいいの?船釣りのルー

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】徳島で奇跡のカンパチゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです! 今回は四国の徳島でのカンパチゲット編をご紹介していきます。

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具