バイオマスター後継機「ストラディック」を使ってみた

ストラディック

今年のシマノのスピニングリールでツインパワーの次に注目すべきリールはバイオマスターの後継機と言われている「ストラディック」。HAGANEギア搭載のコストパフォーマンス抜群のこのリールを早速使ってみたのでその良さを紹介していこう。

スポンサーリンク

ストラディックとは

詳細はシマノの公式ホームページを見ていただけるとわかるのだが2015年の目玉技術である「HAGANEギア搭載」リールながら実売価格1万円台半ばというコストパフォーマンス抜群の機種である。元々はシマノのリールでこのポジションはバイオマスターという名前の機種だったのだがアメリカで売られていたリール名と同じストラディックというモデル名に変更された。

HAGANEギアってなんぞ?って方に少し説明すると精密冷間鍛造ドライブギアのことであり通常マシンカットで製造するギアをシマノの技術力によって高圧による成型によって製造する事が出来るようになった。高温で溶かして金型にはめ込むわけでもなく、マシンカットで削るわけでもなく高圧で成形することにより、より精密でより耐久性の高いギアを作ることが出来るようになったということである。

ストラディックを買った

6月発売ということでストラディックを探してみたがまだまだ売られているモデルが揃っていないようで2〜3種類しか見当たらなかった。

エギング用のヴァンキッシュがそろそろなんだかガタが来ているような気配なのでこのリールの後継機としてストラディックの2500HGSを購入。4万円台のヴァンキッシュを買い換えるのに1万円台のリールってどうなん?と思いつつもちょっと使ってみてダメだったらまた新ルビアスでも試してみるかといった感じで購入を決めた。(ヤフオクがあるおかげでレンタル感覚で釣具が手に入る時代になったね)

とりあえず外観

ひとまず色んな角度から写真を撮ってみたので並べてみる。見た目についてはそれほど奇抜でもなく普通のデザイン。ギアのポジションがロッドに近い場所になったツインパワーやステラと同じ構造になっている。ローターの感じやスプールの形、逆回転オンオフ切り替えレバー排除による防水性の向上などステラやツインパワーと同様の構造がいたるところに見受けられる。
th_IMG_1315

th_IMG_1316

th_IMG_1312

th_IMG_1310

th_IMG_1311

th_IMG_1306

th_IMG_1309

使ってみた感触

ストラディックをエギングロッドにつけて使ってみた。エギングではなくオクトパッシングなのだが。
ストラディック

とりあえずエギング用に買ってみたのでエギングから試してみる。
普通に使ってみて思ったのだが「ものすごくいい」。今まで使っていたヴァンキッシュの巻き心地の遥か上の巻き心地。巻いていてトロケそうな気分になる。もうツインパワーと同じぐらい気持ちいい巻き心地。巻き心地の軽さでは圧倒的にヴァンキッシュなのだが重厚なヌルヌルとしたシマノっぽい巻き心地が好きな人にはストラディックの巻き心地はたまらないと思う。

ただ、CI4を使っているヴァンキッシュに比べると重さはかなり重く感じる。それはしょうがない。まぁこの大きさなのでめちゃくちゃ気になるレベルでもなく比べてみるとさすがに全然違うかなってくらい。比べなければ重すぎるとは思わない。

エギを思い切りシャクった時にちょっとだけドラグが滑るように設定しているのだがそのドラグの出る感じが凄く気に入ってる。ヴァンキッシュは音がなさすぎる。まぁそれだけ滑らかなドラグなのだろうがあまりにドラグが鳴らなすぎてほんとにドラグ出てる?って時がある。私の場合は下品なぐらい響くダイワのドラグが好きなのでストラディックのドラグ音は好印象。まぁこれは人によって違うだろうけど。。ドラグの滑りはいい感じ。

オクトパッシング用の重いルアーを巻き上げても全く重い感じがしないのはギアがHAGANEギアだからか?なんにしろぶっちゃけ4万円台のヴァンキッシュの後継機で全く問題なく使えるレベルだということは言える。今のところ問題はダブルハンドルじゃないということぐらい。これは今は同じ大きさのヴァンキッシュと互換性があるのでヴァンキッシュのハンドルを使っておこうかな。。。そのうちサードパーティ製のカーボンハンドルを買って着けてももいいだろう。
ちなみにハンドルだけでなくスプールも互換性があり共有できる。ただしドラグノブのサイズが違うのでスプールだけ交換することは出来ない。ドラグノブとセットで交換になる。

ストラディックのインプレッションまとめ

久しぶりに出たバイオマスターの後継機となるストラディックだが使ってみた感触を一言で言うとこのリールはさすがバイオマスターの後継機と言いたいリール。メインのリールとして使っても申し分ないレベルなのに1万円代半ばで買えるこの高コストパフォーマンス。シマノは上位機種を売る気がないのか?と思える。

しかも耐久性の高いHAGANEギアのおかげでこの買った時の気持ちのいい巻き心地がハードに使っても長期間担保されるというわけであり買い替えスパンも長くなってしまうんじゃ?ほんとに利益のことを考えてないない正直なものづくりしてると感じてしまう。(実際に耐久性が高いのかは4年ぐらい使ってみないとわからんけど。。)

私の中で今のところ今年一番買いのリールはストラディックという評価をさせて欲しい。

関連リンク

関連ページ:16 ストラディックCI4+[STRADIC CI4+]を使ってみた

 -インプレッション, 必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

上野の国立科学博物館でやってる「海のハンター展」を見てきた

どうも!最近ポケモンハンターの釣活くんです。 今回は青春18きっぷの夏というわけで兵庫県から上野の国

裂けたワームを再生させてみた

釣活やってみたシリーズ! 今回は釣りをしていて裂けちゃったワームを再生してみたのでそのレポート。 裂

フィッシングショー2014レポート

今年のフィッシングショー横浜は3日間。 最終日に行ってきたが1日多いおかげかすいてて見やすかった。

一発大物も狙える!沖堤フィッシング入門

今回は初心者のための沖堤フィッシングをご紹介。 沖堤の魅力はなんといっても船の領域と言ってもいい場所

釣りに行く時の持ち物リスト

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなること

「水族館発!みんなが知りたい釣り魚の生態」をおすすめしたい理由

今回は本の紹介をしたくてブログを書くことにした。 普段は釣り雑誌はよく読むけどあんまり釣り関係の本は

PEラインは選び辛い!色々使ってみて思った特徴をまとめてみる

ナイロンラインとかフロロカーボンラインって色々あるけど大体それほど違わない。 いいラインだと巻き癖が

神戸周辺のポイント偵察

天気が良かったのでサイクリングがてら神戸港のポイントをチェックしに行ったので報告。 神戸港は車で行く

【寄稿募集】みんなの釣活を載せていきます!

どうも!釣活くんです。 釣活に皆さんから寄せられた釣行記を掲載していくことにしました。 寄稿してくだ

2014ダイワ「カルディア」購入インプレッション

ダイワ・カルディア公式サイトはこちらから 2014年に出たカルディアの使用インプレッション。 カルデ

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】徳島で奇跡のカンパチゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです! 今回は四国の徳島でのカンパチゲット編をご紹介していきます。

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具