ロッドを自分で修理する方法

釣りをしているとどうしても起こるトラブルの一つがロッドの破損。ロッドというものは非常に脆いものでちょっとしたことですぐに折れてしまうことがある。

基本的にロッドは折れたらメーカーに修理を依頼することになるが保証期間でも免責費用が数千円必要であったり高いものだと一万円以上かかったりする。保証期間が終わっていたりすると新品を買ったほうがマシなことも多い。なぜそれほどまでに修理にお金がかかるのかというと基本的にカーボンのロッドが折れてしまうとカーボン繊維が破断してしまっているため一本一本繋げていくわけにも行かずブランクス自体を新しい物に交換する必要があるから。2ピースとか複数ピースの場合なら一箇所取り替えればいいじゃんって思うかもしれないがその部分を交換してもつなぎ目が合わないことが多く結局全部取り換えになる可能性が高い。

そしてメーカー修理だと2週間ぐらいかかってしまうのが普通なので週末に釣りの予定があったりすると竿が使えないということになりかねない。

今回はそんな非常に費用も時間もかかってしまうロッド修理を自分でやっちゃおうという方法の紹介。

この方法の注意点は元には戻らないこと。
あくまで間に合わせ的なロッド修理であるため完全に元の状態に戻そうというものではないことを先に言っておく。

あとロッドが中空になっているという前提で進めていく。まれにオールソリッドという中が中空では無いロッドがあるがその場合はこの方法は使えない。

スポンサーリンク

それでは説明していくがまず図にしてみたのでこれで大体の流れを見て欲しい。
ロッド修理イメージ

(1)まず最初に折れた場所より先端のガイドをすべて取る。取り方はトップガイド以外はカッターナイフ等でうまく糸を削っていく。トップガイドはライターで軽く炙ると接着剤が融けるのでゆるくなったらプライヤーなどで引き抜く。注意点は出来る限りブランクスを傷つけないように慎重に外す。

今回は折れた穂先を再利用しているが穂先だけ釣具店に売っていたりするのでそういうものを利用する方法もある。ただし硬さが全然違う穂先だとテーパーが変わって扱いがだいぶ変わる。

(2)ロッドのおしりの部分にある尻栓を外して穂先部分を挿入する。尻栓が抜けないタイプもあるがうまい具合にブランクスを露出させよう。最悪カッターナイフで削って尻栓だけ釣具屋で買ってきたり他の余っているロッドの尻栓をくっつけるという方法もあり。

(3)中に入れた穂先をロッドの内部を通し頭を出させる。出させたら繋ぎ目部分を固定してつなぎ目が割れないようにスレッドでぐるぐる巻きにして補強。瞬間接着剤やウレタン塗料などでコーティングしておく。無ければ100均のマニュキュアのトップコートなどで代用できる。

スレッドはロッド専用の物を使用する。非常に丈夫な素材。無ければ太いPEラインなどでも代用可能。

ティップが固定できたらバランス良く外したガイドをスレッドを巻きつけて取り付ける。つなぎ目同様コーティングも施す。
穂先部分は全てが露出するわけではなくブランクスの中で重なる部分があるため短くなる。ガイドは元の場所には取り付けられないのでうまくバランスを考えて取り付けよう。
ちなみにトップガイドは瞬間接着剤でも良いが外れる場合があるので100均のダイソーで売っているグルーというライターで炙ると溶ける接着剤を使うとよい。釣具店で穂先修理をする場合専用の物を使うがダイソーのグルーで十分代用できる。

以上でロッド修理終了である。

ぶっちゃけロッドのテーパーは修理前のようにきれいには曲がらないしロッドの長さは1フィートぐらい減る可能性もある。それでも1日あればなんとかなる方法がこの方法で実際にシーバスロッドを蘇らせた経験があり、マレーシアに釣りに行く一週間前にロッドを折ってしまいこの方法でなんとか修理をしてそれなりに釣りを成立させることが出来た。その後もそのロッドを使って手こぎボートでソウダガツオ釣りに行ってかなりの数ソウダガツオを釣りまくったものの平気だった。

ちなみに器用な人はこの方法を使っていらないロッドのティップをわざと切り落としメタルトップに付け替えてロッドを改造したりしている。

 -必要知識

  関連記事

釣具店の釣果情報ページまとめ

釣り人として一番大事な情報、それが釣果情報である。 一番釣果情報を持っているのは釣具店。お客さんから

鯉釣りの進化・・・ユーロスタイルとは?

先週、ちょっと後輩の働いている上州屋渋谷店に行ってみたのだがさすが渋谷店ってくらい賑わっていた。

中古釣具売買で釣行費を稼ごう!

セールの衝動買いやなんやで色々といらない釣具がたまる。そんな溜まったルアーとかロッドとかリールを処分

「水族館発!みんなが知りたい釣り魚の生態」をおすすめしたい理由

今回は本の紹介をしたくてブログを書くことにした。 普段は釣り雑誌はよく読むけどあんまり釣り関係の本は

釣りにおける匂いの力について

魚も人間同様に様々な感覚器官でエサを探している。人間の五感のように視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の他に

釣りに行く時の持ち物リスト

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなること

ライン交換の方法

釣りをしていると定期的にライン交換が必要となってくる。 吸水性があり紫外線などでの劣化があるナイロン

台風と釣りの関係

夏から秋にかけて日本に来る巨大な嵐台風。 台風は巨大な波を作り出したり大雨を降らせたりするので釣りに

タックル(リール・ライン・ルアー)のメンテナンスについて

この前釣りに行った時に1年ぐらい使ってなかったヴァンキッシュを久しぶりに使うとラインローラーから音が

2015モデルのイグジストを使ってみた

2015年に発売されたニューモデルのダイワの最高位の中小型スピニングリール、イグジストを購入してみた

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
  • 自然保護活動について

    お問い合わせ
動画で学べ!登録しておきたい釣り関連のYouTubeチャンネルまとめ

最近めっきり寒くなり、釣りに行けない日が増えてきているが雪や暴風で釣りに行けない日にはYouTube

小柿渓谷放流釣り場(三田市)でルアー釣りしてきた

どうも!最近全く釣りに行けていない釣活くんです。 釣れている情報があれば寒くても釣りに行くんですけど

2017年フィッシングショーまであと少し!注意点まとめ

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシン

釣りのインスタがすごい

インスタグラムというSNSをご存知だろうか? たぶんツイッターとかフェイスブックみたいなSNSは認知

姫路でヒイカを狙ってみた

どうも!釣活くんです。今年の正月はめちゃくちゃ穏やかで釣りがしやすいですね。 というわけで初釣りに行

年始のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 本年も釣活をどうぞよろしくお願いいたします。 昨年を振り返って