人の多い釣り場での釣り方

釣り場に着くと人が満員状態ですごく魚にプレッシャーがかかっていそうな時がある。こういう時ってどうなん?って話について書いていく。

スポンサーリンク

先行者は全員初心者だと考える

そう、誰一人魚を釣っていないから自分の魚はちゃんといると考えればいい。人が多いからやってもすでにスレていてもう釣れないんじゃないかという先入観を持って釣りをすると釣れる魚すら釣れなくなる。まだ誰も釣れていないしアプローチ方法も間違っている考えるのが重要。

入りたかったポイントに先行者が入っていても諦めずに空くのを待ってやってみる。先行者が釣ってしまったのを見ても良いポイントなら新しい魚が定期的に回ってくるものなのでしばらく続けてみるか入ってしばらくポイントを休ませるような釣り方をしてみるといいだろう。

周りと違う釣り方でやる

周りが小さなルアーを使っているようなら自分は大きめのルアーを使うとか周りがスローな釣りをしているなら自分はアクションをつけた速い釣りをしてみるとか違うことをしてみるのが大事。すれた魚であっても見慣れていないルアーだったりすると迷わず口を使ったりする。

周りの人が釣れているならその釣り方が正解なので真似をしてみるのもありだが周りが誰も釣れていないのに同じやり方をするより違うやり方をためしてみるほうがいい。冬の定番ポイントで周りがセオリー通りに鉄板バイブレーションをリフトアンドフォールし続けている中、釣りの上手い友人は普通にキャロにワームつけたフィネスでデカバスゲット。定説を疑うのも時には必要である。

とにかく人が攻めきれていない場所を狙う

人が多くても攻めきれていないポイントは結構残っていて重くて飛距離の出るルアーでしか攻めることの出来ないポイント(竿抜けポイントとも言う)を狙ったりバックスライドするルアーでしか攻めることの出来ないカバーの奥などには魚が残っている場合がある。

遠くのポイントを狙うなら細いPEラインを使って長めの竿を使うとか重量のあるタングステンのオモリを使うとかいろいろな方法が考えられる。

バス釣りならカバーの奥に入れるならキャストの精度を上げたり、超ヘビーなタックルを使って一般人には攻められないようなブッシュの奥にぶち込んだりする。

ひとが多いほど釣りやすいことも

プレッシャーは時として釣り人に有利に働く場合もあり、例えば川の場合、こちら側で魚を釣り過ぎて魚が対岸へ避難する場合がある。そんな時に対岸に人がいてその人が釣りまくればまた魚が動いてこちら側に集まってくることがある。もしも一人だけで釣りをしていたら釣れていなかったであろう魚が釣れるということになる。

これは管理釣り場や池の場合もよくあることで人が来ると魚はそれを察知して逃げる。キャストする前から魚が反対に逃げることもよくある。人がたくさんいてどこでも人がプレッシャーを与える状況だと魚は人のいないところへかたよることなく散り釣りやすくなる。

人多い釣り場での釣り方まとめ

人の多い釣り場はたしかに誰も釣り人のいない秘境の釣り場に比べれば圧倒的にプレッシャーがかかって釣りづらいこともあるが釣れなくはない。人が多いということはそれだけ魚の魚影の多いポイントである場合も多く釣り方さえ間違えなければよく釣れる。

人が多いポイントは隣とラインが絡まる「おまつり」が起こったり思わぬトラブルが発生したりするのでくれぐれもマナーを守って楽しく釣りをしよう。

 -必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

もっと釣りたい人のための釣りの上達方法

今回は釣り初心者から上級者へ上達する方法をいくつか紹介する。

釣れない人がやりがちな間違い

釣りに行っても行っても全然釣れないという人がやりがちな色々な間違いというのが存在している。うまい人は

根掛かりを防ぐ方法

釣りには付き物の根掛かり。高いルアーが根掛かったりするとかなりショックがでかいのであるが根の周りで魚

竿?リール?釣り初心者が釣り具を揃える方法

釣りほぼやったことないというレベルの友人から釣具の選び方を聞かれたので今回のテーマは釣り具の選び方。

ワームフックについて

ルアーフィッシングのワームフックは非常に沢山の形があり、どれがどんな釣り方にあっているのかが初心者に

ハゼがすくすく成長中!ハゼクラはやっぱりディープクラピー

どうも!釣活くんです! 銀杏の季節ですね。自転車で踏むと最悪ですね。キンモクセイのいい香りと銀杏の臭

上野の国立科学博物館でやってる「海のハンター展」を見てきた

どうも!最近ポケモンハンターの釣活くんです。 今回は青春18きっぷの夏というわけで兵庫県から上野の国

タコをルアーで釣る釣り方!オクトパッシング!

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパ

どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボ

全てのアングラーに知っておいてもらいたい「ルアーのフック」について

ルアーに付けるフックやワームで使うフックについての記事。 フックは色々な形状のものがあったりして何が

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】徳島で奇跡のカンパチゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです! 今回は四国の徳島でのカンパチゲット編をご紹介していきます。

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具