リールは軽ければ軽いほどいいのか?

新ルビアス画像

最近のリールの軽量化は眼を見張るものがあり特にカーボン素材のリールが出てきてからはボディーからローター、ハンドルまで徹底的な軽量化の結果10年前とは比べ物にならないぐらい軽くなっている。

でも本当に軽くなれば軽くなるほどいいのか?についてちょっと書いてみる。

スポンサーリンク

軽いリールのメリット

image
軽いリールのメリットは何と言ってもアタリの取りやすさ。タックルは軽ければ軽いほどアタリを感じて瞬時に合わせることが出来るため軽いリールはアタリが取りやすい。繊細なアタリを取るバスフィッシングを始め海でのメバリングやアジングなどのライトゲーム、トラウトのエリアゲームでは非常に有利になるだろう。

その他のメリットとしては投げていて疲れづらいというのも重要なメリットでエギングなどのシャクリを入れたりするアクションメインの釣りでは一日中振っても疲れないというのも大きなメリット。

軽いリールのデメリット

軽いリールにデメリットは無いのか?と言うとデメリットも存在する。

一番のデメリットが巻きの安定性。軽いリールだとブレが出る。これはどういうことかというと巻いている時に支えているロッドがグラグラし易いと言うこと。
カルカッタコンクエストで釣ったシーバス
巻いているだけなんだからタックルをもつ方なんか関係ないと思っている人も多いかもしれないがロッドは極力グラつかせず安定させて持つことが実は重要なポイントになっていたりする。出来るだけ固定させたい場合、重いタックルのほうがブレないため有利に働く。

だからこそトッププロが未だに重い丸型のベイトリールを使ったりしているわけである。巻物をする時に軽いリールだと重いルアーを使う時にタックルを固定しづらいから。

巻物にこだわりを持つ田辺プロはロッドもバランサーを使い出来る限り重く作り重いリールとのバランスを整えている。重いタックルが必要な場面が存在するからいくらでも軽く作れるロッドを敢えて重くするということである。

また巻き始めの重い昔のシマノのリールみたいなタイプは巻き始めこそ重いが巻き続ければ慣性の法則で安定したリトリーブが可能になる。ローターが肉抜きされたカーボンで出来ているリールは初速は軽く巻きやすく感じるが安定したリトリーブは不得手である。

重いリールのメリット

重いリールを使うメリットは安定性だけでなく剛性が高いというのも大きい。ダイワのジギングリール、ソルティガなどバッチリ重く安心感がある。

カーボンは剛性も高くて軽くていい素材と言われているが粘りが無く衝撃に弱い特性があり自転車の車体でも障害物にぶつかって折れたという例が頻繁に見られる。カーボン素材を使っているメーカー曰く「金属と同じ剛性を持たせるにはカーボンでも重量はほとんど変わらない重さになる」そうである。軽すぎるカーボン製リールは強度を犠牲にしていると言ってもいいだろう。

軽いリールも重いリールも必要

上記のように軽いリールも重いリールもそれぞれメリット・デメリットが存在していて両方必要な釣りが存在している。

そういうわけで「軽い=ベスト」とは限らないということが言える。

ポートアイランドで釣ったメジロ
私の場合、バスフィッシングの巻物の釣りには敢えて重いカルカッタコンクエスト200を使っているし、巻きがメインであるシーバスフィッシングでもメインはツインパワーを使っている。重いルアーを安定して巻くためには重いタックルが使いやすいという理由から。

でも使うルアーが非常に軽いルアーだったりするとアタリがわかりづらく使いづらいので軽いタックルも必要。シーバスフィッシングでも春のバチ抜けの釣りには軽さを追求したイグジストを使う。

リールを選ぶ時は自分がどんな釣りをしたいか?に合わせて重いリールを買うか?軽いリールを買うか?を考えなければならない。

 -必要知識

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

釣り初心者のために書いた「初めての船釣り」手順紹介

釣り初心者の方だと、船釣りってどこから船に乗ればいいの?道具はどんなものを使えばいいの?船釣りのルー

裂けたワームを再生させてみた

釣活やってみたシリーズ! 今回は釣りをしていて裂けちゃったワームを再生してみたのでそのレポート。 裂

車中泊で朝マズメを狙え!

釣りといえば朝早い! でも、夜のうちに現地に入って車で寝て朝マズメを待てばギリギリまで寝てられる。そ

PEラインは選び辛い!色々使ってみて思った特徴をまとめてみる

ナイロンラインとかフロロカーボンラインって色々あるけど大体それほど違わない。 いいラインだと巻き癖が

え?こんなこともやってたの?釣具屋の意外なサービス紹介

初心者の方やあまり釣具店に行かない人は知らないかもしれないので釣具店でやっているサービスをご紹介する

根掛かりを防ぐ方法

釣りには付き物の根掛かり。高いルアーが根掛かったりするとかなりショックがでかいのであるが根の周りで魚

釣り人にしか食べられない魚

どうも!ゲテモノは美味、釣活くんです! 今回は中々スーパーや魚やでは見かけないけど釣り人には一般的な

いろいろある釣り用の帽子まとめ

帽子は釣りには欠かせないアイテムの一つである。釣りに使う帽子としていいのはどれなのか?様々な帽子があ

ソルトルアーフィッシングでベイトフィネス

ベイトフィネスというのはこれまで重いルアーしか使用できないと考えられていたベイトキャスティングリール

陸っぱりの釣りの魅力と攻略法まとめ

陸っぱり(オカッパリ)とは陸(岸・ショア)からの釣りのことで船を用いない釣りのこと。 今回はこの陸っ

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD