おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、ライントラブルの原因にもなってしまい快適な釣りが出来なくなる。

今回は私が使っているオススメノットについて紹介していく。

スポンサーリンク

仕掛けやスナップとメインラインを結ぶならハングズマンズノット

ブリンソンノットとも呼ばれたりするらしいがハングズマンズノットの方が一般的。
このノットの特徴はとにかく強力であること。結び目が緩むことも無くPEラインでの結束にも向いているノット。強いだけではなく簡単で慣れるとどこでも暗くてもまず失敗しないで結べる。このノットさえ知っておけばかなり色々なところで応用が効き、スプールにラインを結ぶ時とか電車結びをするときなどにも流用可能。絶対覚えておいてほしい結び方である。

参考:ハングズマンズノット(ユニチカサイトへ)

ナイロンやフロロカーボンライン同士での結束はブラッドノット

ライン同士の結束でPEライン以外のライン同士ならブラッドノットが良い。PEラインの場合はスッポ抜けるのでやめたほうがいいがナイロンラインやフロロカーボンラインならこれで全く問題なく結束できる。
このノットのメリットは簡単なのに強力でなにより結び目が小さいのでガイドに接触してもそれほど気にならないこと。バスフィッシングなどでライントラブルになり変なところでラインを切ってしまった場合このノットを使えば応急処置が出来て一日ぐらいなら釣り可能(若干気にはなる・・・)。

一番簡単なリーダーとメインライン(PE)との結束は電車結び

私がソルトを始めた時に一番最初に使っていたのが電車結びである。
メリットは簡単であり強度は高いこと。デメリットは結び目が大きくなること。この結び目が大きくなるというデメリットはかなり問題で太いリーダーを使っている場合などではガイドに当たればコシのないPEラインがガイドに巻きつきすぐガイドに絡まってしまうトラブルが発生する。下手するとルアーだけちぎれて飛んで行くことになるので絶対にリーダーをガイドに巻き込まないようにしなくてはならない。その為リーダーの長さは最大50センチ程度しか付けることが出来ない(トラブル覚悟で2メートル付けたければ付けることは可能だが・・・)。

簡単で誰でも結べるノーネームノット

PEラインとリーダーを結ぶ方法で電車結びの次に覚えたのがノーネームノット。この結び方のメリットは誰でもちゃんと結べて結び目が小さいこと。デメリットはそれなりに手間はかかりFGノットに比べると結束強度が低いこと。
電車結びを卒業したい人にオススメなのがノーネームノットで結構使っている人の多い結び方である。点数を付けるなら80点の優秀なノットでシーバス・エギングからライトショアジギングまで使えて万能。ただ最高ではないノット。FGノットはまだ自信がないという人はノーネームノットを完璧に結べるようになってからでも遅くはない。

最強のリーダー結束ノットはFGノット

結束強度は完璧に近く慣れればノーネームノットよりも速く結ぶことが出来るという最強のリーダーノットがFGノット。デメリットは習熟度が低いと緩んで抜けることもあるというところ。
結局最終的には必ずFGノットを使うことになると思うので早めに習得しておくのがオススメ。昔は絵でしか情報がなかったので意味がわからずどうにもならなかった私だが動画で見るとすぐに理解できて去年から完全にFGノットへ移行した。動画って素晴らしい!


(この動画によってやっと編みこみが理解できた^^)

一番ルアーの動きを引き出せるのがフリーノット

ルアーをスナップやスプリットリングなしで結ぶときにはフリーノットを使う。ルアーの動きが明らかに良くなるからである。村上晴彦氏はワームフックを使う時もフリーノットを使用すると言っている。結束部分で動きが死なないようにしたい時はこれの結び方で!ダート系ルアーでは必須。エギングなんかでもよく使われる。

カン付きじゃない針は内掛け結びor外掛け結びにて

カン付きと呼ばれるラインを結ぶ穴のない針があるがそういう針しか無い時は内掛け結びか外掛け結びを使って結ぶ。外掛け結びはぶっちゃけ上で紹介したハングズマンズノットを針に巻きつける形なので簡単。内掛け結びも簡単なのでよく使う。私の場合はちょいちょい失敗してラインがなんかちりちりになるので基本カン付きフックを買う!

内掛け結び

外掛け結び

 -必要知識

カンタン!ガリバー廃車見積サービス

  関連記事

【思い出は大切】釣果写真の保存法

魚を釣ったら写真を撮って残しておく人は多いと思いますが最近はカメラ付き携帯電話が増えていてスマホの中

上野の国立科学博物館でやってる「海のハンター展」を見てきた

どうも!最近ポケモンハンターの釣活くんです。 今回は青春18きっぷの夏というわけで兵庫県から上野の国

ライン交換の方法

釣りをしていると定期的にライン交換が必要となってくる。 吸水性があり紫外線などでの劣化があるナイロン

釣りに使う「スナップ」の基本について

釣りに使うスナップは様々な商品が売られている。 今回はこの針金でできた小さなアイテム、スナップについ

釣りに行く時の持ち物リスト

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなること

いろいろある釣り用の帽子まとめ

帽子は釣りには欠かせないアイテムの一つである。釣りに使う帽子としていいのはどれなのか?様々な帽子があ

雨が釣れる?天気と釣りの関係

魚釣りと天気との関係性について長年の経験と本などで得られた知識を少し紹介してみたい。

ライントラブルを防ぐ8つの手段

ライントラブルは釣りをしていて最も厄介な問題の一つだ。 ほどくのに時間がとられるし、再起不能になれば

釣りブログのメリット・デメリット

私はかれこれ8年ほど釣りブログを書くことを続けてきた。 自分自身書くことが好きだということもあるがこ

16 ストラディックCI4+[STRADIC CI4+]を使ってみた

2016年のシマノの新作スピニングリールと言えばヴァンキッシュだと思うがそれと同じぐらい注目度の高い

  コメント

  1. […] 参考:釣活オススメ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ […]

  2. […] 釣活オススメ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ […]

  3. […] 釣活オススメ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ […]

  4. […] 釣活オススメ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ […]

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
【思い出は大切】釣果写真の保存法

魚を釣ったら写真を撮って残しておく人は多いと思いますが最近はカメラ付き携帯電話が増えていてスマホの中

レイバンのサングラスをタレックスのレンズと交換してみた

どうも!パソコンの不調に悩まされていた釣活くんです。 不要なソフトを消したら直りました!マックミニ買

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

琵琶湖の近くの管理釣り場アクアヘブンへ行ってきた

どうも!最近パソコンが壊れ気味の釣活くんです。 使い始めて4年目を迎えているMacBook Airで

このままでは釣りはオワコン化する

どうも、釣活くんです。 今回はちょっと釣りがオワコン(終わってるコンテンツ)という未来が見えてしまっ

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう