晩秋の五目釣り!噂の虫ヘッドにも挑戦

      2016/11/17

最近あんまり釣れていないようだけどちょっと神戸へタチウオを狙いに行きつつ、保険でエギングとちょい投げもやってきたのでそのレポート。

ちょい投げでボウズのがれ

13時過ぎからまず石ゴカイを買って兵突でちょい投げをしてボウズを逃れておく。夜の太刀魚からだと坊主を逃れられない可能性があるから。

スポンサーリンク

一投目でチャリコとキスゲット。
image
え?普通に釣れるの?楽勝?

と思ったけどそんなに甘いもんじゃない。それからしばらくノーバイトで(ちっちゃいハゼは釣れた)でっかい船が来て釣りできなくなったので移動。
image
反対側の川重のところでちょい投げをするがまぁここもそんなに釣れる気配なし。周りの人もふぐしか釣れていない。。。夕まずめまで頑張ったもののチャリコ2ゲット、キス2ゲット何か1バラシ。しょぼい。これが晩秋の釣りというものだ・・・。

夕まずめはエギングポイントでイカを狙う

中々反応が無かったが一級ポイントでエギをしゃくると小柄なイカがついてきた。おお!と思ったがやたら魚が多く、イカを攻撃してイカは逃げていってしまった・・・。水中にはメバルやデカめの黒鯛、結構なサイズのシーバスその他色んな魚がウロウロしている・・・。エギングポイントは普通にエビ撒きすれば相当釣れそうな感じだった。

イカの反応はそれだけで日が暮れたのでタチウオポイントへ移動。

タチウオは渋め

ポーアイ北公園。

人はやたら多くみんなタチウオを狙っている。ウキ釣りの人がポロポロと上げている感じ。

ルアーでは厳しいかなーと思ったけど一応投げてみる。色々やって最終的にワームを使うが何やっても反応無い。まぁ餌ですらほとんどアタリがないような状況だったのでルアーは厳しいというのは妥当だろう・・・。

虫ヘッドに挑戦

1時間ぐらいルアーをやったがどうにもならんので最近知った虫ヘッドで足元を狙う。虫ヘッドって何?と思うだろうが至ってシンプルでジグヘッドリグにワームではなくムシエサを取り付けてつる釣り方。専用のジグヘッドまで発売されているほどでポピュラーになっていく釣り方かも知れない。

メバル用の流弾丸2グラムに石ゴカイをつけて底まで沈めてちょっと浮かしておくとアタリがあったので巻いてみると重い。引きの感じとしてはメバルかな?と思ったけどバラし!虫ヘッド釣れるやん!とまた沈める。
アタリがわからなかったけど巻いてみたら引いてる。だがまたバレる・・・。

ジグヘッドがちょっと曲がってたのが原因のようなのでペンチで曲げ直して再チャレンジ。

アタリが消えたので場所を変えてやるとヒット!明らかにガシラの引きだなと思いながら巻いてくるとガシラでした。ここからガシラが連発して3ゲット。サイズは小さめ。

ガシラの時合は終わりしばらく沈黙したがまたアタリが出始めヒット。ガシラとはちょっと違ういい感じの引きでセイゴかな?と思ったがウミタナゴ!
image
多分ランカーサイズのウミタナゴゲット。
そのあと多分ガシラの親玉サイズに虫ヘッドをぶち切られて虫ヘッド終了。

タチウオの時合が来たらルアーで釣ろうと虎視眈々と狙っていたがみんな帰り始めたので帰ることにした。こっそりアナゴを狙って仕掛けを垂らしていたがこの仕掛には何もかからなかった・・・。

3時間ぐらいやってみたけど一応餌の人たちはタチウオをポツポツあげていて多分一人1匹ぐらいは釣れてるんじゃないかな?と言った程度。

はっきり言って海は既に晩秋から初冬モード全開なので根魚ファンの方は狂喜乱舞して釣り場へレッツゴー!

 -エサ釣り, タチウオ, 必要知識

自分の市場価値がわかる→MIIDAS(ミーダス)!

  関連記事

アウトドアでの夏の暑さ対策まとめ

夏は暑い。 近年、紫外線の増加、温暖化やヒートアイランド現象によって夏の暑さが恐ろしさを増している中

激安で東京へ遠征する方法!

今回の東京遠征は兵庫から東京遠征するとどのくらいかかるか?の実験的取り組みで管理釣り場釣行もしたけど

釣り場の環境破壊について

釣りは一部の管理釣り場を除くと基本的に自然のフィールドで行うものである。 今回は釣り人の視点から「釣

色々あって選びづらい「ヘッドライト」の基礎知識

夜釣りの必需品がヘッドライト。 非常に明るいものから手元だけを照らすもの、大きくて重いものや小さくて

釣り人にしか食べられない魚

どうも!ゲテモノは美味、釣活くんです! 今回は中々スーパーや魚やでは見かけないけど釣り人には一般的な

兵庫の海釣りポイントをまとめた良書

去年再び兵庫をホームグラウンドにして一年ちょっと経つが案外行く釣り場は同じ場所ばかりで行っていない釣

寝かせて美味!魚を釣ってから食べるタイミングまとめ

釣った魚は美味しく食べたい! でも釣りたてが必ずしもうまいとは限らない・・・釣った直後は身が固過ぎて

釣歴20年のリアル釣り大好き男が考える釣り道具のプレゼントまとめ

日頃お世話になっている人が釣り人だったら釣り具を贈ると喜ばれるだろう。 私も釣り人なので釣り具を頂く

ルアーのカラーについての基礎知識

様々な色のルアーが売られているがルアーのカラーっていうのは魚にどのように見えているのか?どんな時にど

テナガエビの釣り方

手長エビはその名の通り細長い手を持つエビの一種。河川の下流域や湖などに生息していて20センチほどに成

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
メバルを求めて

どうも!釣活くんです。 インフルエンザが猛威を奮ってますね!私は大丈夫ですが周りの人全員かかってます

新しいコンプレックスCI4+を紹介したい

2017釣活くん注目釣具シリーズ! 今回はNEW コンプレックスCI4+を紹介していこう。 このリー

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャ

エメラルダス STOIST AGSが欲しい理由

釣活くんの欲しい釣具シリーズ、今回はエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS」を欲しい理由

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング