元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ルアー 必要知識

磯でのルアー釣りについて

投稿日:

磯というのは岩場のことで東映のオープニングに出てくるような場所のことをいう。

例えばこんな場所。

磯でもいろいろあって小磯と呼ばれるそれほど波が荒くない内湾の磯や荒磯と呼ばれる外洋に面した断崖絶壁の高波が打ち付ける場所なんかまで色々ある。

今回はそんな磯でのルアー釣りについて書いてみる。

スポンサーリンク

磯で釣りをするための装備

まず重要なのが磯という場所は防波堤や砂浜などと比べると圧倒的に危険ということ。砂浜や防波堤が全く安全だというわけではないが磯は遥かに危険な場所なので装備が必要となってくると考えたほうが良い。

フェルトスパイクの靴

by カエレバ

磯が濡れると海苔とか苔とかが無茶苦茶滑るので確実にコケる。コケるとシャレにならないぐらい痛い。土などでコケてもなんとかなるけど磯の場合岩に腰や腕を打ち付けると最悪骨折してしまう可能性すらある。

私も磯で何度か釣りをしているが登山靴では全く滑り止めにならないのを思い知る結果となってしまっている。一度は崖から落ちて足が1ヶ月ぐらい使い物にならなかった・・・。

フェルトスパイクは何がいいのかというとフェルトは苔や海苔のような滑りやすいものに吸着する性質があり非常に滑りにくい。ただフェルトは柔らかく削れやすくて使えなくなりやすいのだがスパイク部分のお陰でそれがだいぶましになる。そういう理由で磯靴と言えばフェルトスパイクなのである。

救命胴衣(ライジャケ)

by カエレバ

磯は足場が悪く海に転落する危険性が高い。それだけではなく、うねりなどで波が突然来た時に波を被り海に落ちる可能性もある。

出来れば防波堤などでも救命胴衣を付けて釣りをするべきではあるが磯の場合は必須と考えておいたほうが良いだろう。

磯でのルアー釣りタックル

これに関しては狙うターゲットによって大きく変わってくるので一概には言えないが軽く紹介しておく。

エギング

イカの場合、根に潜っていくような生き物ではないので通常のエギングタックルでそれほど問題はない。足場が高い場合や根を避けたい事があるので極力長めをおすすめする。

根魚

ハタやガシラ、メバル狙いの場合は根に潜られる可能性があるので通常よりは多少頑丈なタックルをおすすめする。ライトゲーム用のタックルよりはチヌ狙いやエギングタックルのようなしっかりしたバットを持ったパワーゲームに対応しているものがおすすめ。

ハタを本格的に狙うなら強引に寄せることが出来るベイトタックルも検討しておいたほうが良いだろう。

青物

磯から青物を狙う場合は極力固めのショアジギングタックルを使ったほうがよいだろう。磯は根が多く、やり取りに時間がかかるとラインが根に接触して糸を切られる可能性が高まる。

堤防などではシーバス用タックルやライトショアジギングロッドでも90センチオーバーのブリクラスが穫れるが磯の場合、運の要素が強くなってくるだろう。
タモ入れが出来ないような場所もあり強引にズリあげなければならないこともあり頑丈なタックルであればあるほど有利になる。

ヒラスズキ

磯と言えばヒラスズキであるがこの魚の場合、サラシ(波の泡が広がる場所)が非常に重要になってくるため波が強い方が釣れる魚。その為波の中をきっちり泳がせることの出来るロッドが有ったほうが良い。

場所にもよるが高波でも波頭の影響を受けづらい長めのロッド、11〜13フィート程度があると良いだろう。青物狙いと同じくタモ入れが難しい場面に抜き上げることが出来るパワーも必要となってくると考えておいたほうが良い。

磯でのルアー釣りのコツ

磯は根が複雑で大きな魚がよく釣れる場所ではあるがやり取りが難しいというデメリットも有る。

釣り方としてはまず磯際を狙ってみるのが基本で根魚やハタなどは足元に意外な大物がひそんでいることが多い。

エギングでもいきなり沖に投げず足元に潜んでいないかをチェックするのがよい。磯の場合いきなり深くなっている場合が多く、5メートルほどしか投げないでも連発することがある。

青物を狙う場合はベイトフィッシュの動きに注目してナブラ(小魚が追われて水面がざわつく状態)が起こっていないかを常にチェックしておいて足元に鰯の群れが回ってきていないかなどを確認しておく。イワシが何かに追われている気配があれば集中してルアーを投げる。

磯でのルアー釣りについてのまとめ

磯ははっきり言って初心者向きの釣り場ではない。それなりの装備もいるし魚とのやり取りも難しくて中々釣りづらいこともあるだろう。

それでもだからこそまだ見ぬ大物がストックされていて魚影も漁港などに比べて確実に多い。

釣り人とはどんな探検家よりも冒険が好きな生き物なので一度は磯釣りで自分だけのパラダイスを探してみることをおすすめしたい。

ただし、命有っての釣りなのでくれぐれも必要な装備を持たずに行くような無謀なことはしないで欲しい

磯釣りおすすめグッズ

ヒップガード

磯は平たい部分が少なくて座ろうとしてもゴツゴツして座りにくいし痛い。ズボンが破れる危険性もありヒップガードがあったほうが便利。

by カエレバ

クーラーバッグ

磯に降りる時はかなりハードな場合もあり、ロープを辿っていかなきゃ降りれない場所もある。そんなエントリーしづらい場所へ行く時にクーラーボックスを持っていくのは大変なのでクーラーバッグがあると便利。

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【釣り用の車を買おう!】
●毎日約500台入荷
●約6,000台の豊富な在庫から選べる

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

-ルアー, 必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.