元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

必要知識 釣具

全てのアングラーに知っておいてもらいたい「ルアーのフック」について

更新日:

フックイメージ
ルアーに付けるフックやワームで使うフックについての記事。
フックは色々な形状のものがあったりして何がいいのかちょっとわかりかねる人もいるだろう。そんな初心者のための記事です。

スポンサーリンク

ルアーフックの基本知識

まず基本的な話から書いていく。
ルアーのフックは、シングルフックダブルフックトレブルフック(トリプルフック)がある。イレギュラーな物で4本針のある物やイカ用のカンナなどもあるが基本は3種類に大別出来る。
フックの種類図

シングルフックはその名の通り一本針。貫通力がありパワーゲームでよく使用される。

ダブルフックは一本のワイヤーを曲げて作られた針でラインのアイへスプリットリング無しに装着可能。その形状から障害物回避能力が高くカバーなどで活躍する。

トレブルフックは非常に一般的なフック。

10年ほど前まではダブルフックに1本針が溶接された物が一般的だったが、現在では技術力が進みシングルフックを3つ溶接した構造になっている。(昔の物だと左右どちらかが2本の針となりバランスが悪かったが現在の物は左右対称に針が来るのでバランスがよい)

フックの形状について

フックの形状には特徴があり、ストレート・ネムリなどの形状がある。
ネムリとストレートの違い
(ピンクはフッキングパワーの向き、青は針先の向き)

ストレートは針先が外を向いているので小さなバイトでもヒットに持ち込みやすいが力がかかり辛く貫通力が弱いため針先がシャープでなければがっちりフッキングし辛い構造。

ネムリの形状の場合は針先が内を向いているためガッツリ食ってこないと刺さり辛いという欠点があるもののフッキングの力が完全に伝わる為自動的に針は貫通する。この形状の場合、針先への負担は少なく針が伸び辛いというメリットもあるため大物狙いのフックはこの形状である場合が多い。

この形状の違いはフッキングしやすいかバラし辛いかの違いになるので状況によって使い分けていくといいだろう。

太軸と細軸

太軸フックは曲がり辛く、細軸フックは曲がりやすい。

パワーのある魚の場合簡単に針を曲げてしまうため大型の獲物を狙う時は太軸フックを使用したい。
シーバスや海の青物などではラインやロッドなどの破損よりもフックを曲げられて逃げられるパターンが多い。
フックは強そうでも意外ともろい。

トラウトのトーナメント等ではどれだけ掛けるかが勝負になるので太軸は使わず細軸フックで掛けにいくスタイルが一般的。細軸フックの魅力はそのかかりやすさ。

塗装について

フックの塗装はメッキ系と着色系がある。基本的に着色系は塗装が落ちやすく錆びやすい。
錆びない針は無いが錆びにくいのは銀の防錆メッキ加工の製品。

ちなみに赤の針は金メッキに赤の塗料を塗っているだけなので数匹釣れば金メッキ針になる・・・。

バーブ(カエシ)について

バーブは魚が針から外れにくくするための突起で原始人の頃の釣り針にもついている歴史ある構造。

針の内側についているのが一般的であるが、針の外側にバーブのついた物も存在する。

バーブは魚への負担となる上、自分に刺さった場合も大変なダメージとなるので基本的にスポーツフィッシングでは必要性が問われるものである。

ただ、掛けた魚を逃したくないというのは釣り人として誰もが思うことであり市販されているルアーにはほとんどの場合かえし付きのフックが装着されている(エリアトラウトを除く)。

実際バーブがどれほどの効果を発揮しているのかを管理釣り場で試してもらいたいがシーバス釣りなどバーブ付きでもめちゃくちゃバラすことも多く、場合によってはバーブというのはほとんど気休め程度しか効果を発揮していないと思われる。(エサ釣りの場合はエサが外れにくくなるというメリットも有るがルアーでは関係のない話)

事故を防ぐことと魚へのダメージ軽減の観点から考えてもルアーフィッシングでは全てバーブレスにしてしまってもメリットの方がプラスに働くと私は思う。もしも根掛かりで切れたルアーが鳥や亀などの動物へかかってしまった場合も外れやすく環境にやさしい。

ちなみに自分でペンチで元のカエシを潰してもプレスバーブと呼ばれる状態になるだけで自分に刺さった時は全然抜けないので注意が必要。本当にバーブレスにしたい場合は潰した部分をヤスリで削るか元からバーブレスのフックを買ってきて付け替える必要がある。

ルアーフックの交換時期

ルアーフックの交換時期なのだが針先が鈍ったら交換した方がいい。
具体的に言うと針先に指を当ててみて明らかに刺さりが悪くなっている感じがあれば交換時期である。

他にはルアーの針先を爪に刺してみて動かないならまだ大丈夫で爪の上で滑るようだと換え時だと思ったほうが良い。

プロのアングラーのように1匹が取材の成功を左右するような人の場合フックには非常にこだわりを持っており、「全てのルアーにフックを装着しない」で管理している。
使う時に新品のフックを装着しているわけである。
(おそらく取材時だけ新品にしてプラとかは古いのを使うのだろう)

一般的に数匹魚を釣ると針先は鈍ると言われており、本当に釣りたいならフックにはこだわったほうが良いだろう。

フックは研いで使うもの?

アメリカ製のルアーに付いている茶色のフックは研ぐ前提で作られているので最初から鈍っていたりする。研ぐのが面倒なら付け替えてから使おう。

基本的に日本製の針は交換前提で作られていて非常に硬く鋭い針先をしている。日本製の針は研いでも元の鋭さには戻らない。アメリカ製のフックは研ぐ前提なので少し柔らかく研ぎやすい。フックシャープナーで研いだら元通りの鋭さに戻る。(日本製のフックの鋭さには及ばずアメリカでもがまかつブランドのフックを装着するルアーが増え続けている)

フックシャープナー 両面使い分けタイプ 荒め 仕上げ

ルアーにつけるフックの向きについて

フックの向きについて
ルアーのフックの向きについてだが基本的にトレブルフックの場合、前に2本来るようにつけるとフッキング率が上がる。

恐らく買った時はお腹のフックが前後逆に付いていると思われるがフッキング率を上げたければ前向き2本来るように付け替えておいたほうがよいだろう。ただし根掛かり率も上がるのでその点は注意する必要がある。根掛かりが多いところでは前1本になるように後ろのフックの向きを変える。

シングルフックでのルアーゲーム

シングルフックの魅力
(シングルフック仕様のメガバスX80で釣ったハタ)

ルアーには大体の場合においてトレブルフックが装着されている。フックポイント(針先)が多い方がかかりやすいからという理由であると思うが、シングルフックでのルアー釣りのメリットも少し書いておこうと思う。

パワーが伝わりやすい。

フックポイントが一つにしぼられるためトレブルフックのようにたくさんフックポイントがある場合よりも貫通力が増す。かかった獲物は逃さない。

口に入りやすい。

フックサイズが大きくなると口の外に当たって針が口に入り辛くなる。シングルフックなら抵抗無く吸い込まれやすくなるのでフッキングしやすくなる。

トラブル減少

たくさんフックがあると無用なトラブルになりやすい。服にかかったり頭に刺さったりといった事故やライントラブルになることも多く、ストラクチャーへの絡みも多くなるため手返しが悪くなる。そのぶんシングルフックなら快適に釣りが出来る(トラブルが3分の1になる)

コスト削減

シングルフックは安い。自作も簡単。コストダウンにいい!

デメリットもちゃんと書いておくと

ルアーのバランスが変わる

これはどうしようもないデメリットの一つ。フックが軽くなる分ルアーの動きも変わる。繊細なルアーだと釣れなくなってしまうので注意が必要。どうしてもバランスが悪くなる場合はトレブルフックを2本曲げてシングルフックを作るしかない。

2箇所かけたい時かかりづらくやり取り次第ではバラし率が上がる

ルアーのフックは前後の2箇所でかけたほうが安定した状態になり針穴が開きづらく長時間のファイトでもバラしづらい。シングルフックの場合は2箇所でフッキングさせることが難しくやり取り次第ではバラしが増えてしまう可能性を否定出来ない。

このデメリットとメリットのバランスを考えてシングルフックを使用するかどうか決めたい。

おすすめルアーフック

がまかつ シングルフック53

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-必要知識, 釣具

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.