元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

メバリング

アイナメの釣り方

更新日:

アイナメの画像
アイナメは30〜40センチほどの根魚で最大は60センチ級が確認されている。
日本全国の岩礁帯に生息している。産卵期の秋から冬にかけては産卵場所の浅瀬の岩陰に集まり、岸からでも釣れるターゲットになる。
エサは主に小魚やカニ、イソメなど。
関西ではアブラメとも呼ばれる。

このアイナメは非常に獰猛なフィッシュイーターでルアーでもよく釣れる魚である。

今回はアイナメをルアーで狙う方法についてご紹介していく。

スポンサーリンク

アイナメのルアータックル

アイナメを釣るタックルはシーバスタックルなどでも問題ないが最近流行のベイトフィネスをおすすめする。なぜベイトタックルが良いのか?というとアイナメは水中の物陰に隠れて何かが目の前を通るのを待ち構えているため、非常にフォーリングへの反応が良い魚だからである。
フォーリングのアタリを取って積極的にかけていくことの出来るタックルがベストでベイトタックルだと非常に扱いやすいのでオススメ。

岩礁帯に潜られることが多いのでラインはフロロカーボンの3号程度をおすすめする。PEをメインラインに使っても良いが1メートル以上はフロロカーボンのリーダーが欲しい。
小さいアイナメを狙うならメバリングタックルなどのライトタックルでも問題ないがアイナメは大型になるとポン級、ビール瓶級と呼ばれ40センチ近くになる。さすがにこのサイズをメバリングタックルで獲ろうとするとかなり辛い。

具体的に書いておくと、

  • ロッド:5〜7フィートのライト〜ミディアム程度
  • リール:ロッドに合ったベイトリールもしくはスピニングリール
  • ライン:8〜16ポンド程度

こういったタックルがおすすめ。

アイナメの釣り場、ポイント

ポイントは岩礁帯や岩の点在する砂地の場所、漁港など。

磯や岩礁帯などは物陰になりそうなストラクチャーを狙って投げる。基本的に底付近がポイントになるがアイナメは泳ぐ力も高く、エサを追う距離も長いので足元まで追ってくることもあるため気を抜けない。

漁港などでは岸壁が主なポイント。生え始めたワカメなどの海藻の下に潜んでいることが非常に多く海藻の下は重点的に狙ってみることをおすすめする。岸壁の場合は岸壁自体にアイナメがくっつくので底に拘る必要はない。中層で十分釣れる。

アイナメを狙うルアー

アイナメのルアーとして一般的なのがワーム。

岩礁帯を攻めるため針の隠せるオフセットでのテキサスリグなどが一般的に使われる。
テキサスリグイメージ
テキサスリグはこんな仕掛け

直リグイメージ
最近は直リグという仕掛けもよく使われる。

フックの装着方法
オフセットフックは図のようにつける。

他には日中のメバリングで使用するライトワインドなども実績が高い。

イレギュラーなルアーとしてはスピンテールジグやメタルジグも釣れるが岸壁に落としこむ専用ルアー。キャストで底を狙うと根がかりが激しくて釣りにならない。

メタルジグはこういったタイプで良い。
スピンテールジグはこういったルアー。ブレードがある分フォールスピードが遅くなる。

アイナメの釣り方

アイナメの釣り方であるが基本的にアイナメは昼行性の魚なので昼間に釣る。
上にも記したが岩礁帯海藻の影に隠れているのでその周辺を攻める。
イレギュラーなアクションに反応がいいので出来るだけ目立つようなアクションがオススメ。

ワームで狙う場合は底からエギングのようにワームを大きくしゃくり、フォールで食わせる。活性の低い時はしばらく止めておくと食う場合も。

岸壁の海藻などの裏を狙う場合は何度も上下に落としこむ。私は以前ワカメを引っ掛けて取って持って帰って味噌汁に入れようと頑張ってワカメを引っ掛けていたのだがその時に大型のアイナメを釣ることが出来た。

居そうな海藻はしつこく何度も上下に動かして攻めると良い。足元の場合追いかけてくるアイナメが見えたりするので興奮できる釣り方でもある。

アイナメ豆知識

アイナメはお造りが美味しい魚で、高級料亭などではかなりの価格であるがたまに同じ白身のスズキが使われている場合がある。白身魚は基本的に淡白な味なのでその差はわかりづらい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-メバリング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.