元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ

引きが強烈!テキサスリグで真チヌ

投稿日:

昨日から関西に住み始めてこれからはバンバンのバンバン釣りに行きまくるブログ開始でございます!

スポンサーリンク

関西の夏の釣りといえばチニングというのがここ近年の常識になってきているのだが早速ゴーや!

昼間は暑いから夕方から。。

潮は上げ潮。ベイトは何かイワシのような小さな魚が泳いでるので夜のチニングベストタイムまでしばらくシーバスを狙ってみることにしてみた。

河口のポイントなのだが潮の当たるところにシーバスがたまってミノーのジャークやベイスラッグのダートなどで結構実績があるのでひとまずそのへんのルアーを試す。

ベイトが多くて結構ベイトがあたってくるのはわかるのだがシーバスの反応はない・・・。
やはり潮が下げの時しかこの場所はシーバスが溜まらないような気がする。

ポッパーでチヌを狙うことにしてポコポコ・・・。ノーバイト!
浜風が強いので波がまあまあ強くアピールが全然足りない気もする。

ポッパーは別の機会にすることにして、本命のボトム攻めに切り替え。

今回は前から気になっていたテキサスリグを試してみることにした。
タングステンのシンカーを使うことで底質を確認しながらやれば鉛のルアーよりも根がかりづらくポイントも把握しやすいのではないかという考え。
ワームはよく釣れると噂のジャッカル社ウェーバーシュリンプ。シンカーは7グラム。

岸沿いを狙ってみる。底質は小石で非常に明確な感度。やはりタングステンはわかりやすい。

ズルズルとずる引くとゴンと明確なアタリが来たので思い切り合わせるとめちゃめちゃ強烈な引き!
シーバスなら確実に60はあるでこれ!という引きなのだが下へ下へ突っ込むチヌ特有の引きなので確実にナイスサイズのチヌであることは分かった。
あまりストラクチャーのないオープンな場所なのでロッドで耐えて空気を吸わせる。空気を吸わせると急におとなしくなるので、砂浜にずりあげてゲット。

真チヌの画像
いつものキビレではなく真チヌのナイスサイズだった。
このサイズになると本当に最高のシャープな引きやね。こんなにあっさりこんなサイズのチヌが釣れるのが関西のいいところ。
丁寧にリリースすると元気に泳いでいった。

次の魚を狙う。
石が転がるポイントなのでそれなりに引っかかりは多い。
それでも石と石の間にハマってもタングステンの場合は鉛のように石に食い込んで外れにくくなることもなくちょっと引っ張るとすり抜けてくれる。
タングステンシンカーでのテキサスは結構いい感じ。

アタリもちょいちょいあるが中々乗らない・・・。
小さな魚がつついているだけだろう・・・。

そんなバイトばっかり続き、この後は乗せることが叶わなかったものの45センチのチヌを新しいリールで釣ることが出来たのでとりあえず満足な関西編スタートや!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【釣り用の車を買おう!】
●毎日約500台入荷
●約6,000台の豊富な在庫から選べる

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

-クロダイ
-

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.