釣りをする時の防寒着・ウェアについて

冬イメージ
冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズンなのです。

極寒だけど釣りに行きたい時に重要な防寒着の話を今回は書いていきます。

スポンサーリンク

アウトドアでの防寒ウェアは重ね着(レイヤード)が基本

アウトドア界の防寒ウェアでの常識としてレイヤードという考え方が一般的になっています。これはインナー(ファーストレイヤー)、ミドラー(ミドルレイヤー)、アウター(アウターレイヤー)の重ね着によるもので防寒ウェアの基本となっている考え方です。

アウター

アウターはやっぱり一番重要な防寒アイテムです。真冬なのにアウターなしで釣りをするのは考えられません。

防寒着としてのアウターで一番重要なのはかさ張りすぎないこと風が確実に防げることです。

冬でも動くと蒸れることもあるのでゴアテックスを使ったような防水透湿素材のものがおすすめです。
※ゴアテックスとは防水透湿の最高級素材でレインウェアなどに使われる素材。詳細は公式サイトへ

例えばこういった形のジャケットなどが一般的です。

風を防ぐ襟が口を隠すくらい大きい方が風を防げるのでとても暖かく感じます。
ダウンジャケットなどは少し動きにくいこともありダウンはミドラーで着るのが正解です。

ミドラー

磯釣り師などの本当に過酷な状況で釣りをする防寒上級者はミドラーを重視します。
ミドラーというのがちょっと良くわからないという人に紹介すると、

こういうような軽いジャケットのことです。
フリースのものなどがよく見られますがダウンの方が確実に防寒性能は高いです。値段も高いのが難点なのですが・・・。

フリースと言えばユニクロが有名ですが私のおすすめは山登りブランドのフリース。パタゴニアのものはとても防寒性が高く暖かいですがやたら高価なのでリーズナブルな山ブランド、モンベルのフリースがおすすめです。生地が薄くて動きやすく高い防寒性で愛用者の評価も高いです。

ごわごわするのが嫌なときはこういったベストタイプもミドラーとしてよく用いられます。

冬でも昼間になると気温が上がったり日光を浴びたりすると暑く感じることがあります。そんな時にアウターをぬいでミドラーで釣りをすると快適に釣りができます。

重ね着はこういった体温調整においても非常に重要なポイントとなるのでミドラーが必要なのです。

インナー

インナーも大事な防寒ですが最近は光電子ヒートテックなどの最近テクノロジーアイテムがたくさん出てきてずいぶん選べるようになりました。

※光電子とは簡単に言うとヒートテックのような体から出る水蒸気に反応して発熱する素材のことでヒートテックの上位版みたいなもの。薄くて暖かいのでインナーや手袋など色々な用途に活躍している。詳細は公式サイトにて

ユニクロのヒートテックでもそれなりに暖かいけれど冬の釣りでは役不足の時があります。
そんな時におすすめなのが登山ブランドのモンベルの出しているウールのインナー

せっかくの釣りなのだからインナーにはこだわった方がいいでしょう。一着あれば非常に助かるアイテムです。

タイツもちゃんとしたやつを一つ持っているといいと思います。

靴下も光電子がおすすめ。

その他おすすめ

ブーツ

本当に寒いときは靴底から寒さが伝わってくる・・・スニーカーなんかだと足がかじかんで冷たくて集中出来ないことがある。
だからブーツが重要なのです。

こういうブーツだと見た目もおしゃれなので街中でも普通にはける。船で水をかぶっても全然ぬれないし便利。
中にヒートテックなんかの厚手の靴下をはけば非常に快適!

ただし、車の運転する時はアクセルの場所がよくわからなくなるので不向き。別の靴を用意しよう。

その他のおすすめ

手袋

手袋もかなり重要なアイテム。丸出しだとかじかんで釣りにならないし、厚手だとアタリが全然わからなくなるし、細かいアクションもつけづらい・・・。
光電子の手袋は薄いのにすごく暖かい。これ重要。薄くて動きやすくてアタリも取りやすいのに暖かいのです。

あと、手首が出ないような製品を選ぶのはかなり大切です。手袋は価格もめちゃくちゃ高いわけではないのでいいものを使うというのは費用対効果は高いと思います。

色々と試してきましたがやっぱりごわごわした手袋をつけるくらいなら素手の方が釣りしやすい。
特に釣具屋のワゴンに入っているような中国製の安い手袋はフィット感もなくて買わなきゃ良かったと思うレベルです・・・。

今のところ光電子以外はおすすめと言い切れるものはありません。

フリーノット(FREE KNOT) FOURON(フォーオン) ネオプレングローブ 3本カットicon
なんか評判良かったので買ってみて使ってみたがほんとに良かった。チタンと光電子が使われている最新テクノロジー満載モデル。薄くて使いやすくてめちゃめちゃあったかい。これは買ってよかったグローブ。

その他のアイテム

その他あると快適な防寒アイテムを紹介していこう。

ネックウォーマー

これは必須です。

防寒の基本は三首隠せと言われており手首・足首・首の三箇所をしっかり隠しておくことが大事になってきます。その中でも1番血流の多い首を覆うことで体感温度が全く違います。

マフラーよりも密着度の高いネックウォーマーがお気に入り。

ニット帽

風がある時など寒すぎて耳が痛くて釣りにならない時もあるのでニット帽はあった方がいいです。

フードをかぶるというのもありですが視界が狭まるのでニット帽が好き。最近はツバ付きが流行っている印象を受けます。

使い捨てカイロ

貼るタイプを背中の上の方に貼っておくとだいぶ違います。寒がりな人なら何箇所か貼っておくと良いでしょう。


肝臓カイロというテクニックもあるようです。

あったかベスト

最近買って大活躍しているのがあったかベスト。背中に電熱線が入っていてスマホなどに使うような充電バッテリーを使って温めるタイプのミドラーなのだがとにかく最高レベルに暖かいです。

ぶっちゃけ貼るカイロでもいいっちゃいいのですがあれは暖かくなりすぎて逆に暑いって時にこまります。これなら胸にあるスイッチで強・中・弱が使い分けられるので寒い時だけ温める事が出来て便利です。

釣りの防寒対策についてまとめ

ひとまず私の中での防寒対策をまとめておきました。
極寒でも釣りに行きたいのが釣り人!風邪をひかないように防寒を完璧にして釣りに行きましょう!

 -インプレッション

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

2016フィッシングショー横浜レポート

どうも!深夜バスのリクライニングを一切倒さずに横浜から大阪に帰ってきた釣活くんです! レバーを引いて

初めてレバーブレーキリールを使ってみた感想

数年前からプロシーバスアングラーが使用しているレバーブレーキ付きのスピニングリール。 使い心地が気に

2016セルテートを使ってみた

2004年に誕生したセルテートはダイワの新しいスピニングリールの標準「REAL FOUR」コンセプト

ためになる!釣りマンガまとめ

釣りを好きになるきっかけって色々あるが最近はマンガがきっかけで釣りを好きになる人も多い。釣具店員の中

ロッドのグリップが汚れた時便利なグッズ

今回は釣りに便利なグッズを紹介する釣活ショッピングのコーナー。今回もナイスな商品を紹介していくぜ!

最近使ってみたルアーのインプレッション

近年色々なルアーが出てきていますがとにかく物は試しようということで色々買って試したルアーについてのイ

釣り用のシューズについて

釣りに行く時の履物はどんなものを使っているだろうか? バスフィッシングの場合だったらほとんどのフィー

14ステラ購入インプレッション

シマノ(SHIMANO)14ステラ C3000XG スピニングリールの最高峰と名高いステラを購入した

シマノ16ヴァンキッシュを使ってみた

今年のシマノの新製品スピニングリールで目玉と言えばやっぱりヴァンキッシュ(Vanquish)だろう。

荷物の持ち運びに使う「釣り用のバッグ」はどれがいいのか?

私は基本的におかっぱりでの釣りをするのだが、バッグは割りと色々使ってきた。色々使ってきてそれぞれのメ

  コメント

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

【四国遠征】ぶっといシーバスゲット編【釣旅】

どうも!釣活くんです。 今回は四国遠征に行ってきたレポート第一弾ぶっといシーバス編です。

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を