マルタウグイの釣り方の基本知識

多摩川のウグイイメージ
春の川のルアー釣りと言えばウグイ釣り!

毎年春になると普段海や河口で生活しているマルタウグイが産卵のために遡上してくるのが楽しみになる。

今回はそんなウグイの釣り方をご紹介する。

1.ウグイ釣りのタックル

ウグイの好きな瀬
竿は、管理釣り場用のロッド、またはブラックバス用のロッド、それらに近いルアーロッド。大体長さは7フィートまでが扱いやすい。

大した引きの魚じゃないのであまり大掛かりなものはいらない。

リールも2000~2500番くらいの大きさの物でちょうどいい。

ラインは4ポンド~8ポンド。たまに鯉がかかるので太めにしたほうがいい。

他に必要なアイテムとしては、ウェーダーというゴム長靴は有ったほうがいい。無いとはだしで瀬を渡ることになる。まだ寒い・・・。

2.ウグイ攻略ルアー

ミノーでつれたウグイ画像ルアーはスプーンスピナーなどの管釣り用のルアーがベストマッチする。ブラックバス用小型ミノーなども実績が高いが、基本的に瀬を狙うのでリップが破損する確率が非常に高いため注意が必要である。魚影が密集してるところではスレ掛りが多くなるのでフックはシングルに変えておくといいだろう。

他にはフライでやる人が多いので小型のトップウォーターとかもいいかもしれない。

3.ウグイ攻略法

ウグイのシーズンは混雑する瀬
ウグイは瀬になっているところで産卵する。そういうわけで瀬に集まってくる。これがウグイの瀬付きと呼ばれる現象である。産卵中も食欲は旺盛で目の前を通る小魚などに襲い掛かる。もともと雑食のウグイであるが産卵のためにエサを求めるようでルアーに一番食いついてくる時期である。

釣り方は単純で、瀬に集まっているのは肉眼でも確認できるのでその目の前を通るようにルアーを引くだけ。
これが言葉で言うより難しく、基本的に瀬は流れがめちゃくちゃ速いのでいいコースを通すのが難しい。こればかりは練習してタイミングをつかむしかない。

4.ウグイ狙いのコツ

場所が重要。
ウグイを釣るためには瀬まで行かなければならない。なのでウェーダーは必須アイテム。瀬と言うのはかなり広範囲に広がっている場合が多く、中洲もあるのでその奥の瀬は渡らないと攻めることが出来ないのだ。

時期も重要。
時期もかなり限定されていて桜が咲くころにピークとなる。河口から順に上がってくるので3月上旬から下流の方でつれ始めるが瀬付きとなるのはピークごろ。終わるのも早いので本当に季節限定の釣りと言える。

外道がいっぱい。
ウグイの外道、ニゴイ画像瀬にウグイの卵を狙ってか中々サイズの鯉があがってくる。ニゴイも負けずに上ってくる。こいつらも結構ルアーを食ってくるのでウグイだけを狙うのは難しい。

婚姻色に染まったきれいなウグイを釣る。春の楽しみの一つです。

関連ページ


公開日:
最終更新日:2014/06/20

follow us in feedly
【思い出は大切】釣果写真の保存法

魚を釣ったら写真を撮って残しておく人は多いと思いますが最近はカメラ付き携帯電話が増えていてスマホの中

レイバンのサングラスをタレックスのレンズと交換してみた

どうも!パソコンの不調に悩まされていた釣活くんです。 不要なソフトを消したら直りました!マックミニ買

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

琵琶湖の近くの管理釣り場アクアヘブンへ行ってきた

どうも!最近パソコンが壊れ気味の釣活くんです。 使い始めて4年目を迎えているMacBook Airで

このままでは釣りはオワコン化する

どうも、釣活くんです。 今回はちょっと釣りがオワコン(終わってるコンテンツ)という未来が見えてしまっ

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう