元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ハゼクラ フィッシング ルアー 必要知識

ハゼがすくすく成長中!ハゼクラはやっぱりディープクラピー

更新日:

どうも!釣活くんです!

銀杏の季節ですね。自転車で踏むと最悪ですね。キンモクセイのいい香りと銀杏の臭いにおいが秋を感じさせてくれる今日このごろですが、今回はちょっと昨日武庫川へハゼクラをしに行ってきたのでそのレポート。

スポンサーリンク

ディープクラピーが遂に戦死

いつものようにハゼクラスポットへ到着。今回は満潮へ向かう上げ潮でやってみることに。噂によると上げ潮で潮位が高くなるとハゼが足元まで寄ってくるらしい。底を叩きづらくなるので満潮に近い時間帯は避けていたもののちょっと一度ためしてみることに。

いつものようにディープクラピーを投げる。はっきり言って他のルアーも試したがこの音、潜行能力、底を舐めるように引ける性能、動きとどれをとってもディープクラピーほどハゼクラに適したルアーは見当たらなかった。

ということで私の中ではハゼクラはディープクラピー一択になっているわけだが遂に今回戦死してしまう・・・。

まぁその前に5ヒットして3ゲットしたのだが。
ハゼ画像
足元に来るという噂だがぶっちゃけいつもと同じちょっとした駆け上がりになっている部分でのヒットばかりだった。ハゼの位置はそんなに潮位で大きくは変わらないのかもしれない。この川の場合。もちろん潮位差が大きくなれば駆け上がりも水が無くなることだってあるだろうからその時はハゼは沖へ行くものと思われるが。

サイズはどれもいい感じのサイズになっていて引きもそこそこ手応えを味わえるようになっていた。ハゼ釣りの秋本番といったところか。

そしてディープクラピーを失った私はしょうがなく他のルアーを使う。

リップが大きい割に潜行能力が低く底を叩きづらいやつばかりで使えないが一応一匹釣れた。これは足元だった。
ハゼクランク画像
リップまでカラーリングされていたのでちょっと気になって黒マジックでぬって存在感を消しておいた。魚って目が悪いからこんな感じで見えなくなるはず。ちなみにシーバスルアーのレッドヘッドの頭の赤い部分は魚に見えてない説が有力。波動は通常のルアーのように大きくアピールできるのにシルエットは小さくなり食いやすくなるからよく釣れる。

結局他のルアーも色々試したがアタリが何度かあっただけでヒットまでは持ち込めず。アタリもハゼだったか子チヌかセイゴだったかは怪しいところ。

やっぱりハゼクラはディープクラピーが一番やりやすいので自分への誕生日プレゼントとしてディープクラピーを3つほど買ってあげることにしたw

今回のヒットルアー

Daysprout・チャタクラDR

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-ハゼクラ, フィッシング, ルアー, 必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.