元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

フィッシング ルアー 管理釣りトラウト

爆釣モード!開成フォレストスプリングス

更新日:

開成フォレストスプリングスのニジマス

久しぶりにルアーでいっぱい魚を釣りたいと言うことで開成フォレストスプリングスへ行ってきた。

午前9時ごろ現地到着。

ファーストポンドでは上州屋・東レの釣り大会が行なわれているようだった。

管釣りシーズン序盤ということもあり釣り大会が行なわれていても下のポンドにはまだ空きがある状態。

いい場所も残っていたのでそこで開始。

スポンサーリンク

魚のコンディションは現時点でニジマスメインで他のイワナ・ブルック・ブラウンはいるにはいるが相当少ない。

全体の8~9割がニジマスと言う状況の下のポンド。

ニジマスの釣り方のセオリーはスプーン。

詳しい釣り方はエリアトラウト攻略入門に書いたとおりなのでここでは書かないが、まずはセオリー通りに攻めてみた。

基本に忠実にイエロー系のスプーンから・・・アタリゼロ。緑系のスプーンへチェンジ・・・アタリゼロ。

この2色で反応が無い時は俺にはスプーンではどうしようもない時・・・。

同行の後輩が1本あげたがこちらはアタリすらない・・・。色も茶色系がいいとのことなので真似するが反応ゼロ。

1時間ちょっとそんな状況が続きルアーローテーションが全く効かず奥の手として持ってきたフェザー系のルアーを投入。

使い方がよくわからず全然反応が無かったが菊さんの十八番ホンガリングで猛烈にバイトしてきた。どうやらスモラバみたいに使うとよいようだ。

ただ乗らなかった・・・。残念。そしてすぐスレたのでローテーション。

クランクにしてみる。

追いかけてくるのが見える。

食うのか?

・・・(まきまき)

スー

バク!!

食った!

バシッ!(フッキング)

抜けた!

と、残念ながら乗らなかったけど完全に食ったのが見えると言うすごいエキサイティングなシーンを楽しめた。

これで、クランクパターンを発見し、爆モードへw

ぶっといコンディションのいいニジマス

こんなサイズが入れ食いw腕がだるくなるくらい連発する。

釣り方は、ただ沖へキャストして表層をゆっくり等速でリトリーブするだけ。

ゴン!と明確なバイトだったり後ろからくわえるだけのバイトでラインがたるむだけのアタリだったり、体当たりでアタックするバイトだったり表層なので大体全部見える。

ルアーの特性か食い方の問題か乗ってもすっぽ抜けたり明確なバイトなのに乗らなかったりで中々キャッチ数は伸びないもののほぼ毎回バイトしてくるという状況。

完全にパターンにはめた。

開成はパターンを見つけると結構簡単に連発するがパターンを発見出来ないと一日やって2~3本しか取れなかったりする。

でもそれだけ難易度が高い場所だけに、このクリティカルにパターンにはめる感じは病みつきになると思う。

魚のコンディションも最高で元々ニジマスのファイトはよく走って面白いのだが、ここのは全部アスリート。

その辺の管釣りでは味わえない腕が辛くなるほどのランをみせてくれる。

活性が落ち着くまで1時間ほど爆モードを楽しみ10ヒット5ゲット。

このあとはやはり少しスレ始めたのか反応が渋くなったのでちょいちょい場所移動を繰り返し拾っていくことに。

下の池の水車周りに溜まっていた魚を場所を休ませながら打っていくと大体1投目でヒットに持ち込むことが出来た。

このルアーばかりで釣るのも飽きてきたのでミノーを投入するとアマゴが1匹釣れたもののそれ以外はイワナが追っかけてきたくらいであまり反応は芳しくなかった。

15時を過ぎ下の池も飽きたので上の池へ移動。

下の池よりクリアで、底にアオミドロが生えているのがはっきり確認できる。

魚影はそれほど濃くなく、サイズもそれほど大きいのが多くない気がする。大きいのは池の真ん中の方に固まっているのか?

釣り開始もアタリはない。

確実に今回は下の池の方が全てにおいて良かった。

16時を過ぎて雨が降り出し、暗くなるとバイトが増え始め高活性モードに突入。

大体終了間近の30分くらいがこの開成フォレストスプリングスのベストタイムなのだ。

でも、3本ほどこの上の池で追加した時点で雨がひどくなり、雨具の無い俺はストップフィッシング。

結局、15本の釣果だったが魚のコンディションもよく、非常に満足のいく一日だった。

水槽には来週放流されるのか大量のブルックトラウトがストックされていた!

放流前のブルックトラウトの写真

ブルックトラウトはミノーのトウィッチに好反応でトップでも釣れる楽しいターゲット。今回放流されてなくて非常に残念だった。

また行けばいいか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-フィッシング, ルアー, 管理釣りトラウト
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.