元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エサ釣り

神戸港にてウミタナゴゲット♪

投稿日:

春の海
今週は極寒週間になってしまったのでほとんど釣りをしていないのでとりあえず神戸で根魚でも狙ってみるかと行ってみた。

ちなみに夜釣りでチヌを狙ってみたらアタリはあるも即バレとか朝シーバスを狙ってみるとなんかわからん魚がヒットするも2秒ぐらいでバラしとかどうにもイグジストを買ってから魚が穫れない。久々に味わうニュータックルの呪いか?早く入魂したいんだが・・・。

まずは岸壁でライトワインドによる根魚攻略。

いつも通り港の壁を狙おうとワームを落としに行くとなんとそこはワカメ天国であった・・・。
護岸に生えるワカメ
岸から1メートルぐらい伸びたワカメが水面付近まで生えていてワームをちょんちょんやると全部ひっかかる。なんとやりづらい・・・。しばらくやるも魚が出てくる気配もないので移動。

テトラの中を狙ってみる。
穴釣りならどうなの?ってことでテトラに移動して穴を狙ってみる。
穴もワカメがびっしりで半端無くやりづらいのだがまぁしょうがないってことでやっていく。
案の定ほとんど釣りにならない。常にワカメが引っかかってくる。底まで沈めることもままならないし穴に魚がいるのかいないのかも確認できない。

もはや穴釣りやってる場合じゃねえレベルなので移動してストラクチャーを狙う。橋脚を狙ってみるがいつもいるような魚の群れが見当たらず潮もちょっと濁っていてベイトも確認できず。

なんか雰囲気的に昼間にルアー食ってくる魚いない感じがすごくしたのでルアー釣り終了。

この時期この場所はワカメを取りに来る方が釣りに来るよりも数倍楽しめるかもしれない・・・採りたてのワカメは美味そう。

兵庫突堤でエサ釣り

兵庫突堤
せっかく神戸まで来たのに手ぶらで帰るのはいやなのでおみやげをゲットしに行く。近くの釣具屋HIKARIで天秤と仕掛けとオキアミをゲットして兵突へ。
天気が良くて気持ちがいい。風は少し冷たい。

とりあえず、サビキ仕掛けにオキアミをつけて垂らす。

サビキにオキアミをつければコマセなんかいらないのである。

だが全くアタリがないまま1時間が経過してしまう。

これはやばいということでさらに下のおもり部分に天秤を取り付けガルプ「サンドワーム」とオキアミを取り付けチョイ投げ。サビキと投釣りのハイブリッド版仕掛け。究極の何でも仕掛けである。

チョイ投げでは全く反応なし。さらに一時間が経過する。

さすがに飽きてきたのだが天気も良くてなんか嫌される感じだったのでもう船を見に来たことにしようとひたすら船を見ていた。

そして14時過ぎぐらいにやっとあたり・・・。

合わせたが乗らなかった。
ただ、魚がいることがわかったのでちょっとテンションが上がり頑張ってみる。

棚が底よりも2メートルほど上であったようで少しだけリールを巻いて置いておくとあたりが出だした。

そして待望のヒット。
全然引かないけどウミタナゴゲット!!!!
ウミタナゴイメージ
見に来たおじさんはちっせぇ!と言っていたがこの時期のウミタナゴは激ウマなので羨ましかったのかもしれない。

その後あたりが連発するもどうも針に掛からないでアタリを逃しまくる。
そのうちアタリも全然無くなり上げてもエサが残るようになる。餌を残しても勿体無いのでエサを巻きまくってみる。

するとアタリが出だしてナイスサイズのウミタナゴをゲット!これはまぁまぁ引いた。食べごたえがありそうなサイズだった。

サビキの方の針ではなく投げ仕掛けの方の針にかかっていたところを見るとサビキの方のエサがうまくコマセの役割を果たしてナチュラルに漂う投げじかけの針に食いつくという理想的な仕掛けになっているのかもしれない。

その後ももうちょい釣りたいと頑張ってみたがアタリもなんにも感じないまま釣れた極小レベルのメバル(これはリリース)しか釣れずエサが切れたので夕マズメを待たず終了。夜から雨の予報だったので早めに帰宅。
極小メバル
ウミタナゴを早速刺し身にしてみたが噂通り冬のウミタナゴは最上級の刺し身。あと3匹分ぐらいは食いたかった・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-エサ釣り

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.