元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ライフ

シルバーウィーク「釣活」で読まれた記事

投稿日:

どうも!刺し身の下に敷いてあるドリップを吸うシートの正式名称がドラキュラマットだということを初めて知った釣活くんです!ちなみにソックスを買うと付いている銀色の金具はソッパスです!以上どうでもいい正式名称の話でした。

シルバーウィークが終わってしまって悲しい。俺みたいなフリーランスには休みとか営業日とかいう概念はもはや存在しないのだがこのブログのアクセス数的にはシルバーウィークがあったおかげで過去最高のアクセス数を叩きだしてくれたのでシルバーウィークはぜひとも毎年やってもらいたいものである。

いつもは釣り日記とか釣り豆知識みたいなブログなのに何でこんな記事を書くのか?という疑問を持つ人がいるかもしれないので説明しておくと友人がこのブログは毎朝トイレにいく時に見るからちゃんと毎日更新してくれと依頼があったからである。もしかするとそういう毎日更新をチェックしてくれている人が他にもいるかもしれないので一応毎日更新を目指していこうと決めたからである。

他の釣りサイトも最近は毎日更新しているし釣活も毎日更新釣りサイトを目指してみる。(ほぼ日刊釣活ということでよろしく)

ただ、ぶっちゃけそんなにネタが無いので今日の記事みたいな過去のコンテンツを紹介する記事が増えてくると思う。毎年ダイエット特集をやり続ける雑誌ターザン的な忘れた頃にやってくる手法でネタ切れを回避だ!

スポンサーリンク

シルバーウィーク読まれた記事ランキング

5位、ハゼクランク

今一番新しいルアーフィッシングターゲット言えばハゼ。これまでハゼをクランクで釣ろうなどという発想すらなかったのに実はめちゃくちゃ簡単にルアーで釣れてしまうというハゼを狙う釣りがハゼクラ。
引きとか全然大したことのない魚なのだが地味にハマる釣り。シーズン的にもこれからが本番なので今のうちにチェックと言う人が多いのかもしれない。

ハゼクランク詳細ページはこちら

4位、ライトジギング

ライトジギングは軽めのメタルジグなんかを使ってハマチやサゴシ、タチウオなんかを狙っちゃうお手軽な船のルアー釣りなのだがこれもこれからが本番。バスロッドなんかでも出来ちゃうので船釣り入門としては非常におすすめの釣りである。

ライトジギング詳細ページはこちら

3位、ヒラメのサーフゲーム

ヒラメをサーフで狙う釣りは男のロマン。広い海に向かってひたすらルアーを投げて超高級魚であるヒラメを釣り上げる喜びはたまらない。あのトルクフルなヒラメの引きに病み付きになる人も多い。私も千葉か茨城に住んでいたらひたすらヒラメを狙う日々を送るかもしれない。。。

サーフのヒラメ詳細はこちら

2位、ライトショアジギング

岸からメタルジグを投げて釣るショアジギングのライトバージョン。30グラム〜40グラムのメタルジグならギリギリ固めのシーバスロッドでも可能。このシーズンは青物が岸寄りを回遊することも多く岸からハマチやサワラ、カンパチ、サバなど多様な青物を狙えるのが魅力。沖堤などに渡ればチャンスも増えてブリサイズも狙えてしまったり・・・。

ライトショアジギング詳細はこちら

1位、タチウオ

タチウオは釣って楽しく、食べて美味しい最高の魚。関西地方では防波堤から気軽に狙えるターゲットで群れが濃い時には初心者にでも簡単に釣れてしまうのもいいところ。タチウオもこれからの魚なのだが最近は神戸から芦屋、沖堤各所で猛烈に釣れ始めており一気にアクセスが増えた。

タチウオ詳細はこちら

まとめ

このランキングには入っていないがエギングや管釣りトラウトなども急激にアクセス数を増やしているページ。秋は釣りのベストシーズンで荒食いモードに入った魚は何をやってもよく釣れる。やりたい釣りをやりまくるにはちょうどいいシーズンなのでぜひとも釣り場に足を運んで欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-ライフ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.