琵琶湖博物館へ行ってきた

   

琵琶湖に釣りに行ったついでに琵琶湖博物館というところへ行ってみたのでそのレポートブログ。

琵琶湖博物館というのは簡単に説明すると滋賀県の草津市にある博物館で琵琶湖の歴史・文化・生き物についての展示があったり多くの水槽があって淡水に住む生き物を見ることの出来る場所。周りには公園などもあり非常に大きな施設である。
詳細は琵琶湖博物館公式サイトでご確認を。

スポンサーリンク

平日の15時に行ったので駐車場はガラガラ。ただ、大型バスの駐車場は何台もバスが止まっておりどこかの小学生の社会科見学か遠足っぽかった。

博物館の方へ歩いて行くと、水路のような場所があり良く見るとウシガエルの小さい奴がお出迎え。
ウシガエル
食用ガエルとも言い成長すると500〜600グラムになる。比較的ポピュラーなゲテモノ食材。特定外来生物に指定されており飼育などは禁止されている。

たまにバス釣りやってるといきなりルアーに食いついてくる事があるヤバイ奴だが小さい奴はかわいい。

建物に入るまでの庭みたいなところも太古の琵琶湖をイメージした森作りになってたりして結構金がかかってる。

建物に入り入場料750円を支払い中を見る。

Evernote Camera Roll 20150529 215851

Evernote Camera Roll 20150529 215852
なんかイメージしていたのと違うものが置いてあったり思ったよりも展示物が豪華で驚いたりしながらまわる。
ちなみに人はこの付近には殆どおらず小学生がちょっといたけどすぐいなくなって昔の世界に取り残された未来人な気分を味わえた。

琵琶湖の湖底の発掘調査のところとか橋から小銭落としたとか刀とか落としたとかいうのが見つかっていて琵琶湖面白い。

水槽コーナーへ

ぶっちゃけ水槽コーナーだけを期待して入ってきたので待ってました!といったところなのだがさすがに凄い。

まさかトンネル水槽がいきなりお出迎えとは思わなかった。
トンネル水槽
ナマズやウナギ、フナに鯉とたくさんの琵琶湖で一般的な固有種が泳いでいた。

ちょっと衝撃的だったのが、口からなんかでてる鯰。よく見ると明らかに一緒に泳いでただろうフナのしっぽ・・・。相当な大きさなのに食っちゃったのかよ!ギョギョギョ〜
フナを食った鯰
暗くて画像が荒れてしまってるので見づらいが・・・。

トンネル水槽のあとは琵琶湖にいる魚を見ることが出来てタナゴにドジョウ、カメ、カモメなんかもいる。

鯰

Evernote Camera Roll 20150529 215854

エビ

もちろんブラックバスもいっぱいいる。

琵琶湖博物館のブラックバス
Evernote Camera Roll 20150529 205709
Evernote Camera Roll 20150529 205708
ブルーギルかと見せかけてサンフィッシュだったり。

琵琶湖にいたら怖いわって言うような海外の魚も展示されている。
Evernote Camera Roll 20150529 205711
チョウザメも巨大なのがたくさんいて凄い。
Evernote Camera Roll 20150528 220634

釣りをしていても中々じっくりと横から見ることはないからよく観察しておく。鮎なんかもいて苔を食う姿とかがリアルに見れる。こういう動きでコケを食うからルアーをダートさせる時はこんな感じでロッドアクションさせればいいかなとか釣り人目線で見てしまうのが職業病・・・。

ティラピアだったか何だったか忘れたけど完全に水槽の中でスポーニングしちゃって小魚がいっぱいいて親がそれを守っていたりなんか普通のきれいなだけの魚たちが泳ぎまわってる水族館より釣り人目線だと面白い場所かもしれない。

琵琶湖水族館もとい琵琶湖博物館は琵琶湖で釣りをしに来て朝マズメ終わって昼間釣れる気しないなあとか、カップルで釣りに来て朝マズメやったら完全に彼女が釣りに飽きてるという時にちょっと魚を見に行くのが楽しいかもしれない場所でした。

 -ブラックバス, ライフ

釣り用の車買うならガリバー!→●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

  関連記事

亀山ダムにて関東のバス釣りを味わう

関西のバス釣り仲間が神奈川に引っ越してきたので久々にブラックバスを釣りに亀山ダムへ行ってみた。 おか

嫁や家族に嫌がられずに釣りに行く方法

大体の釣り人が釣りに行く時、嫁や家族に嫌な顔をされたりするものだと思う。 釣りは趣味であり、遊びとい

秋のバス釣りイン一庫ダム

この前の合川ダムで悔しい思いをしたのでちょっと秋バスに会いに一庫ダムへ行ってみた。 一庫ダムは家から

なぜ赤い目のルアーがフィッシュイーターにこれほどまでに効くのか?

たまには役立つ豆知識でも書いてみることにする。 タイトルの赤い目のルアーの有効性についてだが、これは

対決!多摩川ブラックバス

最近暖かくなってきたので毎日多摩川ブラックバスを求めて繰り出している。 はっきり言って多摩川バスの最

お台場のガンダムを見るためにに80キロ走破!

念願のクロスバイクが届いたので話題のお台場ガンダムを見に行ってきた。

GWの思い出

世間では7連休だとか11連休だとか言われていた今年のゴールデンウィーク。 毎年この時期は割と自分自身

多摩川のラージマウスバスを釣る

絶対数が今ひとつ多くない多摩川のブラックバス。 今回はやっと釣れた。

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

無限釣りイン琵琶湖

先週琵琶湖へ行ってみたのだが高速使うと1時間で行ける事がわかり気軽な場所ってことで今週も行ってみた。

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
おすすめ!簡単で丈夫なノット(糸の結び方)動画まとめ

釣りで重要なのがノット(糸の結び方)で、ノットが悪いと最悪魚に切られて悔しい思いをすることになるし、

【技術革命】ドローンを使った釣りを考える

最近話題のドローンだが釣りに利用できないか?ちょっといろいろ考えてみよう。 まずドローンて何なの?っ

【格言】釣りは1に場所、2に道具、3,4がなくて5に腕(テクニック)

格言を紹介するコーナーです。 釣り歴が長い人はよくご存知の格言なんですが「釣りはイチに場所、二に道具

【釣り場紹介シリーズ】よく行く琵琶湖の陸っぱり出来る釣り場【バス釣り】

釣活くんがよく行く釣り場を紹介して自らを追い込む身を削る企画、今回は琵琶湖でよくバス釣りをする場所を

5月の琵琶湖調査へ行ってきた

Hi!I’m a Tsurikatsukun! 今回はちょっと琵琶湖の様子を見に行ってき

アブガルシアのシステムバックパックを買ってみた

ちゃーす!釣活くんです! 随分と久しぶりにツタヤに行ってみたら気になっていた「何者」って映画がDVD