元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エギング ショアジギ

2014長崎遠征最終日!佐世保の港でエソを奪ったけもの

投稿日:

展海峰の画像
なんだかんだで楽しめてはいるものの釣果としてはパッとしない長崎遠征初日と二日目。
最終日には何かでかいのが釣れるんじゃないかと気合を入れて初日にボイルが起こっていた佐世保の港へ向かった。

スポンサーリンク

朝6時起きで港へ

3日目となるとさすがに疲れが溜まり始めるので遅めの起床。
東京とは約30分の時差があるので夜明けは大体7時前くらい。ちょうど日の出時刻くらいに到着し釣り開始。

ちょうど満潮の少し前で前回来た時よりも潮位が2メートル近く高い。大阪湾では考えられないレベルの潮位差。
エギングでシャローに上がってきているであろうアオリイカを狙うが反応はない。

周りの釣り人を見ていると相変わらずアイゴ(バリ)を釣る人が多い。サゴシ狙いのショアジガーが何人かいるがいまいち釣れてる感じはない。
ボイルは前回ほどではないが単発で起こってはいる。小さな鳥山のようなものもある。

悪くはない状況だがアオリイカ自体がいるのかわからない。
墨跡は真新しいものがあり、夜に上がっていたのかもしれない。この時期暗い時のほうが釣れることが多いのだ。
ただ、ミラクルムーンが煌々と輝いていた明るい夜はそれほど釣れないのがセオリーだが昼間よりは釣れるだろう。

色々と動き回ってイカを探すもついてくるイカすら現れないとやる気にならない・・・。

テンションを上げるために根魚狙いにシフト

足元を攻めるライトワインド仕様のジグヘッドでちょんちょんやる。ラパラのアイスジグでも釣れるが根がかりが多すぎるので足元とか壁を狙うときはワームが一番。
ライトワインドについてはこちらにて

あっという間にアコウの子供ゲット♪
ライトワインドでアコウゲット
クーラーボックスがあまりに寂しいので持って帰って煮付けにして食うことにした。
その後、アラカブ(カサゴ)の子供を2匹ゲット。これは猫にくれてやろうと思って猫に差し出したが固そうだったからか全く興味を示さなかった。。

手前でアタリが無くなったのでアイスジグで投げてダートさせてみる。
いきなりエソゲット。
アイスジグで釣れたエソ
エソは本当にどこでも釣れる。
持って帰ろうかなと足元に落とすと猫がくわえて猛ダッシュで去っていった・・・エソは好きなのね。。
エソを奪ったケモノ
↑エソを奪ったけもの(茶色)

イッシーはその頃エサ釣りで何か雑魚を釣ってそれをエサに大物を釣ろうとしていた。

足元にはベラの大群がいたのでそれを釣るようだ。
カメラを沈めてみたがベラの大群に実はメバルが混じっとるw気づかんかったw

結局ベラをつけた仕掛けでは特に何も釣れていなかった。
運が良ければベラは中々のエサでアオリイカなんかもよく釣れる。

その後イッシーは例のごとくエソを連発するので私のクーラーボックスに小サイズを2匹ほど入れてもらった。
帰宅後ネットで見た方法でフライにしてみたが中骨さえ取って小骨はよく噛んで食えば普通の白身魚のフライとしていけることがわかった。
今回は中骨さえ取らずに噛み砕いて食ってみたけどさすがに中骨は硬すぎるから取らんとあかん・・・。
普通にうまいしこれからはエソは全部食うことにしようっと。
エソのフライの作り方ページ(外部サイト)

潮止まりから少しづつ下げ潮に変わり潮が動き始めた頃に隣のおじさんが延べ竿で余裕で20センチを超えるメバルを量産していく。エサは白魚のようだ。

でかいメバル釣りたいのでライトワインドで同じ場所を攻めるが反応なし!さすがにこの状況ではエサには絶対勝てんね・・・。

移動してワームに反応しそうな魚を探す。

堤防の先端の方でダートさせているとヒットと同時に一気にラインを出されてラインブレイク

何だったんだ?と足元をのぞき込むとシーバスがウロウロしていた・・・こいつやな・・・。
40センチ位だったが3ポンドのライトゲーム用ラインでは全く歯が立たなかった・・・。

悔しいのでエギングタックルでアイスジグを投入。ダートさせているとよっては来るが食わん。難しいもんだ・・・。
アイスジグはあっという間に根がかりして死に、ここのシーバスを狙うのを諦めた。。

反対側でワインドやってなんか釣ろうと足元もちょっと探るつもりで落としこむとシーバスが飛び出してきてワームへ突進!だが直前で見切って素早くUターンw素晴らしく賢いシーバスだな・・・。
ダートさせまくってスイッチを入れてやろうと頑張るがもう二度と反応することはなかった。

その頃後ろでは俺が諦めたシーバスを延べ竿でメバルやってたおじさんが移動してきて即ゲット!さすが。。でもメバルが良かったようで即リリースして場所を変えていった。

この後は釣れる気がしなくなってしまったのでとりあえず水中カメラで水中を覗いて遊ぶことにした。

堤防の構造が意外とすごくてびっくりしたり、意外とシーバスがいっぱいいてテンション上がったり。。
もう釣りより水中見るためにここに来たんじゃないかと思うくらい水中を見ていた。。

帰る時間になったので釣り終了!!
今回はミラクルムーンがミラクルを全部持って行ってしまったようで釣果に関しては全然ミラクル起こらずでしたぁーー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-エギング, ショアジギ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.