元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エギング ショアジギ 旅行 釣行記

初秋の四国遠征、香川県で釣る

更新日:

どうも!釣活くんです。

前回に引き続き、四国遠征2日目は香川県で釣りをしてみたのでそのレポートです。

スポンサーリンク

目が覚めたら0秒で釣り場

車中泊したので目覚めてすぐ釣り場到着状態。車中泊の素晴らしさはこれだよ。

ぶっちゃけ前日徹夜で高知行ったおかげで睡眠不足気味で8時間バッチリ車中泊で寝ちゃったからすでに朝6時すぎなんだけど曇ってるからまだ朝マズメだろってことで釣り開始。

釣り場はあの青物が釣れるショアジギングの管理釣り場で有名なソルトレイクひけた安戸池のそばの港。

港の内側でトップ投げてみたけど反応が無いので外側の砂浜の近くのゴロタ場付近でやってみる。朝マズメはシャローに上がってるだろってことと干潮だったのでチヌがトップで釣れそうってことでポップXを使う。

何かが出る。おそらくメッキかな?もしかしたらダツかも知れない。小さかったようなバイトだった。

沖はメッキがいるようなので岸と平行に通してみる。チヌってなんか岸沿いを回遊してることが多いから。

イメージ通り、ゴロタから1メートルぐらいのところをボゴッ!ボゴッ!って感じでアピールしながらロッド操作していると後ろから襲いかかる魚!昔ポップXで鯉を釣った時こんな感じで後ろから襲い掛かってきた。

ここは海なので確実にチヌ。合わせるとものすごい引き。ドラグが出まくる。もしかしたら真チヌで年無(50オーバー)かもしれないと思って耐えてたらブチン・・・。

完全にやってもうたの世界ですわ。

エギングタックルで秋の新子用の1.5号フロロリーダーだったんでやばいかもって思ってたのだが、さらにどこかのタイミングでリーダーに傷が入ってたのかもしれない。いずれにしろマジでやってもうたわ…。

ポッパーは一個しか持ってきてなかったのでペンシルに切り替えてやるもフグしか釣れず、朝マズメ終了
フグ画像
チャンスをものにするためにはタックルは万全を尽くさなきゃダメだよ・・・。フロロ2号なら取れてただろうし、傷をチェックしておけば取れてたかもしれない・・・。明らかにデカかっただけに後を引く悔しさ。

気持ちを切り替えてテトラの方でエギングをしてみると一投目からコロッケサイズのアオリイカゲット!
コロッケサイズのアオリイカ画像
香川での初イカゲットが嬉しい。

同じポイントで更に小さいアオリイカをゲットしたがその後はアタリがなくなる。

先行していたギャング釣り(引っ掛け釣り)の釣り人が帰ってしまって一人だけになってなんか寂しいので移動することにした。

徳島へ

家に近づく方面へ車を走らせて徳島の鳴門の方へ移動。鳴門と言えばボートレースぐらいしか思い浮かばないが言ってみるとなんかすごいきれいな観光地だった。
鳴門の景色
あの世界の名画の複製が展示されていることで有名な大塚美術館もあった。世界中の美術館に行かなくても有名どころは全部見ることが出来ると言われているところで、なんとなく一回行ってみたいなと思ってた美術館だ。今回は釣りなのでその近くの港で釣りをしてみる。

港には釣り人が多数いて、エギンガーも何人もいるし、ショアジガーもいる。これはいい釣り場なのか?と期待を膨らませルアーを投げる。

足元にはコロッケサイズのイカが群れで泳ぐのが見える。ただし、あれだ、限りなく透明に近いホワイトで食い気ゼロだ。

足元にはおそらくさっき釣られたであろうスミ跡が残っているので先行者がここで釣って他のイカが警戒モードに入ってる感じだ。

足元のイカは無理っぽいので潮に乗ってきた回遊型を狙おうとエギを遠投する。気づいたがここの水深はおそらくエギが届く範囲で20メートルぐらいありそうな深さだ。超急激に深くなっていて鳴門の速い海流を受けてものすごくエギングがしづらい…。

特に反応もないのでショアジギに変更。足元には豆アジが群れているのでもしかしたらそれを狙って何か大物が回ってくるかもしれないという期待でメタルジグを投げまくる。もちろんジグサビキも搭載している。

底からしゃくりあげたり中層を通したり、表層狙いをしてみたりといろいろやるが反応ゼロ。まず、ざわめきみたいなのが全くない。鳥も飛ばないし、見えている豆アジは流れてくるプランクトンを食って落ち着いている。

周りには10人ぐらい釣り人が色々な釣りをしていたが豆アジを釣ってる人以外誰も何も釣らない。エギンガーなどは早々に帰っていく。まぁまた入れ替わりでエギンガーが来るので相当いいポイントなのだとは思う。十分な水深と良い潮通し、大物がいつ釣れてもおかしくない場所だと感じる。

ただ、この日は完全に駄目な日に来た感じしか無く、頑張っても昼間は難しそうなので11時ぐらいに釣り終了として帰路についた。

今回の高知、香川で初フィッシュをゲットしたので四国は埋まった。
魚を釣ったことのある場所マップ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-エギング, ショアジギ, 旅行, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.