元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

釣行記

武庫川でサヨリングを楽しんできた!

投稿日:

どうも!久しぶりに競馬でプラスだった釣活くんです。

来週は秋のG1レース開幕戦スプリンターズステークスを見に中山競馬場へ行く予定です(*^^*)

今回は友人ファミリーがハゼ釣りを教えてほしいということだったので近所の武庫川へ行ってきたレポートです。

スポンサーリンク

満潮の武庫川で釣り開始

朝9時頃から一番下流のところで釣りを開始する。釣り人は他にもいたがそれほど多くはない。

友人は投釣りをやっていた経験があり、大学時代から一緒に釣りに行ったりしていたのでハゼ釣りの仕掛けぐらいは理解してると思い、仕掛けと餌については任せていたのだが失敗だった・・・。

まさかウナギのブッコミに使うような重い重りを持ってくるとは…。ガチの投釣りならそれでもいいがターゲットはハゼでちょい投げで狙うべきターゲットなのでオーバースペックになり、確実にアタリがわからない…。俺の書いたハゼ釣りページを送っておけばよかった…。ベストな重りの重さは2号程度である…。

これは厳しいなと思っていたが足元を見てみるとサヨリがうようよ泳いでいるのが見えた。

ハゼ釣りは友人ファミリーに自由にやってもらうことにして私はサヨリをちょっと釣ってみることに。

サヨリという魚は非常にルアーでよく釣れる魚でサヨリングの名称で親しまれている。詳細は昔書いたページを参照して欲しい。

完全フカセで狙ってみる

足元にサヨリが居るのが見えているのでこういう時は重りやウキを使う必要はなくノーシンカーでワームを付けて流せばいい。

たまたまハゼクラ用のボックスに何の時に入れたのかわからないワームが一本だけ入っていて針も袖針が一本だけ入っていて超ラッキーな感じでそれをセットして釣り開始。

想像通りサヨリはワームに好反応で必死で食ってくるのが見える。ただ口が小さいのでなかなか食い込まずに乗らない。これがまた焦らされてたまらなく面白い。もう針まで食ったかな?と合わせても乗らない!なんという難しさ。

ただ流すだけでも釣れるのだがロッドアクションを入れると反応が良くなるのでトウィッチングで誘う。するとなんか小さな魚が下から襲い掛かってくるのが見えた。

なんだろう?と思ってトウィッチでその魚を狙ってみると釣れたのがコトヒキの幼魚。
コトヒキの幼魚
武庫川でコトヒキ釣ったの初めてなような気がする。こんな魚も居るのか・・・。

この後コトヒキの幼魚連発だったが潮の流れが変わり群れが消えた。サヨリはまだ居るのでサヨリを集中して狙えるようになった。

ワームをちぎって食い込みを良くするとヒットするようになる。
ワーム
バラしたりしたけど2匹あっさりゲット。
サヨリ
ヒットするとジャンプして暴れまわるので引きは特に無いけど面白いファイトは出来る。
サヨリ画像
食い込みが良くなったとは言えワームなのでそんなにあっさり釣れまくるということはなく食っては来るが乗らない感じが病みつき。

友人ファミリーはブッコミ竿を並べているけど多分その状況ではハゼじゃなくてチヌとかセイゴとかが釣れるような感じがする・・・。

子供はこんなブッコミざおを眺める釣りよりもサヨリ釣りのほうが楽しいんじゃない?とサヨリ釣りをすすめる。流石にワームだと釣れにくいのでハゼ用の石ゴカイを浮き下30センチのウキ釣り仕掛けでやってもらうとすぐにヒット。子供でも餌を使ったウキ釣りなら簡単に釣れるサヨリ。

この後は潮が止まるまでサヨリングを楽しんで終了。

途中ハゼクラもやってみたけど潮位が高すぎて底を叩ききれず追ってきてるのが見えるもののヒットまで至らなかった。隣に来たおじいちゃんは短時間であっという間に20匹ぐらいゲット。やっぱり仕掛けはタル重り2号を使ったズル引き仕掛けだった。

おそらくハゼ用のちょい投げ天秤仕掛けを使えば簡単に釣れていたとは思う。なにせ足元にうじゃうじゃいるのが丸見えだったからな…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.