元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エサ釣り 釣行記

【早朝】ポートアイランド北公園で秋の釣り調査【サビキなど】

投稿日:

どうも!釣活くんです。

最近急激に秋っぽくなりましたね。秋の釣りが完全に始まってるような気がしたので調査しに行ってみました。

スポンサーリンク

ポートアイランド北公園、朝5時すぎに満員

月曜日の朝だしそんなに人居ねえだろうって思ってたら大間違いで朝5時すぎで駐車場がぎっしり

釣り場の方へ行ってみたが堤防はほぼ人で埋まっていた。

タチウオのウキが並び、もはやルアー釣りなど不可能レベルである。トラブルになるのが見えているので足元でサビキ釣りをすることにした。

少し明るくなってきたタイミングでサビキを開始すると鰯の群れが回ってきた感じ。これは釣れそう。

と思っていたら隣で一緒に釣りを開始した友人のタチウオ仕掛けにヒット!一投目でタチウオ小サイズをゲットしていた。隣の隣ぐらいに居た人にもタチウオ中がヒットしていて、ちょうどいい時間にきたのか?と張り切ってサビキを動かすとアタリ。

予想通り表層でウルメイワシの小さいのが釣れる。

ということは底にはアジがいるかも知れないと沈めて底で竿を上下させるとイワシよりも少しいい引きが来てアジゲット!20センチ弱の中サイズ。

ここからはアジが5連発ぐらいしてそこそこ楽しめたが急激にアジが居なくなりイワシばかりになる。

足元をよく見ると50センチぐらいのシーバスがイワシを食っているのが見えたのでこれはノマセで釣ったろうと釣よか動画に出てきたノマセ仕掛けを試す。と言ってもデカめの針を釣れたアジの背中につけて足元にぶち込むだけのシンプル仕掛け。ドラグをユルユルにしてヒットするまで竿を置いておく感じ。

見ていると泳がせたアジがめちゃくちゃ何かを警戒して逃げたがっている。これはシーバスがロックオンしとるなと思って集中していたがアジのすぐそばまで出てきてUターン・・・。シーバスは中々警戒心が強かった。

でもそのうち何かのタイミングで食うだろうとほっといてイワシを釣る。もうこの時間になるとイワシはエサ無しでも全部の針にヒットするぐらい釣れまくる。

飽きるまでイワシを釣ったが多分50匹以上は釣った。それ以上は食いきれないのでリリース。

堤防の内側にもなんかいるかな?と思ってサビキで攻めるとサバとイワシが釣れた。外側とほぼ同じ状態。

堤防のギリギリのところを攻めてみるとチャリコが連発。引きが中々良くて楽しい。チャリコを狙ってさらに際を攻めたらカサゴが三連発
カサゴ画像

ノマセ仕掛けのアジがすごいことになってるって友人に呼ばれて見に行くとアジがものすごい動きでシーバスの攻撃をかわしている。なんというすごい状況。

シーバスはアジにタックルをするが中々食いつかない。ただ、興奮状態なのでこれは食うなと思って見ているとついに我慢の限界だったのか食いついた。ドラグが滑り沖へ糸が出ていくのを確認し、合わせの体制に入る・・・離しやがった・・・。しまった・・・あれは興奮状態に入った時に竿を構えてスタンバイしておくべきだったわ。違和感を感じて吐き出しやがった・・・。

タモまでセッティングして待ってたのに完全にミスってチャンスを逃した…。それにしてもノマセ釣り面白いな。足元だと丸見えだから興奮度が高いわ。

ダツフィーバー

この後も周りは今ひとつでアジの大きいのを隣の人が1匹上げた以外は本当に静かなものである。

フィッシングマックスの釣果情報ではそれなりに釣れていることになっているが現実は今ひとつ…。サゴシなんてどこで釣れてたんだよってぐらい気配すら感じなかった。もちろんナブラなんか一度もなくルアーを投げる気分にもならない。

ただ、一種類だけやたら騒いでいた魚種がいた。それがダツだ。

60センチぐらいの細長い魚が盛んに表層で暴れており小魚を食っているようだったのでペンシルベイトで攻めてみると食ってくる。それもたくさんの魚が奪い合う形で食ってくるのでめちゃくちゃ面白い。

ただしあのくちばしではペンシルを食えないようで全然乗らない。小さめのメタルジグにすれば乗るかな?ということでメタルジグを表層巻きで使うと同じようにダツが襲い掛かってくる。これは楽しいがとにかく乗らない!メタルジグでもそう簡単には乗らずルアーがアタックで弾き飛ばされてしまう。

しばらくやってやっとこさヒット!
ダツ画像
歯だらけの細長い魚ゲットである。

この魚を釣り上げたあともしばらくダツゲームを楽しんだものの結局乗ったのはこの魚だけで日が高くなってくると沈黙となった。

神戸港、ポートアイランド北公園調査報告まとめ

フグ画像
日曜日の釣果情報ではサゴシとかタチウオとかがフィーバー状態で1人で何本も釣れている感じであったが月曜日はぶっちゃけかなりしょぼい感じだった。一番手応えがあったのはフグ・・・。

ただ、足元を泳ぐ小さなアオリイカを見たり、サンバソウの群れを見たり確実に秋の海になりつつあるのは間違いない。まだシーズンの始めなのでムラがあるのかもしれない。

人が多すぎて朝マズメは平日でも相当早めに行かないと場所が確保できない可能性があるのでその点は注意が必要だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-エサ釣り, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.