元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タコ 釣行記

猛暑の昼間にでかいタコがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

投稿日:

どうも!釣活くんです。

梅雨明け発表されましたね。私の中ではとっくの昔に梅雨なんて終わってましたが…。

今回はまたタコを狙いに泉大津方面へ行ってみたのでそのレポート。

スポンサーリンク

タコは真っ昼間


私の中ではタコは馬鹿みたいに暑い日の真っ昼間が一番釣れる気がしているので10時ぐらいに出発。

暑すぎて車のクーラーガンガンにしたら腹が痛くなって泉大津のマックスでトイレを借りる。ついでにタコやんと他ちょっとルアーを買っといた。このタコやんが奇跡を起こすのである。

前回タコを釣ったスポットへ行くとタコアングラーが何人か並んで釣りをしている。足元を見ると恐らく誰かがそこをズル引いて引っ掛けたであろう色々な残骸が散らばる。

ぶっちゃけこの人数が平日の昼間にタコやってるってことは朝夕とか休日とかもう無茶苦茶攻められまくってほとんど釣り尽くされてるんじゃないか?とは思うが回遊タイプのタコが一定数回ってくると信じてルアーを投げる。

前回隣のおじさんがタコベイトをつけて連発してたのでダイソーで買ったタコベイトを装着しておいた(上の画像)。効果あるのか知らないけど。ぶっちゃけ飛距離は落ちる…。

タコーレを中心に投げるが特に反応はない。マックスで買ったタコやんも使ってみるがいまいち反応はない。

1時間ぐらいやるが重くなってこれはタコか?って思って上げてきてもほぼゴミ。

タコエギとビニール袋。ビニールに関しては結構タコの重さに似てるのでガッカリ感がハンパない。

流石に釣れる気がしなくなってきたのでこれは回遊魚を狙って貝塚人工島へ行くか、それともマックスでアミエビ買って足元に大量に群れている豆アジを釣っておみやげにするか悩んだ結果、別のタコスポットへ行ってみることにした。


この別のタコスポットも前回マックスでおすすめされたけど結局行かなかった場所。

どうせ釣れないだろうけど様子だけ見とくかという感じで行ってみるとタコ釣りっぽい人があまりいない。これは釣り尽くされてないかもしれないというのと、水の色がなんかタコが釣れそうな色だったという理由で釣り開始。

この場所は風が通らない場所でマジで死ぬほど暑い。とにかく1時間で熱中症になるなと感じるレベルで暑く、先行者の老夫婦は入れ違いで帰られたし、他の釣り人も続々帰っている・・・。

とりあえず残ってた水を飲んで限界まで頑張ってみようとルアーを投げる。根がかるかどうか気になったので根がかりにくいらしいタコやんをチョイス。

数投投げてズルびくが特に反応はなく、根がかる場所もないようだ。

微妙だなと思いつつも投げ続けていると猫が見に来た。残念ながらエサは何一つ無い・・・。しばらくすると去っていったw

水面にはイナッコが数匹泳ぐほか、ダツの稚魚っぽい魚がウロウロしている。サヨリも混ざっていたかもしれない。

もう限界だな、とりあえずクールダウンしないと熱中症なりそうだわ・・・コンビニで氷でも買おうかと思った時になんかグッと重みを感じたので合わせてみる。

ん?めっちゃ重いぞ。ゴミかタコか?とりあえずどっちかわからんから一気に上げとこうって感じで巻き上げてきたら姿が見えた。タコや・・・でかい。

力を込めてぶっこ抜いたのがこのタコ。超満足サイズ。くそあつい中何時間も頑張ったかいあったわ!!って感じの獲物にも大満足。

この後も少しだけやったけどタコやんが足元で根がかってブチ切れるし、やっぱり暑くて無理ってことで熱中症になる前に終了とした。周りのサビキの人は20センチぐらいのサバを釣っていた。

暑いけど暑い時にこそ釣れるのがタコ。夏の昼間は熱中症に気をつけながらタコ釣りに行ってみるのをおすすめする。

ヒットルアー

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-タコ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.