元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エギング 釣行記

明石の夏の風物詩、ライトケンサキ大爆釣!

投稿日:

どうも!コメダ珈琲で昼飯を食うと大体夜ご飯が食べられなくなる釣活くんです。

みそカツサンドでかすぎませんか?あれはシェアして食う食べ物ですね…。美味いけど毎回後悔します。

今回はちょっと最近釣れ始めているというライトエギングで狙う明石のケンサキイカを調査してきました。思わぬ大爆釣になったレポートです。

スポンサーリンク

午後7時30分頃現地到着

ポイントは明石周辺。人が増えすぎるのもあれなんで一応ぼかしておきますがこのブログの読者なら「どうせあそこだろ」ってわかると思いますw
毎年同じところばっかり行ってるので。

車は多かったのでポイントが埋まってるか心配だったのですが割りと空いてました。まだそれほどケンサキ情報が出回って無くて釣れてる人でも2桁行くかどうかぐらいな情報が多いからかな。

早速釣りを開始する。仕掛けはいつものスッテとエギがセットになったやつでエギは実績のナオリー2号グリーンカラー。
参考ヤマシタ(YAMASHITA)ナオリーセットダブルチャンス
icon
とりあえず様子を見ようと前に投げてシャクってフォールさせると手前の方でアタリあり。当たったら送り込むと乗ってくる事があるので送り込んで3秒ほどフォールさせてシャクリを入れてみると乗っていた!

なんと1投目でゲットである!こんなこと初めて。
ケンサキイメージ
最初の一杯はアシストにかかっていたが全体的にアシストでかかることはあまりなく9割ぐらいはエギの方に乗っている感じだった。

このライトケンサキは3年ほど通っているがいつも大体微妙な感じで一投目からかかることなどまず無かった。

今日はいい日に来たのかなとイカをクーラーボックスへ入れて2投目。

先程あたりがあったところを通す時に集中すると完全なるイカパンチが来たので合わせたが乗らず流して次のアタリを待つとなんか重くなったので合わせる。2投目もゲットである・・・。

え?こんなに簡単に釣れていいの?そんなに釣れている情報なかったで?このペースでいったらあっという間に2桁いくで・・・。

3投目とか4投目とかもアタリ有りで乗らずだったがなんか中層よりも表層の方が当たるみたいなのでエギをワンランク軽くしてこれも実績エギ1.75号の乱舞でやってみる。ピンクバックの夜光カラー。
参考ハヤブサ(Hayabusa) 超動餌木 乱舞SS
icon

もうこのエギが超ベストマッチしてしまいこの後は怒涛の入れ食いモード。
ケンサキイメージ
しかもどうやら足元に溜まっているらしく5メートル以内でバンバン釣れる。風がかなり強くなって小さなエギでは無茶苦茶やりづらい状況だったが足元で釣れるのでなんとかアタリが取れる感じでもう途中からアタリとかじゃなく勝手に釣れてる感じになり始める。

シャクって、フォールさせて5秒待ってまたしゃくるで乗ってる。こればっかりで5秒フォール乗ってるモード突入。
キープが増えていくクーラーボックス
途中潮が止まったりしたタイミングは全くアタリすらなくなるが潮が動き始めるとまた連発モード。

イカ墨だらけ
スミだらけになっていく手・・・。タオルは持っていったほうがいい。あと服は汚れてもいいのを着ていったほうがいい。(逆に私は白いシャツにスミをつけるのを楽しんでいるがw)

群れも時々移動しているらしく、手前で反応が無くなったなと思ったら沖に投げてみると釣れる。表層がだめになったらフォール時間を15秒にしてみると釣れる。

そんな感じでちょいちょいパターンが変わったりもしたけどもう3年もここに通いこんでるおかげで釣り方がだいたいわかってるので対応出来まくり釣れ続ける。

こんなに長い間巨大な群れが足元に溜まってるって状況今まで無かったなと思いながらここぞとばかりに釣りまくり、刺し身・ボイル・バター焼き・・・とどう料理しても美味いだろうと翌日の料理に思いを馳せる。

ただ、2時間近く釣れっぱなしですでに目標としていた30杯は軽く突破している状態となる。

こうなってくるともはやこの釣りは釣りではなくただの漁でありエギを投げて沈めてシャクってイカを巻き上げる作業になってくる。

流石にもう飽きてしまったのであと10杯釣れたら帰ろうとカウントダウンを始めてあっという間に10ゲット完了・・・本当に一晩中やったら100どころじゃない数釣れとるで・・・。

周りの人の状況は釣れてるには釣れてるけどぶっちゃけ私のような5連発とかの入れ食いモードって感じでもなくポツポツ釣れてる感じ。多分この釣り初心者なんじゃないだろうか?それでも1時間やれば2桁は軽く突破出来る感じでは釣ってたけど。

脅威の2時間ちょいで51ゲット

51杯のイカ
家に帰って数えると予想ゲット数50杯と誤差わずか1杯の51杯ゲットであった。50は釣ったと思っていたがピッタリとはなw

サイズに関しては小さいのが多いけどそこそこサイズも数杯混じっている感じなので大きいやつは刺し身でいただこうと思う。

今年はなんか釣れてる情報少ないけれどちょうど今日から大爆発し始めたのかもね。情報無くても行ってみるもんだなぁ(*´艸`*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

メッキというのはジャイアントトレバリー(GT)の子どものことでカスミアジやギンガメアジの子どもの総称である。 一般的に秋ごろから初冬ぐらいまで日本各地で釣れる。基本的に南の魚であるため黒潮の影響を受け ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-エギング, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.