元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ブラックバス

無限釣りイン琵琶湖

更新日:

先週琵琶湖へ行ってみたのだが高速使うと1時間で行ける事がわかり気軽な場所ってことで今週も行ってみた。

場所は先週と同じ南湖の東岸の公園。
先週見つけたブラックバスはまだいるのか?

スポンサーリンク

曇りなのか晴れなのか?

微妙な天気で熱いのか涼しいのかよくわからないけどちょっと暑い感じの午前中はほとんど反応無く時間だけが経過・・・。

伝家の宝刀スウィーパースティックを使うと後ろからついてくるものの食いつくこともなく、前回のパターンであるロングステイも不発。

どうにもこうにもやってられないぐらい反応がないのでフリックシェイクを使ってみたら普通に小さいのが釣れた。
フリックシェイクでバスゲット
とりあえず坊主を逃れて一段落。

少し移動してベイトタックルで巻物をし始めるが風が強くなってきて藻が流されてきてほとんどゴミが絡んでくるため巻物はまともに釣りが出来ない・・・。

しょうがないのでワームでネチネチするためにちょっと休憩がてら釣具のブンブン大津店で大きめのワームを購入。

インチワッキーにリグってキャストしてたら沖でボイル発生。中々のサイズっぽいのでちょっとテンションが上り思い切り遠投しようとしたらインチワッキーでは初速に耐え切れずワームがハズレて残ったジグヘッドが水中に突き刺さり再起不能レベルのバックラッシュ・・・。

スピニングタックルは予備持ってきたんだけどベイトタックルが再起不能になるのは予想していなかった・・・備えあれば憂いなしやで・・・。

しょうがないのでワームでやるかってことで海で根魚釣る時によく使うライトワインドをやってみることに。いるのはわかっているのでスイッチを入れてやれば釣れるんちゃうか?というイメージ。何それ?って人はisseiのハネエビを参考にして欲しい。

キャストして一投目でハスゲット。
ハス
結構ナイスサイズだったので引きは良かった。

ハス釣りもありやな。ハス狙ってみるか?

で、同じやり方で同じ場所狙うとバスが釣れる・・・。
ライトワインドでバス釣り
狙うと釣れないもんやね。

ここからはバスとギルがライトワインドで入れ食い状態。
ブルーギルも
ライトワインドでバス釣り

image

バス

バス
ちょっとスレるとポイントを変えればまた釣れるポイントを休ませればまた釣れるという無限釣りが始まる。

ちなみに使っているワームは「マリア(Maria) ママワームソフト ダートスクイッド 1.5インチ」ってやつ。素材が伸びる素材で丈夫なのでどれだけ釣ろうがちぎれたりしないので超経済的。

ライトワインドで2桁軽く釣ったもののライトワインドじゃまぐれでもデカイの食ってこないわと思い、スウィーパースティックへ変更。

風が強くなってからは活性が上がったのか午前中あれだけ見切られたのにガンガン食ってくる。これもチビばっかりだが入れ食い状態。
image

image
入れ食いが楽しめて嬉しいのだがさすがに同じパターンばかりやってるとスレてくる。

これだけ活性高かったらトップウォーターでも行けるんじゃない?とレッドペッパージュニアにチェンジしトップで狙うと飛び出してくる。ただ、乗らない。しばらくやってやっと乗ったのもそれまでに釣れていたサイズだった。足元バラシで写真は取れず。。。

トップやってたら中々サイズ(チビの中では)がついてきたのでフォローにスウィーパースティックを使うとガツンと食ってきてゲット。
バス
これだけ釣れるとチビでも楽しい。青野ダムとか千刈バックウォーターとかチビなのにスレ切ってて一匹釣るのに必死だったのにね・・・。

夕まずめは早めに終わり17時半ぐらいから何処かへ魚が消えてしまったので終了とした。ベイトタックルが生きていれば西岸へ移動してマキマキしに行こうと思っていたのだが残念ながら今回は小バスのみの釣果となってしまった。

【釣り用の車を買おう!】●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-ブラックバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.