琵琶湖ブラックバス勝負!

   

どうも!実家の新車を思い切りこすってダメージ処理を施しておしゃれなジーパン風にしてしまった釣活くんです!

今回は旧友と琵琶湖でブラックバス対決をしてきたのでその模様を報告です。

スポンサーリンク

下調べは万全に

久しぶりの琵琶湖だし、なんだかんだでそこそこの金を使うことになるので貧果にならないように下調べを万全に整えることにした。

私の琵琶湖調査に使っているサイトは以下の通り。

琵琶湖リサーチTV
ブラッシュ
琵琶湖バス釣り研究室

情報によると台風で放水量が増えたけど最近雨が無いので放水量は低下傾向とのこと。ローライトなら岸際で釣れるし、晴れればメインチャンネルをライトリグという感じ。

事前の組み立てとしては秋なので巻物から入ってダメならライトリグでやろうかと言ったところ。

朝3時30分起床

23時には布団に入って体調を万全に。寝れないかな?と思ったけど私の場合寝付きだけはのび太の次にいいみたいで即深い眠りに。ただし、朝は3時過ぎに目が覚めて予定より早く起きてしまった。。。

友人と合流して琵琶湖までGO!ドライブアゴーゴー!!で特に渋滞もなく琵琶湖到着。予定通り5時18分ぐらいに到着した。

5時30分ぐらい出船

もう一人の友人と合流し、3人で支度を済ませて出船。今回のボートは友人が船舶免許を持っているおかげで90馬力〜素敵〜俺も船舶免許持ってたほうがいいような気もするけどどちらかと言うと理想とする釣りスタイルは村上晴彦氏のような岸釣りスタイルなんだよなぁ〜まぁボートも便利だけど免許不要艇もあるしなぁ。。。

ポイント到着。東岸某シャローエリア。

ウィードエリアのバスを狙っていく釣りだがウィードが水面まで頭を出している場所なので普通のルアーを投げることが出来ない。フロッグかワームオンリーになる。
ペラにウィードがはまるのでバズベイトすら引けない。こういうところは朝一バズベイトで出まくるんだが・・・。

何にしようか迷ってスイミング型のラバージグを使ってみたがシャローじゃ普通に沈みすぎ・・・。

そんな状況で今回タックル12本持ってきた方の友人がグラビンバズでヒット!
幸先良く40クラスのバスをゲット!

まずい・・・こういうパターンになると毎回一人で釣りまくって釣果がかたよるパターンのやつや・・・。真似しても自分のリズム崩れて全然釣れへんパターンを何度も味わってる・・・リズムが違う人の釣りをパクってもアカンときはアカンからやばい・・・。

と思ってわざと同じグラビンバズを避けて別のワームで表層を引く。カーリーテール系のワーム。友人はシャッドテール系でグラビンバズをやっていたから。

結局、俺の思惑は真逆の効果を生み、友人2人はグラビンバズで朝一のフィーディングバスを釣りまくり、俺だけノーバイト・・・。

徐々に釣れなくなり始めた頃、俺は原点に戻りスィーパースティックを使い始めた。
今年の琵琶湖陸っぱりではこのワームだけで豆から40オーバーまで相当釣ってる。アクションも体に染み込んでるので俺の武器はこれしかない。

そこからは怒涛の追い上げで豆バスを鬼釣り!
豆バス
何故か大きめの魚が全然釣れない!30センチがこんなに遠いか?ってぐらい遠い・・・。

今回3人でトーナメント方式のバトルをしたのだが基本ルールがリミット5匹の総長さ勝負。豆バスでも5匹揃えれば50センチオーバー釣った奴に勝てるという豆ハンターの俺にピッタリのルール。あっという間にリミット達成で入れ替えを目指す。

ただし、この日の琵琶湖は軽く5本なんて誰でも達成できる状況。豆ハンター危うし!

友人のアイディアでお助けカードってルールを作り、プラスポイントとかマイナスポイントとかリミット枠増えるとかハードベイトなら2倍とかそんな感じでなんか無茶苦茶になってきて最終的にリミット枠が増えなかった俺だけが5匹リミットで戦うことになる・・・。

その後東岸をウロウロしながらデカイバスを狙うが中々うまく釣れず、沖の浚渫で俺が27センチをワッキーリグで追加したぐらいの釣果。
琵琶湖バス

なんだかんだでシャローエリアが良いようで釣れなくなったらまたシャローに戻るってのを繰り返す・・・。でも昼間は結構天気が良くてデカイのは反応がない。釣れても小さいのばっかり・・・。

北山田沖で友人のジャークベイトにドカンとなんかが来たものの乗らず。あれは多分相当でかかったと思う。波紋が凄かった。

木浜のあたりでプチフィーバーがあって割りと楽しめたりしたものの昼間は今ひとつ。

徐々に日も傾き、風も出て雰囲気が良くなる。

最後に朝一のフィーディングエリアに行ってラストチャンスを狙う。ここで釣歴が長い割に今回もすべて借りるスタイルで釣りをする友人がグラビンバズではまりまくり連続バイト!ただし連続バラし!特別ルールでバラシはマイナス30点で連続バラシでマイナス60点!うち1本は豪快なジャンプをしたが見た感じ下手すりゃ40超えてるんじゃない?ってレベルの魚。だがメイクミラクルで一躍最下位に転落!リミット枠の少ない俺にもチャンスが出てきたが俺もバラしてマイナス30点wwwスイーパースティックだった。
豆バスゲット画像

段々とパターンがわかってきてデカイのを狙う免許持ってる友人はデカイワームでグラビンバズやるも反応がない。小さい方のワームでグラビンバズやってる方が連続バイトなのにもかかわらず。

ということで、俺もスイーパースティックをミニのほうにチェンジしてワンチャン狙う。ワンチャンあるでーボートを1時間延長してワンチャン狙うよー。

でも意外と延長した1時間は淡々と過ぎていき、あと15分ぐらいになってそろそろ終わりか?と思った時にちょっとしたフィーバーが起きて俺のスイーパースティックにもついに33センチの普通サイズが!!!
普通サイズのバス

ということで、最後の最後まで結構エキサイティングなバトルになって混戦模様の釣りバトルだったが結果、タックル12本兄さんが一位、レンタルタックル兄さんが2位、俺3位という結果でございました・・・。まぁ妥当だよ・・・。33センチ最大の俺が勝てるわけがないわ・・・。

ボート屋のお兄さんに釣果報告をすると「え?今日みたいな釣れる日に船中40センチ台1本の貧果ってありえなくね?」みたいな顔されて「他のお客さんは60センチとか釣れたんですけどねぇ・・・」とのことでした・・・。

秋の琵琶湖、釣る人はデカイのたくさん釣っているので頑張ってデカイの釣りましょう!

まぁ豆バスばっかりだったけどそこそこ楽しめたので良かったけどね。

今回のヒットルアー

他TDミノーなど。

 -ブラックバス

カンタン!ガリバー廃車見積サービス

  関連記事

激渋!GW琵琶湖釣行!

琵琶湖へ超ビッグバスを狙いに行ってきた! 朝6時に出船。 今回は90馬力のバスボートをレンタルして本

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング

運が悪かった・・・高滝ダムでのブラックバス釣り

最近シーバスばっかりやっていて言わばカレーライスばっかり食べている状態になっているのでたまにはラーメ

夏開始の多摩川でスモールゲット!

憂鬱な梅雨がついにあけて夏開始。 ものすごい炎天下だけどゴー! 朝は予定があったので昼12時前くらい

2012年多摩川ブラックバスの状況

多摩川のブラックバスの状況をちょっと紹介しておく。 2008年くらいから入間川や小貝川、多摩川でスモ

I字系で釣る琵琶湖バス

どうも!最近かなり夏に近づいている感じがしますね・・・今年の夏は過去最高の猛暑になる確率9割らしいの

GW琵琶湖の60センチバスを捕獲セリ!

どうも!腕から一本だけ長い毛が生えている釣活くんです。 今回はゴールデンウィークということで友人たち

新ポイント開拓中(`・ω・´)

メチャクチャ風が強くてどうしようかと思ったけどだめもとで多摩川バスを釣りに行ってきた。

プリスポーン多摩川スモールマウスバス!

前々日、東日本大震災が発生し、私も赤十字に募金を行なうことを決めた。まだ、赤十字側で手はずが整ってい

スモールマウスバスを求めて多摩川を遡る

多摩川のほとりに住む者として多摩川でルアーを使って釣れる魚はコンプリートしておきたい。 鯉、ナマズ、

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
旅行や出張先で釣りをする!パックロッドの基本知識

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行

レイバンのサングラスをタレックスのレンズと交換してみた

どうも!パソコンの不調に悩まされていた釣活くんです。 不要なソフトを消したら直りました!マックミニ買

トラウト用のスプーンを自作してみた

どうも、車を頑なに洗わない男釣活くんです。暇な時に雑巾で拭くぐらいにしてます。隣の駐車場が出入りの多

琵琶湖の近くの管理釣り場アクアヘブンへ行ってきた

どうも!最近パソコンが壊れ気味の釣活くんです。 使い始めて4年目を迎えているMacBook Airで

このままでは釣りはオワコン化する

どうも、釣活くんです。 今回はちょっと釣りがオワコン(終わってるコンテンツ)という未来が見えてしまっ

【必読】釣れない魚を釣るためのルアー釣りのコツ

ルアー釣りって難しい。プラスチックの塊を釣り人が動かして命を吹き込み魚を欺いて釣るのでエサ釣りのよう