2014年多摩川バスシーズン開幕!スモールは順調に成長中!

      2014/06/12

3月になり、ブラックバスのプリスポーンが始まる季節になったので多摩川の状況を確認しに行ってきた。

スポンサーリンク


午後から釣り開始。

いつもの登戸周辺は洪水で地形が変わってから釣りづらくなったので下流の人気エリアでの釣り。

先行者は対岸に3人ほど。

風は北風だが微風で寒さを感じない。晴れ時々曇りだが春を感じる日だった。

この場所での実績の高いメガバス社の大型ミノーを投げるが反応はない。まだそこまで活性が上がっていないのではないかと感じ、シャッドでゆっくり攻めることにした。

しばらくハードルアーで攻めたがアタリがでないのでスモラバで底付近を狙う。

全然反応はない。

ポイント的には全体的に浅く、魚は回遊性が高いと思われる。

回ってくるのをひたすら待つ。それが春のスポーニングシーズンの釣り方の一つで私の中では王道のパターン。

実績の高いストレートワームのインチワッキーにてひたすらバスが回ってくるのを待つことに。。

ただ、このエリアにバスがいたとしても数十匹。春モードで回遊をしている魚は2割ほどだろう。まだほとんどの魚は冬モードに感じる。エリアはそれなりに広いのでそう簡単には回遊に当たらない・・・。

ただ、対岸のほうで鯉は跳ねていて生命感はある。

カゲロウが水面を流れていて、それを補食する小魚も多い。活性はある程度高いのではないかと希望を持って待つ。

しばらくすると先行者が動き始めて対岸を歩いた。
釣りで重要なのが人的プレッシャーで、魚は出来る限り人から遠くへ逃げようとする。対岸にプレッシャーがかかればこちら側に魚が移動してくるので他の釣り人はありがたい存在なのである。人が多くても釣りにおいて有利な状況が生まれるということあるのだ。

対岸の人のおかげで鯉の群れが対岸からこちら側へ近づいてきた。

春先、なぜか鯉とバスは同じ群れにいる。なぜだかわからないが春は鯉を見つけるとバスを見つけたのと同じくらいのチャンスなのだ。

目の前で鯉がエサを食っていたのでその鯉の下にバスがいるという想定のもと上流からワームを流す。

ここで食うだろうという場所でヒット!

鯉も雑食なので一瞬鯉か?と思ったが豪快にジャンプ!まさに真っ黒のスモールマウスバスだ!40センチは軽く超えるナイスサイズで体高も抜群のいい魚体だった。

ものすごい引きで突っ込むのをただ耐えるだけだったが思ったより引きが強烈でテトラに潜られると思った瞬間ぶっちぎられた・・・。
4ポンドのフロロでは40オーバーのスモールマウスをテトラ帯で釣り上げるのは不可能だと思い知った瞬間である・・・。

とりあえずへこんで釣りやすい場所へ移動して色々と頑張って同じような鯉が回ってくるチャンスが何度かあったものの、そう簡単に釣れる魚ではないのが多摩川のスモールマウスバス。
この季節だと釣れるサイズはでかいが一日1〜2匹釣れれば大勝利というレベルなので引きを味わえただけラッキーだと思いながら帰ることにした・・・。

まあ今回はポイズンアドレナのスピニングタックルを試すために行った釣りなのでしょうがない。俺は休み明けは走らない感じなので次走たたき2戦目はきっちりでかバスをしとめることでしょう!
来週は朝からベイトタックルで40アップのバスをひねり出します。

ちなみにポイズンの使い心地は上々で、スモラバやらダウンショット・インチワッキーが非常に操作しやすい。感度も抜群で最高の竿でした。

 -ブラックバス

自分の市場価値がわかる→MIIDAS(ミーダス)!

  関連記事

アフターの淡路バス攻略

どうも!おにぎり100円セールで5個もオニギリ買っちゃった釣活くんです。昼ごはんも晩ごはんもオニギリ

プリスポーン多摩川スモールマウスバス!

前々日、東日本大震災が発生し、私も赤十字に募金を行なうことを決めた。まだ、赤十字側で手はずが整ってい

亀山ダムにて関東のバス釣りを味わう

関西のバス釣り仲間が神奈川に引っ越してきたので久々にブラックバスを釣りに亀山ダムへ行ってみた。 おか

高活性プリスポーン多摩川バス!

多摩川ブラックバスの活性がそろそろピークと思われるシーズンなので今日もバス釣り。 今回は思わぬ引きで

嵐の直後の琵琶湖バス

どうも!最近レッドブルよりモンエナ派の釣活くんです!暑い時期は量を重視しちゃいますねぇ。 今回は元同

琵琶湖博物館へ行ってきた

琵琶湖に釣りに行ったついでに琵琶湖博物館というところへ行ってみたのでそのレポートブログ。 琵琶湖博物

琵琶湖のシャローはまだでした

どうも!釣活くんです。JRAに久々の女性騎手が入り話題になってますね。馬の方も今年の3歳クラシックは

スモールマウスバスを求めて多摩川を遡る

多摩川のほとりに住む者として多摩川でルアーを使って釣れる魚はコンプリートしておきたい。 鯉、ナマズ、

快晴・無風・激渋琵琶湖を攻略せよ

どうも!釣活くんです!名言を紹介します。「カモが周りに見当たらない時、カモはあなただ!」この言葉はギ

初冬の琵琶湖でバスを狙う

どうも!釣活くんです。 そろそろ晩秋というより初冬ですね。 今回は初冬の琵琶湖へバス釣りに行ってきた

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

follow us in feedly
メバルを求めて

どうも!釣活くんです。 インフルエンザが猛威を奮ってますね!私は大丈夫ですが周りの人全員かかってます

新しいコンプレックスCI4+を紹介したい

2017釣活くん注目釣具シリーズ! 今回はNEW コンプレックスCI4+を紹介していこう。 このリー

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャ

エメラルダス STOIST AGSが欲しい理由

釣活くんの欲しい釣具シリーズ、今回はエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS」を欲しい理由

シマノのポイズングロリアスを欲しくなった理由

フィッシングショーで欲しくなった釣具紹介シリーズ2回目はシマノのバスフィッシング用ロッド「ポイズング